アメリカの人気のサプリをロサンゼルスより直送!
サプリメント通販サプー

最短5日でお届け

メラトニンの働きとサプリメント一覧

メラトニンは、脳の松果体(しょうかたい)という部分から出るホルモンのひとつ。夜にはその量が増えることで自然と眠気をもよおし、反対に朝になるとその量が減って気持ちよく目覚めることから、眠りをつかさどるホルモンと呼ばれています。年齢とともに分泌量が減り、眠りが浅くなりやすいため、アメリカではメラトニンのサプリメントを利用する人が多くいます。また近年、メラトニンが妊娠率に関わりがあることが分かり、不妊対策にも注目を集めています。なお、一般的にサプリメントに使用されているメラトニンは、植物由来の原料をもとに化学合成で作られたものと、天然成分(牛の松果体から摂りだしたもの)の2種類が存在します。化学合成で作られたものは天然のものよりも安定しているため、アメリカのサプリメント市場では99%が化学合成のメラトニンが使用されます。サプーで取り扱っているメラトニンもすべて化学合成で作られています。

詳しく見る

メラトニンとは

メラトニンとは
メラトニンは、脳の松果体(しょうかたい)という部分から出るホルモンのひとつです。体内では、必須アミノ酸の一種であるトリプトファンから生成されます。夜になるとメラトニンの濃度が高くなる事で自然と眠気をもよおし、朝になると濃度が低くなり気持ちよく目覚めることができます。
メラトニンの働き
メラトニンは、眠りをつかさどるホルモンと呼ばれており、メラトニンの濃度が夜に高くなり、朝になると低くなることで、覚醒リズムをとっています。体内で生成されますが、年齢とともにその量は減っていくため、眠が浅くなることから、アメリカではサプリメントで補う人が多くいます。
メラトニンが多く含まれている食品
赤身の魚、肉、大豆製品、乳製品、くるみ、ゴマ、バナナなどに多く含まれています。
こんな方におすすめ
不眠でお悩みの方におすすめの成分です。

メラトニンのサプリメントコラム

どうして白髪になるの?白髪の原因と対策

年齢を重ねていくと、「白髪」に悩む方は多くいますが、若い方でも白髪に悩んでいる方がいます。白髪が増えていくと、実年齢よりも老けて見られてしまい、女性にとっては悩ましい問題です。

2022-05-09

青汁と野菜ジュースの違いと選ぶポイント

不足しがちな野菜の栄養素を手軽に補える健康食品の一つ、“青汁”。「スーパーやコンビニで買える野菜ジュースと何が違うの?」と思ったことはありませんか?今回は、青汁と野菜ジュースの特徴と違い、そして選ぶポイ…

2022-03-07

その症状、男性更年期かも? 男性の更年期の対策とおすすめサプリ

「更年期といえば女性の悩み」というイメージがありますが、近年では「男性の更年期」も少しずつ注目されています。のぼせや動悸、あちこちが痛い、体がだるい、集中力が続かない、やる気がしないなど…

2021-04-05

最適な睡眠時間と質の良い睡眠とは?おすすめ睡眠サプリと睡眠薬との違い

「ちゃんと寝たはずなのにすっきりしない、日中も眠気が…」そんな経験はありませんか? もしかしたら、それは正しい睡眠をとれていないのかもしれません。私たちの健康は、睡眠時間や睡眠の質と関係があります。

2021-03-04

寝つきが悪くなる原因は?スムーズに寝るための対策

人はなぜ寝つきが悪くなってしまうのでしょうか?寝つきが悪くなる原因や、スムーズに寝つくための対策をご紹介します。

2020-08-17

体内時計と睡眠のしくみ!体内時計を調節するホルモン

私たちは、毎日ほぼ同じ時間に眠り、同じ時間に目が覚めます。これは睡眠ホルモンの働きによるものですが、このような規則正しい睡眠リズムのしくみや、体内時計を調節するホルモンについて…

2020-08-17

サプリメントコラム一覧を見る >

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入ください。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に使用する行為は絶対に行わないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ