パントテン酸の働きとサプリメント一覧

パントテン酸(別名:ビタミンB5)とは、酵素の働きを助けるビタミンB群のひとつ。パントテン酸は糖や炭水化物をエネルギーに変えたり、肌や髪のうるおいを保つコラーゲンの生成と関わりをもちます。近年では、副腎皮質ホルモンの分泌をサポートすることから、アレルギーや花粉症対策にアメリカの医療現場でも注目されている成分です。詳しく見る

人気順 口コミ順 安い順 高い順

14件中1~14件を表示

パントテン酸とは

パントテン酸とは
パントテン酸は、ビタミンB群のひとつで、腸内細菌の働きによって体内で合成できる成分です、多くの代謝に関わる酵素の働きを助けることから、糖や炭水化物をエネルギーに変えて、体内でエネルギーをつくり出します。
パントテン酸の働き
パントテン酸は、三大栄養素である、炭水化物、タンパク質、脂質の代謝をサポートすることから、エネルギーをつくり出すお手伝いをします。また、肌の潤いや弾力を保っているコラーゲンを作る時に必要なビタミンCの働きをサポートすることで、髪や肌のケアに期待されています。さらに、ホルモンの合成に関わっており、ストレスを和らげる副腎皮質ホルモンの働きをサポートしてストレスをケアする働きがあります。
パントテン酸が多く含まれる食品
うなぎ、いくら、たらこなどの魚類、レバー、鶏肉などの肉類、ひらたけ、エリンギ、なめこなどのキノコ類、たまご、納豆などに多く含まれています。
こんな方におすすめ
美肌や美髪をサポートしたい方、ストレスを和らげたい方、アレルギーケアにおすすめの成分です。

お問い合わせ初めての方へFAQ会社案内特定商取引に基づく表記プライバシーポリシーサイトマップ

COPYRIGHT 2003-2015 SAPOO ALL RIGHTS RESERVED.