月見草(イブニングプリムローズ)の働きとサプリメント一覧

月見草(イブニングプリムローズ)は、北アメリカ原産のハーブ。ネイティブアメリカンによって、傷の治療や咳止め、痛み止めとして用いられ、その後ヨーロッパで広まり薬用ハーブとして利用されてきました。種子から採れるオイルには、女性ホルモンの分泌と関わりがある必須脂肪酸、ガンマリノレン酸が多く含まれています。PMS(月経前症候群)の女性はこのガンマリノレン酸が不足しているといわれており、女性の体のリズムのサポートに期待が寄せられています。他にもアレルギーやアトピー対策にも役立てられています。詳しく見る

人気順 口コミ順 安い順 高い順

23件中1~23件を表示

月見草(イブニングプリムローズ)とは

月見草とは
月見草は、北アメリカ原産のハーブのこと。歴史は古く、ネイティブアメリカンによって傷やできものの治療に使われてきました。咳止めや痛み止めなどにも利用され、イギリスにわたると、万能薬として珍重されて親しまれてきました。種子に含まれる脂肪酸に女性ホルモンの分泌をサポートする働きがあることから、PMSや更年期など、女性特有のトラブル対策にも期待されています。
月見草の働き
月見草のオイルに含まれるガンマリノレン酸に、コレステロールや血糖、血圧をサポートする働きがあることから生活習慣対策におすすめの成分です。また、ガンマリノレン酸は皮膚細胞のバリア機能をサポートし、乾燥から皮膚を守る美肌づくりにも期待されています。さらに、女性ホルモンの分泌をサポー地する働きから、生理中のイライラ、ほてり、自律神経の乱れ、不眠、のぼせなどの更年期対策など、女性特有のトラブルケアに期待されています。
こんな方におすすめ
PMSや生理不順などの女性特有のトラブルでお悩みの方、イライラやストレスなど更年期対策にもお役立ていただきたい成分です。また、アトピーやアレルギーによる肌荒れケアにもおすすめです。

お問い合わせ初めての方へFAQ会社案内特定商取引に基づく表記プライバシーポリシーサイトマップ

COPYRIGHT 2003-2015 SAPOO ALL RIGHTS RESERVED.