亜鉛の働きとサプリメント一覧

亜鉛(ジンク)は、肌や髪、爪をつくる材料となるタンパク質を作りだしたり、体内酵素をサポートして新しい細胞を作りだす働きがあり、私たちの体に欠かせない必須ミネラルのひとつです。詳しく見る

人気順 口コミ順 安い順 高い順

14件中1~14件を表示

亜鉛とは

亜鉛の働き
亜鉛は200種類以上の酵素たんぱく質の構成要素として、体内のさまざまな機能に関係しています。特に性機能に深く関わることから、アメリカでは“セックスミネラル”と呼ばれる亜鉛。肌や髪などの生まれ変わりや、味覚を感じる味蕾細胞、免疫細胞にも関係しています。
男性におすすめ
髪の生まれ変わりを促す働きがあることから、抜け毛を防止する働きを期待して、毛髪サポートのために愛用する方も増えています。また、男性の生殖器官で精子が作られる際に不可欠な成分でもある亜鉛は、男性の不妊対策成分としても注目を集めています。
亜鉛が多く含まれる食品
亜鉛を特に多く含む食物は、牡蠣や牛肉、鶏肉、豚肉、卵、ごま、のり、ワカメ、昆布、カニ、スルメ、白米、納豆、ブロッコリー、レバーなどです。
亜鉛不足、過剰摂取
体内での吸収率は約30%と言われ、食品だけでは十分な量の摂取が難しいため、積極的な補給がおすすめされています。亜鉛が不足すると、味覚障害や性機能低下など様々な欠乏症が起こると言われています。また、過剰に摂りすぎると、貧血や免疫障害が起こることがある可能性があります。
おすすめの摂り方
ビタミンCやクエン酸は亜鉛の吸収を助けるため、一緒に摂るのがおすすめです。また、豆類に含まれるフィチン酸や、ほうれん草などの青菜に多いシュウ酸、食物繊維は亜鉛の吸収を妨げると言われているため、摂取するタイミングをずらすのがおすすめです。
亜鉛の摂取量
アメリカでの亜鉛の推奨摂取量は、成人男性で11mg、成人女性は8mg。上限目安は男性45mg、女性35mgとされています。
※アメリカでは医師がサプリメントを治療に用いることが一般的であり、特定の栄養素が著しく不足している場合や体本来の機能を強化することを目的としていることから、1日の摂取上限を超える成分量が含まれていることがあります。

お問い合わせ初めての方へFAQ会社案内特定商取引に基づく表記プライバシーポリシーサイトマップ

COPYRIGHT 2003-2015 SAPOO ALL RIGHTS RESERVED.