リコリスの働きとサプリメント一覧

リコリス(別名:甘草(かんぞう))とは、古くから漢方薬として使われてきたハーブの一種です。根の部分にステロイドに似た働きをもつ成分が含まれ、炎症や潰瘍、アレルギーケアに期待されています。詳しく見る

人気順 口コミ順 安い順 高い順

3件中1~3件を表示

リコリスとは

リコリスとは
リコリスは、ヨーロッパやアジア原産のハーブの一種で、古くから漢方薬として使われてきました。漢方で用いられるのは、根や根茎を乾燥させたもので、消化器の機能を高めたり、呼吸器サポート、炎症ケアなどに期待されていました。日本では、肝機能や胃腸トラブル、免疫サポートなどに使用されています。
リコリスの働き
リコリスに含まれるグリチルリチン酸に、ウイルスに対する抵抗力を高める働きがあり、食中毒や細菌トラブルをケアします。免疫力を向上する働きがあることで、ストレスや炎症に対抗する副腎皮質ホルモンの働きを高めます。また、胃腸の粘膜を保護する働きがあるため、胃腸トラブルケアにも期待されています。
こんな方におすすめ
免疫力を向上させたい方や、肝機能の調子が気になる方、胃腸のトラブルケアなどにおすすめの成分です。
過剰摂取
リコリスを過剰摂取すると、高血圧やむくみ、頭痛などの副作用が起こる恐れがあります。4週間以上使用する場合は、医師に相談することが勧められています。

お問い合わせ初めての方へFAQ会社案内特定商取引に基づく表記プライバシーポリシーサイトマップ

COPYRIGHT 2003-2015 SAPOO ALL RIGHTS RESERVED.