アメリカの人気のサプリをロサンゼルスより直送!
サプリメント通販サプー

最短5日でお届け

ギムネマの働きとサプリメント一覧

ギムネマは、ギムネマシルベスタとも呼ばれる東南アジアに自生しているハーブの一種。葉に含まれているギムネマ酸には、甘味を感じさせなくする働きがあることから、ダイエットハーブとしてテレビや雑誌で話題となった成分です。インドでは、2,000年以上前から糖尿病のケアに利用されてきたギムネマ。糖の吸収抑制や、インスリンとの関わりが期待される成分として研究が進められています。

詳しく見る

ギムネマとは

ギムネマとは
ギムネマは「ギムネマシルベスタ」とも呼ばれるハーブの一種で、葉に含まれるギムネマ酸に甘味を感じにくくさせる働きが期待されています。
ギムネマの働き
ギムネマの葉に含まれる有効成分ギムネマ酸が、甘味を感じさせなくする働きがあることからダイエットハーブとして期待されています。さらに糖の吸収を抑えることで、余分な糖を体の外へ排出させる働きがあります。
こんな方におすすめ
肥満でお悩みの方や、甘いものが好きな方のダイエットサポートにおすすめの成分です。
おすすめの摂取タイミング
食事に含まれる糖の吸収を抑える働きがあるため、食前にお飲みいただくのがおすすめです。
ギムネマの歴史
古くから、ギムネマの葉を噛むと砂糖の甘味が感じなくなることで知られていました。ギムネマの甘味をなくす働きについてインド駐在していたイギリス人が報告したことをきっかけに注目を集めました。

ギムネマのサプリメントコラム

リンゴ体型? 洋ナシ体型?「体型」でみる最適なダイエット成分

肥満には「リンゴ体型」「洋ナシ体型」などの体型タイプがあることはご存知の方も多いのではないでしょうか。この体型ごとにダイエットのアプローチが変わるため、ダイエットをする上で自分がどんな体型…

2020-10-21

あなたはどれ?おすすめカロリーカット系サプリと正しい飲み方

様々な種類があるダイエットサプリの中でもカロリーカットは人気です。そのカロリーカット系の成分にもいくつか種類があることはご存知でしょうか? せっかくダイエットサプリを利用するなら適切な飲み方も…

2021-04-05

あなたに合ったダイエットサプリはどれ?目的・悩み別の選び方

ダイエットサプリと言っても、種類が多くてどれを選べばいいか分からないという方が多いのではないでしょうか。ここでは、ダイエットサプリの種類はどんなものがあるのか、自分のライフスタイルや食生活に…

2020-10-27

食べる順番が大事!血糖値の急上昇を防ぐ、太りにくい食べ方のコツ

「摂取カロリーが消費カロリーより多いと太る」ことは一般に知られていますが、食事を摂ったときの血糖値の上がり方も、実はダイエットと密接な関係があります。今回は、血糖値をコントロールして太り…

2020-08-18

ハーブはなぜ体にいいの?

ハーブは、たくさんの種類が存在し、そのメリットや効能も様々です。今回は、古くから民間療法などにも用いられてきた、私たちの生活と健康を支える“ハーブ”の基礎知識とその主な働きや使い方についてご紹介します。

2020-07-21

ハーブサプリメントでよく見る「標準化」とは?

アメリカのサプリメントには、ハーブを使ったものが多く存在します。そのハーブサプリメントを選ぶ際によく見かける言葉「標準化」。今回は、なぜハーブサプリメントでは「標準化」という言葉を…

2020-07-21

サプリメントコラム一覧を見る >

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入下さい。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に 使用する行為は絶対に行こなわないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ