• ホーム
  • ジョイントディフェンス 90カプセル
ジョイントディフェンス 90カプセル
ジョイントディフェンス 90カプセル

ジョイントディフェンス 90カプセル

メーカー OLYMPIAN LABS
外語名 Joint Defense 90 caps 20594

ジョイントディフェンス 90カプセル

¥6,170¥7,250

お気に入り

お気に入りに保存しました。

お気に入りリストを見る

×

ただいま欠品中です。入荷までしばらくお待ちください。

※この商品が入荷したらメールで通知を希望

メーカー OLYMPIAN LABS
外語名 Joint Defense 90 caps 20594

この商品について質問する

替りにこちらの商品はいかがでしょうか?

商品説明

辛いズキズキのもとCOXに働きかける、伝統ハーブと酵素ブレンドサプリ
【こんな方におすすめ】
・階段の昇り降りや曲げ伸ばしが気になり始めた
・いつまでも若々しく活動的な毎日を送りたい
・滑らかな潤いを保っていたい

「ジョイントディフェンス」は、節々の辛さや長引く赤みトラブルと深い関わりのあるダメージ酵素、COX-2に働きかけるサプリメント。健やかな動きのために作られたケアサプリメントです。

COX-2(シクロオキシゲナーゼ-2)は、節々でズキズキとしたトラブルを引き起こす原因といわれているダメージ酵素です。COX-2が体内に多く放出されることで、節々の辛さや赤みを引き起こすといわれています。本品は、インドで珍重されてきた、ダメージに働きかける優れたハーブ、デビルズクローやギムネマシルベスタなどを配合。ほかにも体の組織に働きかけする力など、健康的な節々をサポートする、プロテアーゼ、リパーゼ、アミラーゼといった酵素成分をプラスしました。

ズキズキの原因、COX-2が多く作られないように働きかけ、スムーズな動きをお手伝いします。階段の昇り降りや曲げ伸ばしが気になり始めた、いつまでも若々しく活動的な毎日を送りたい方におすすめのサプリメントです。

内容量

90カプセル (30日分)

使用方法

1日3カプセルを食事とともにお飲み頂くか、専門家の指示に従ってください。
1日9カプセル以上はお飲みにならないでください。

注意

お子様の手の届かない所に保管してください。
乾燥した涼しい場所に保管してください。

※ページ下部の「ご購入前の注意事項」もご確認ください。

成分

3カプセル中

ビタミンC(アスコルビン酸)60mg
亜鉛(亜鉛アミノ酸キレート)5mg
(銅アミノ酸キレート)1mg
ボスウェリアボスウェリア(最低限度65%オーガニック有機酸)600mg
MSM500mg
【抗炎症ハーブブレンド】212mg
・キャックロー樹皮
デビルズクロー
ユッカ
・シーキューカンバー(ナマコ)
ギムネマシルベスタエキス
【抗炎症酵素ブレンド】100mg
プロテアーゼ
リパーゼ
アミラーゼ
クルクミンエキス(最低限度95%クルクミノイド)75mg
グリーンティーエキス(最低限度50%ポリフェノール)50mg
【その他の成分】
米粉、マイクロクリスタリンセルロース(植物繊維)、パルミチン酸アスコルビル、シリカ

最近チェックした商品

 閲覧履歴はありません。

すべて見る >

 お気に入りはありません。

すべて見る >

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入ください。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に使用する行為は絶対に行わないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ