アメリカの人気のサプリをロサンゼルスより直送!
サプリメント通販サプー

最短5日でお届け

アレルレスポンス 45錠
アレルレスポンス 45錠

アレルレスポンス 45錠

メーカー Source Naturals
外語名 Aller Response (45tab) 12049

アレルレスポンス 45錠

star4.00(8件の口コミ)

¥2,080¥2,530

お気に入り

お気に入りに保存しました。

お気に入りリストを見る

×

カートに入れる
メーカー Source Naturals
外語名 Aller Response (45tab) 12049

この商品について質問する

商品説明

花粉の辛い季節に!22種類の成分を配合したアレルギー対策サプリ
【こんな方におすすめ】
・鼻水やくしゃみなど、花粉のトラブルにお悩みの方
・季節の変わり目に
・体のディフェンス力を高めたい方

「アレルレスポンス」は肺や鼻腔のトラブル対策、免疫のサポートを目的として開発されたサプリ。22種類の有効成分をバランスよく配合しており、くしゃみや鼻のムズムズに悩まされる花粉の季節をサポートする、アレルギー対策サプリです。

東南アジアなどで育ち、古くから体の不調を整える薬草として使用されてきたアンドログラフィスや、鼻水やかゆみなどの原因の1つであるヒスタミンの働きを抑える、ケルセチンなどの成分を1粒にぎゅっと凝縮。ダメージに立ち向かう体づくりのお手伝いをします。

さらに細菌と戦う白血球などの免疫機能の強化をするビタミンC、ビタミンやミネラルなどの栄養素の働きを引き出すバイオペリンも配合しました。鼻水やくしゃみなどの花粉によるトラブルにお悩みの方や、ダメージに負けない体をつくりたい方におすすめです。

内容量

45錠 (15~45日分) 楕円タブレットLL  タブレットカッターは こちら

用法

1日1~3錠を食間にお飲みください。
午前中に2錠、午後に1錠お飲みいただくことがおすすめです。

※商品パッケージを和訳しています。

注意

規定量を超えて使用しないでください。
大人の方専用のサプリメントです。
妊娠中・授乳中、妊娠している可能性のある方、高血圧、心血管障害、心臓病、甲状腺機能亢進疾患、前立腺肥大などの症状をお持ちの方、またはアスピリン、血液希釈薬、MAOI、その他の抗うつ薬や処方箋薬を定期的に服用している方は、本製品を使用しないでください。
お子様の手の届かない場所に保管してください。

本製品には大豆が含まれています。

※ページ下部の「ご購入前の注意事項」もご確認ください。

成分

3錠中

ビタミンA(パルミチン酸) 750 mcg
ビタミンC(アスコルビン酸、アスコルビン酸亜鉛)495mg
ビタミンB6(ピリドキシンHCl)5mg
ビタミンB12(シアノコバラミン)25mcg
パントテン酸(Dパントテン酸カルシウム)190m
カルシウム(Dパントテン酸カルシウム、天然由来のカルシウム)25mg
マグネシウム(酸化マグネシウム、アミノ酸複合体)100mg
亜鉛(アスコルビン酸亜鉛)9mg
ナトリウム10mg
ケルセチン950 mg
ブロメライン(1gあたり2,000 GDU)400mg
MSM(メチルスルホニルメタン[OptiMSM])300mg
ウコン根茎エキス(クルクミノイド95%)200mg
ガンマビタミンE複合体150mg
ロングペッパーフルーツ150mg
ネトル150mg
アムラフルーツ100mg
アンドログラフィス地上部エキス(アンドログラフォライド10%)100mg
イチョウ葉エキス(フラボン配糖体24%、テルペンラクトン6%)75mg
ジンジャー根茎エキス75mg
リコリス根エキス50mg
ブラックペッパー果実エキス(バイオペリン)8mg
【その他の成分】
ケイ化微結晶セルロース、ステアリン酸、シリカ、変性セルロースガム
カロリー8kcal、総炭水化物1g、食物繊維1g

この商品の口コミ8件

  • starbar1件
  • starbar6件
  • starbar1件
  • star0件
  • star0件

※ 口コミはお客様の個人的な感想です。内容を保証するものではありませんので、ご了承下さい。

※ 口コミはご購入者様のマイページで行うことができます。サプーのスタッフは一切編集しておりません。

ハナ子(43歳・女性)

star今年は強烈といいますが

周囲では今まで花粉症とは縁がなかった人も辛いと言っていて、アレルギーの人は本当に大変なようです。

去年から体調が悪いのが続いてて、風邪やら歯痛やらできつい薬ばっかり飲んでて。
念のためサプリとか全部止めてましたので、飲んでからの日数が短くてはっきりとは言えないのですが、なんと今年はアレルギー症状に関してはほとんどないのでは?という状態です。

毎年二月から必ず体調が激変して、風邪のような症状(喉の痛み、鼻水が止まらないなど)から始まってポケットティッシュでは追いつかないので、職場ではボックスティッシュをどこでも持ち歩くような状態でした。
眠気もすごく薬も効かないので辛い時期なんですが、なぜか普通に元気です。

てことはやっぱり効いてるんじゃないかなと。

体質によって合う合わないあると思いますが、私には合うようです。
どうかこのまま何もなく春が終わりますように!

投稿日:2013.03.21

good5

投票ありがとうございます!

投票はひとつの口コミにつき一回までです。

コテツ(35歳・女性)

star免疫力が弱い人にオススメ!

私は花粉症持ちで気管支炎(せきが止まらなくてゼーゼーしてしまう)にもなりやすく、人一倍、季節の変わり目や真冬の時期には用心しています。

今年も2月に風邪をこじらせ、気管支炎になってしまい、病院の薬を飲み続けて治りかけたものの、少しでも冷たい外気を吸いこんだらせきが出てしまう状態だった時に、こちらのサプリを飲み始めました。

今年は花粉も例年より多く、黄砂やPM2.5などもあるため、気管支炎に加え、花粉症も症状が悪化するのではないかと心配でしたが、結果、気管支炎がぶり返すこともなく、花粉症も今のところ目のかゆみだけで済んでいます。
すぐに効果が出るかどうかはサプリなので、人それぞれだと思いますが、予防には良いのかなという気がします。

今はあまりに症状がなく、健康そのものなので、2,3日に一回しか飲んでいません。また体の調子が悪くなった時に服用しようと思います。

投稿日:2013.03.13

good4

投票ありがとうございます!

投票はひとつの口コミにつき一回までです。

買い物73(47歳・男性)

star効いてそうな感じです

 元々副鼻腔炎がありのどの調子もあまり良くなく、常にに風をひいたような症状になる体質です。副鼻腔炎については耳鼻科にて抗生剤を3ヶ月投与してもらいましたが、不快感はそれほど改善されず、医者にもこれ以上治療しようがないと言われ、あきらめて調子の悪いときに風邪薬を飲んだりしておりました。
 今回初めてこのサプリを飲んでみました。アメリカのサプリは物によっては大きさに驚かされます。このサプリも大きいと思ったので、口の中で噛んで飲み込もうとしましたが、はっきり言って味は最悪でした。噛まずにそのまま水で飲み込まれることをおすすめします。日本で販売されているものでたとえると、葛根湯を濃くしたようなものでしょうか。まあ、お薬と思えば少々まずくても仕方がないのですが。ビタミン剤等のサプリではなくお薬と思って服用していただければと思います。
 何日か飲んでますが、少し不快感が軽減したように思います。成分を観てもいろいろ配合されてますし、暫く続けてみようと思います。

投稿日:2013.03.18

good3

投票ありがとうございます!

投票はひとつの口コミにつき一回までです。

口コミをすべて見る >

最近チェックした商品

 閲覧履歴はありません。

すべて見る >

 お気に入りはありません。

すべて見る >

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入下さい。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に 使用する行為は絶対に行こなわないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ