ビタミンAの働きとサプリメント一覧

ビタミンAは脂溶性ビタミンの一つ、レチノールとベータカロチン(プロビタミンA)の2種類があります。視力を維持して、皮膚や粘膜を丈夫にする働きがあることから、不足すると夜盲症(とり目)、乾燥肌、口内炎などの原因になります。レチノールは、レバーやウナギなどの動物性食品に含まれ、直接ビタミンAとして働きます。ベータカロチンは緑黄色野菜など植物性食品に含まれており、体内で必要なだけビタミンAに変換されます。詳しく見る

人気順 口コミ順 安い順 高い順

10件中1~10件を表示

ビタミンAとは

ビタミンAとは
ビタミンAは油脂に溶ける脂溶性ビタミンのひとつで、目の健康維持や、皮膚・粘膜の免疫力サポートや抗酸化パワーに期待されている成分です。
ビタミンAの働き
ビタミンAは夜間の視力をサポートするビタミンです。人間が薄暗い場所でも目が慣れて見えてくるようになるのは、目の網膜に光を感じる「ロドプシン」という物質があるからです。ロドプシンはビタミンAが主成分になっているため、積極的に摂る事がおすすめです。また、皮膚や粘膜を構成する細胞に関わっており、免疫力サポートや健康維持に繋がります。
ビタミンAが多く含まれる食品
鶏レバー、蓋レバー、モロヘイヤ、人参、シソ、かぼちゃなどに含まれています。
こんな方におすすめ
目の健康維持をしたい方や、風邪をひきやすい方におすすめの成分です。
過剰摂取
ビタミンAを摂りすぎると肝臓に蓄積され、頭痛や吐き気、疲労感、筋肉痛などの不調が現れる可能性があります。
不足すると
ビタミンAが不足すると、目が見えにくくなります。目の角膜や粘膜がダメージを受けたり、ひかりがまぶしく感じることがあります。

お問い合わせ初めての方へFAQ会社案内特定商取引に基づく表記プライバシーポリシーサイトマップ

COPYRIGHT 2003-2015 SAPOO ALL RIGHTS RESERVED.