アメリカの人気のサプリをロサンゼルスより直送!
サプリメント通販サプー

最短5日でお届け

ミネラルサプリメント

健康的な体作りに必要不可欠な、アメリカで人気のミネラルサプリをご紹介。現代人に不足しがちなミネラル成分を豊富に取り揃えています。

1~40件 / 134件

ミネラルサプリメント注目の口コミ

今では何日にひと粒という、控えめな飲み方しています。
ザクロも控えめに適量飲んでいます。

なぜ控えめにかというと、子宮に疾患抱えてる人が飲むと、あまり良くないんです。
実体験なのですが、ホルモン系サプリを何種類も飲んでたら、疾患が悪化しました。
定期検査で良くも悪くも順調だったのが、短期間で一気に進行してしまいました。
摂取量を守ってたのですが、何種類もホルモン系を飲んでいる時でした。
後に厚生労働省が、飲みすぎることで、乳癌や子宮の疾患になるリスクを高めると通達しています。それと一日の大豆食品の摂取量は簡単に食事で摂れてるそうなので、それも含めて厳重注意とありました。
(調べて下さい。本当です。)

慌ててサプリをやめました。すると、手術手前まで進行していたのですが、やめて暫くするともとにもどりました。
この、進行していた時期は、乳癌検査が、不安になるほど、とてつもなく時間がかかりました。
脂肪線が増えてて、見えにくいようでした。

説明に書いてある適量は、個人でもそれぞれ異なりますので、皆さん飲み方には注意して下さい。

かといって、飲まないとホルモンバランスも保てなくなったりするので、欲張らずに続けています。






そうなってから分かりました。

good6投稿日:2019.11.05

投票ありがとうございます!

投票はひとつの口コミにつき一回までです。

ミネラルサプリメントの口コミをすべて見る >

一押し商品

  • カリウム 99mg 100カプセルカリウム 99mg 100カプセル
  • キレート・カルシウム・マグネシウム・亜鉛 250錠キレート・カルシウム・マグネシウム・亜鉛 250錠
  • クロムメイト GTF 200mcg 240錠クロムメイト GTF 200mcg 240錠
  • アドバンスフェロチェル 90錠アドバンスフェロチェル 90錠
  • オプチジンク 30mg 120錠オプチジンク 30mg 120錠
  • 亜鉛(アミノ酸キレート) 50mg 100錠亜鉛(アミノ酸キレート) 50mg 100錠

ビタミン・ミネラルお役立ちコラム

鉄分の種類!ヘム鉄、非ヘム鉄、キレート鉄の違い

貧血の予防と緩和に欠かせない鉄分。「ヘム鉄」や「非ヘム鉄」、「キレート鉄」など、耳にしたことはあるけど違いがよくわからないという方は多いのではないでしょうか。

2020-12-09

水太り?むくみの原因はカリウム不足かも

夕方頃になると足がパンパンにむくんでしまうという方は女性に多いのではないでしょうか。むくみ体質だから仕方ないと思っていませんか?むくんでしまう原因はカリウム不足かもしれません。ここでは…

2019年ビタミン・ミネラルサプリメントランキング

2019年度、ビタミン・ミネラルサプリメントをランキング順にご紹介いたします。今回のランキング上位には、美肌作りに活躍するサプリメントや健康的な体作りをサポートしてくれるサプリメントが多く…

サプリメントコラム一覧を見る >

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入下さい。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に 使用する行為は絶対に行こなわないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ