アメリカの人気のサプリをロサンゼルスより直送!
サプリメント通販サプー

最短5日でお届け

日本とアメリカの日焼け止めの違いと選び方

最終更新日:2021-04-05

アメリカと日本の日焼け止めの違いをご存知ですか?今回は、アメリカ製の日焼け止めを買う時に気をつけることや、日焼け止めの選び方についてご紹介します。

アメリカの日焼け止めアメリカの日焼け止め
日本とアメリカの日焼け止めの違いと選び方

動画でもご紹介しています

サプー公式Youtubeでも、アメリカと日本の日焼け止めの違いと、世界一厳しいと言われるアメリカFDAが推奨する肌に優しい日焼け止め成分について簡潔にご紹介しています!ぜひチェックしてみてください♪

1.日焼け止めの役割とは

日焼け止めの役割とは日焼け止めの役割とは

日焼け止めには、紫外線による肌ダメージや、メラニン色素が生成されるのを防ぐ役割があります。

紫外線とは、太陽から降り注ぐ光の一種。日焼け止めは、この光を反射したり吸収することで、肌を紫外線から守る役割があると言われています。


紫外線による肌ダメージや過剰に生成されたメラニンは、将来のシミやくすみ、シワの原因になると言われているため、日焼け止めは毎日使用することが推奨されています。


近年、日本国内でも紫外線は年々強くなっているため、たとえ冬であっても日焼け止めやメイクをせずに外出をすることで、数年後の肌にかなりの違いが出てくると言われています。


特に気を付けたい季節は、紫外線がどんどん強くなってくる春。

まだ夏前だと油断している人も多い季節ですが、日本でも3月になると日中は12月の2倍、4月になれば7~8月と同程度の紫外線が降り注ぐと言われています。


*紫外線環境保健マニュアル‐環境省(PDF)


2.日焼け止めのSPFとPAとは

日焼け止めでよく見かける、「SPF」「PA」という表示は、紫外線の防止効果を表す指標です。
紫外線には、A波とB波が存在し、SPFとPAはそれぞれの紫外線をカットする強さを表します。

肌が日焼けると起こる肌の黒化は、紫外線A波とB波ではそれぞれ別のタイミングで起きています。


紫外線B波(UVB)を防ぐ「SPF」とは

紫外線B波(UVB)を防ぐSPFとは紫外線B波(UVB)を防ぐSPFとは

紫外線B波(UVB)は、短時間で肌に炎症を起こし、肌を赤くしたりヒリヒリさせる紫外線です。赤みが引いた後に肌の黒化が起きることが特徴です。

毎日の通勤や家事の合間など、気が付いたら焼けていた!というような時は、日光を短時間浴びるだけですぐに肌が黒くなるこのUVBのダメージが積み重なって起こります。

紫外線B波(UVB)は、シミ・ソバカス・皮膚がんの原因になると言われています。

「SPF」の数値が高いほど、紫外線B波の防御効果があり、肌に塗ることで紫外線が当たってから日焼けするまでの時間を延ばすことができます。


紫外線A波(UVA)を防ぐ「PA」とは

紫外線A波(UVA)を防ぐPAとは紫外線A波(UVA)を防ぐPAとは

紫外線A波(UVA)とは、地上に降り注ぐ紫外線の90%以上を占める紫外線です。

紫外線A波は、長時間かけてメラニン色素を大量に発生させるほか、肌の奥まで届き、コラーゲンやエラスチンにダメージを与え、皮膚を固くしたりシワやたるみの原因になると言われています。

このような紫外線による肌老化を「光老化」と呼びます。


紫外線A波は、雲や窓ガラスをすり抜けて肌の奥の真皮まで到達するので注意が必要です。

紫外線A波は、知らず知らずのうちに浴びていることが多く、若いうちから気を付けていればいるほど、数年、数十年後の肌の状態に違いが出ると言われています。


「PA」のプラスマーク(+)が多いほど、紫外線A波(UVA)の防御効果があり、PA表示のある日焼け止めを使うことで、色素沈着や肌の老化を防ぐと言われています。


3.日本とアメリカの日焼け止めの違い

日本とアメリカの日焼け止めの違い日本とアメリカの日焼け止めの違い

日本とアメリカの日焼け止めにおいて、1番の違いは「PA」の表示です。

アメリカの日焼け止めには、日本と同じような「PA」の表示がなく、「SPF」の効果しかない日焼け止めも多く存在します。「SPF」の数値は、SPF15~SPF100まで存在しています。

アメリカの日焼け止めで「PA」のように、紫外線A波からも肌を守ってくれるものを見つけたい場合は「Broad Protection(ブロードプロテクション)」「Broad Spectrum (ブロードスペクトラム)」という表示を探しましょう。

「Broad Protection/Spectrum」は「紫外線A波とB波(UVA/UVB)両方を防げる」という意味です。


また、アメリカの多くの地域は日照時間が長く、晴れている日が多い国です。そのため、アメリカでは、日本に比べて約7倍の紫外線の強さになっている地域もあるようです。

そのため、皮膚がんを予防するSPFの数値が大きい日焼け止めも販売されています。効果が強いものが多い反面、塗り心地に配慮していないものや、独特の香りが強いものも多く存在すると言われています。

アメリカの日焼け止めを使用する際は、肌に優しく安心して使用できるものを選ぶことがおすすめです。


4.日本とアメリカの日焼け止めが違う理由

日本とアメリカの日焼け止めが違う理由日本とアメリカの日焼け止めが違う理由

日本とアメリカの日焼け止めが違う理由は、文化の違いが挙げられます。

日本では、白い肌は美しさの基準のひとつとされていますが、アメリカでは違います。

アメリカでは、色白は「貧弱・ダサい」などのイメージがもたれ、逆に「こんがり焼けた小麦色の肌」が美しさや魅力の基準になっていると言われています。

その為、アメリカの日焼け止めには、皮膚がんのもとになるUVBを防ぐ「SPF」の効果はしっかりついていても、肌老化や長期的な色素沈着の元となるUVAを防ぐ「PA」の効果に該当する成分が含まれていないものが多く存在します。>

「SPF」の効果しかない日焼け止めは、「人気の小麦肌を手に入れつつ、皮膚がんの原因となる紫外線は防ぎたい」という、アメリカ人のニーズに合った商品と言えます。


5.アメリカの日焼け止めの選び方

ここでは、日焼け止めを選ぶときに基準となるものをご紹介します。


SPF・PAの両方の効果があるか

日焼け止めにSPF・PAの両方の効果があるか日焼け止めにSPF・PAの両方の効果があるか

アメリカの日焼け止めにはSPAの効果しかないものも存在します。

日本人(黄色人種)の肌はメラミンが活性化しやすく、色素沈着やシミなどの肌トラブルが起こりやすいです。


シワやたるみなど、将来の肌老化を防ぐためにはできればSPFに加えて、紫外線A波を防いでくれる「Broad Protection」または「Broad Spectrum」と書かれたものを選びましょう。


成分の確認

日焼け止めの成分の確認日焼け止めの成分の確認

アメリカでは、Zinc Oxide(酸化亜鉛)Titanium Dioxide(酸化チタン)といった、天然ミネラル由来の紫外線散乱剤が有効成分として配合されている日焼け止めが、肌に優しくUVカット効果が安定していると言われています。

また、使い勝手の良い、ローションやジェル、スプレータイプなどは日本製でも紫外線吸収剤が使われている事が多く、毎日使用するのは肌の負担になることもあると言われています。

普段使いには、紫外線吸収剤の使われていないクリームや乳液タイプがおすすめです。


生活シーンによって選ぶ

日焼け止めは生活シーンによって選ぶ日焼け止めは生活シーンによって選ぶ

日焼け止めは、必ずしもSPFとPAの数値が高いものを、いつも使っていれば良いというわけではありません。

数値が高いものやウォータープルーフのものは肌への負担が大きく、毎日使うことで肌荒れや乾燥、毛穴のつまりなどの原因になります。

そのため、日本での春先の出掛や軽いスポーツ、真夏の通勤などの場合は、SPF30・PA+++でも十分だと言われています。

また、真夏に海やレジャー施設で遊ぶ場合は、SPF50+・PA++++の高いUVカット効果があり、汗や水に強いウォータープルーフの日焼け止めがおすすめです。


日焼け止めに記載されている表記を確認して、紫外線の強さ、浴びる時間、時間帯など、生活シーンに合わせて選ぶことが大切です


6.アメリカの日焼け止めに関する規制

アメリカの日焼け止めに関する規制アメリカの日焼け止めに関する規制

日本では多くの化粧品や日焼け止めに使われている、紫外線吸収剤のオキシベンゾンとオクチノキサト(メトキシケイヒ酸エチルヘキシル)。

実は、世界一厳しいと言われるアメリカの政府機関・FDA(アメリカ食品医薬品局)からの評価はあまりよくないと言われています。


アメリカのハワイ州では、サンゴなどの環境への配慮から、オキシベンゾンとオクチノキサトが配合された日焼け止め製品は、2021年より禁止されることになっています。


反対に、前項で紹介した「酸化亜鉛」「酸化チタン」だけを使ったアメリカの日焼け止めは、安心で効果があると厳しいFDAもおすすめしています。


7.酸化亜鉛や酸化チタンを使ったおすすめの日焼け止め

ここでは、酸化亜鉛や酸化チタンを使用した、敏感肌の方でも使いやすいアメリカ製の日焼け止めをご紹介します。


センシティブミネラルサンスクリーン
ブロードスペクトラム (無香料) SPF30 118ml


自然派コスメブランドAlba Botanicasy社のセンシティブミネラルサンスクリーンは、100%植物成分を使用、敏感肌タイプの方のために作られた日焼け止めクリームです。

紫外線対策成分として、紫外線A波とB波(UVA/UVB)両方を防ぐ、肌に優しい酸化亜鉛と酸化チタンのミネラル成分を使用しています。
その他にも、紫外線ダメージから素肌を守るグレープシードオイルやビタミンEといった、抗酸化の働きがある成分や、肌の保水力を高めるアロエベラを配合しています。

パラベンや鉱物油、合成保存料、合成着色料を使用せず、無香料のため強いにおいが苦手な方にもおすすめです。




パーフェクティングBB ビューティバーム
ナチュラルティントSPF30 ブロードスペクトラム 58ml


次世代ナチュラルスキンケアを開発するAndalou Naturals社のパーフェクティングBB ビューティバームは、人気のフルーツ幹細胞エキスを配合したアンチエイジングBBクリームです。
日焼け止めとファンデーションが一つになっているBBクリームタイプで使いやすいと好評です。

紫外線A波とB波(UVA/UVB)両方を防ぐブロードスペクトラムタイプで、紫外線対策として酸化亜鉛を配合しています。

臨床的に認められた最新の美容成分「幹細胞」やCoQ10をプラスすることで、肌をダメージから守りつつアンチエイジング効果も期待できる注目のBBクリームです。

同シリーズには、ビタミンC配合タイプや、オイルコントロールタイプ(無色)、肌バリアを整えるマグノリアを配合したCCクリームもあります。


8.まとめ

アメリカの日焼け止めには、紫外線A波を防いで色素沈着を防ぐ「PA」の効果がないものが存在します。

アメリカ製の日焼け止めを買う場合は、PAと同じように紫外線A波を防ぐ「Broad Protection/Spectrum」表示のある日焼け止めがおすすめです。

日本製・アメリカ製にかかわらず、日焼け止めを選ぶときには、その特性や成分を確認して生活シーンに合わせて選んでみましょう。

サプリメントアドバイザー 上田

こちらの記事もおすすめ

自宅でできるまつ毛ケアの方法!まつ毛を伸ばしたい方におすすめの栄養素

目元は顔の印象を決める大切なパーツ。特に長いまつ毛は、目を大きく見せると言われています。しっかりまつ毛のケアをしていないと、マツエクやまつ毛パーマ、日々のマスカラやアイメイク…

2020-07-21

ヘナで白髪染め!髪に良い理由と使い方

ヘナは、インドで古くから髪を健康にすると言われ愛用されてきたハーブです。ヘナは、髪に栄養を与えてくれると言われ、天然のトリートメントや低刺激の白髪染めとして人気を集めています。

2020-07-21

アメリカのオーラルケア事情

アメリカは、日本に比べて80 歳になっても歯が20 本以上残っている人が、多いと言われています。アメリカでは、歯の健康を保つ「予防」や、歯並びや白さなどの「見た目」を重視したオーラルケアが常識です。

2020-07-21

デイクリームとナイトクリームの違い、使い方

朝・日中用のデイクリームと、夜用のナイトクリーム、ちゃんと使い分けていますか? 実はデイクリームとナイトクリームは、それぞれの役割が異なり、適切に使うことでより生活サイクルにあったスキンケアが…

2020-07-21

サプリメントコラム一覧へ

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入下さい。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に 使用する行為は絶対に行こなわないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ