アメリカの人気のサプリをロサンゼルスより直送!
サプリメント通販サプー

最短5日でお届け

女性用サプリメント

アメリカで人気の女性用サプリをご紹介。月経トラブルやPMS、更年期対策、不妊対策など女性特有のトラブルケア商品を取り揃えています。

1~40件 / 351件

女性用サプリメント注目の口コミ

PMSで体じゅうの痛みがひどく特にデスクワークでの腰痛で痛みで肩で呼吸するほどでした。痛み止めはまったく効かないため2年間漢方専門医にもかかっていましたが、痛みが少し和らぐ程度で根本的な改善は見られず通院を止めました。ひと月の3分の2以上は仕事以外横になって、朝晩ストレッチやマッサージ、ルームランナーで血流を良くしてなんとかやり過ごしていました。生理開始から1週間だけは症状がピタリと止まる状況で20年以上悩んできました。生理スタートより8日目より使用。本日26日周期で気づいたら生理になっていました!
こんなにカラダがラクなのは相当ぶりです!これが普通なら他人に理解されないのも納得。痛みがないことでイライラもなかったです!同じ症状に悩む方に試してみることをおすすめしたいです!!使い始めたばかりなのでまた調子をみて書き込みします!

good7投稿日:2020.10.09

投票ありがとうございます!

投票はひとつの口コミにつき一回までです。

女性用サプリメントの口コミをすべて見る >

一押し商品

  • ヴィテックス(チェストツリー) 400mg 100ベジカプセルヴィテックス(チェストツリー) 400mg 100ベジカプセル
  • 亜麻仁オイル(フラックスシード) 1300mg 200ソフトジェルカプセル亜麻仁オイル(フラックスシード) 1300mg 200ソフトジェルカプセル
  • 葉酸 800mcg 100カプセル葉酸 800mcg 100カプセル
  • ビタミンE 400IU 100ソフトジェルカプセルビタミンE 400IU 100ソフトジェルカプセル
  • マカ 500mg (旧マカ・パッション) 60カプセルマカ 500mg (旧マカ・パッション) 60カプセル
  • プロゲストクリーム 112gプロゲストクリーム 112g

女性用サプリメントお役立ちコラム

免疫ミルク「コロストラム」と「ラクトフェリン」の違い

免疫アップに良い食品を…と探したときによく目にする「コロストラム」と「ラクトフェリン」。どちらも母乳にかかわる成分ですが、その違いをご存知ですか?今回は、免疫アップに人気の「コロストラム」と…

2021-07-14

ストレッチマークはなぜできるの? 原因とケア

「ストレッチマーク」この言葉、ご存知でしょうか?お肌に白くひび割れたような線があるのを気にしている方は多いと思います。そこで、このストレッチマークの原因と対処法についてご紹介いたします。

2021-07-09

もしかして更年期のサイン?更年期とは

「なんだか最近調子が悪い」と感じる時はもしかしたら更年期のサインかも。更年期は、女性のホルモンバランスに関係していると言われています。今回は、ゆらぎがちな心身の原因となる更年期について…

2021-05-07

サプリメントコラム一覧を見る >

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入下さい。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に 使用する行為は絶対に行こなわないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ