アメリカの人気のサプリをロサンゼルスより直送!
サプリメント通販サプー

最短5日でお届け

酵素の力!「パパイン」と「ブロメライン」の違いと効果とは

最終更新日:2021-08-10

日本でも、人気の酵素「パパイン」と「ブロメライン」。一口に“酵素”といっても、実はそれぞれの酵素の働きには明確な違いがあります。今回は、パパイン酵素とブロメライン酵素の違いについてご紹介します。

パパイン酵素のサプリメントパパイン酵素のサプリメント
「ブロメライン」との違いは?パパイヤ酵素サプリメント

動画でもご紹介しています

洗顔やサプリメント、脱毛クリームなどでおなじみのパパイヤ酵素やパイナップル酵素。

サプー公式Youtubeでも、2つの人気の天然酵素パパインとブロメラインの働きと違いについてご紹介しています!ぜひチェックしてみてください♪

1.パパインとは

パパインとはパパインとは

パパインとは、中南米原産の熟していない青パパイヤや、パパイヤの葉に含まれる酵素のひとつ。パパイヤ酵素とも呼ばれています。

パパイン酵素を生む青パパイヤは、馴染みのある黄色いフルーツ「パパイヤ」の熟す前の状態のものを指します。青パパイヤはグリーンパパイヤとも呼ばれています。

青パパイヤを切ると、パパイン酵素を多く含む白い液体が出てきます。パパイン酵素は、青パパイヤが黄色く熟すためにつくられる成分と言われています。
ですので、パパイン酵素は黄色く熟れたパパイヤにはほとんど含まれていないと言われています。


パパイン酵素の特徴は、脂肪を分解するリパーゼ、タンパク質を分解するプロテアーゼなどの消化酵素を含み、生きているタンパク質には作用せず、死んだタンパク質や脂質に対する分解能力が高いことです。


このようなタンパク質分解酵素は、パパイヤのパパインや、パイナップルのブロメラインの他に、キウイのアクチニジン、イチジクのフィシン、メロンのククミシンなどがあります。

食べた時に口内や舌がイガイガ・チクチクする果物は、こういった酵素のせいで口内に刺激を感じるようです。


2.パパイン酵素の効果

パパイン酵素の効果パパイン酵素の効果

ここでは、パパイン酵素(パパイヤ酵素)の働きをご紹介します。


■ 消化促進

パパイン酵素は、脂肪を分解するリパーゼ、タンパク質を分解するプロテアーゼなどの消化酵素を含み、消化・吸収を促進します。生きているたんぱく質には作用せず、死んでいるたんぱく質や脂肪に働くのがパパインの特徴です。


■ 抗酸化力

心身ストレスなどが原因で日々体内で産生される活性酸素は、体の老化のもととなります。
活性酸素は、肌や体を老化させるだけでなく、がんなどの病気や様々な身体トラブルの原因と言われています。

パパイン酵素は、この活性酸素を除去する抗酸化成分としても期待されています。パパイン酵素は、増えすぎると老化や病気の原因となる活性酸素の除去や抑制に役立ちます。


■ 免疫向上

パパイヤ酵素は、免疫アップにも期待されています。優れた抗酸化力を持つ他、口や喉、鼻の粘膜免疫を活性化させることで、細菌やウイルスを体内に取り込みにくくしてくれると言われています。


■ 便秘改善

パパイン酵素は、消化に時間のかかる脂肪に働きかけて分解をサポートすることから、お通じ対策にも期待されています。


■ ダイエット

パパイン酵素は、古くなって老化した細胞だけを分解するほかに、脂肪を燃焼しやすくしてくれるため、ちょっとした運動でも効率よく脂肪を減らすことができると、ダイエットにも人気の成分です。


■ 生活習慣予防

パパイン酵素は、悪玉コレステロールを分解する働きがあるため、サプリなどで摂り入れることで肥満だけでなく、動脈硬化や糖尿病、脂肪肝、慢性肝炎どの生活習慣病にも良いと言われています。


■ 肌代謝アップ

パパイヤ酵素は、洗顔やスキンケアにも効果的な成分として有名です。

肌の老廃物である「古い角質」や「皮脂」はタンパク質や油脂です。タンパク質や油脂を分解する働きのあるパパイン酵素を肌に塗ることで、不要な角質や毛穴の老廃物を取り除いてくれることから、洗顔やクレンジングなどの化粧品にも配合されています。洗顔効果のほかに、くすみ除去などにも人気の成分です。


3.ブロメラインとは

ブロメラインとはブロメラインとは

ブロメラインは、パイナップルの果実や根茎に含まれる天然酵素のひとつです。

パイナップルはアメリカ先住民によって消化器系疾患などの病気に用いられてきた植物です。
ブロメライン酵素は、人の身体にもともと存在する消化酵素でもあり、パパインと同じくタンパク質を分解する働きがあります。

ブロメラインのサプリメントは、タンパク質を分解する働きの他、鼻や副鼻腔、歯肉などの炎症緩和などにも期待されています。


また、料理でも強力なタンパク質分解酵素のブロメラインを含むパイナップルは良く用いられます。肉料理を柔らかく仕上げるために使用されます。

ブロメラインは加熱によって酵素の働きが失われてしまうと言われていますので、ブロメラインを摂りたい場合は、生の熟しすぎていないパイナップルやサプリメントで補うことがおすすめです。


■ ゼリーとパイナップル

ゼリーとパイナップルゼリーとパイナップル

ブロメラインを含むパイナップルはゼリーにも良く用いられます。 ただ、生のパイナップルゼリーを食べたことがある方はほとんどいないのではないでしょうか?

なぜなら、生のパイナップルではゼラチンでゼリーを作ることはできないからです。

パイナップルに含まれるブロメラインのたんぱく質を分解する働きは、ゼリーのゼラチン質を分解してしまい固まりません。その為、パイナップルゼリーには缶詰など1度加熱処理されたパイナップルが用いられます。


4.ブロメライン酵素の効果

ブロメライン酵素の効果ブロメライン酵素の効果

■ 抗炎症

ブロメライン酵素の一部は血液中に取り込まれ、抗炎症作用を発揮すると言われています。
歯肉炎や副鼻腔炎、アトピーや花粉症などのアレルギー症状を和らげる効果、さらに手術やケガをした後の痛みや腫れの軽減、筋肉痛や関節痛の緩和にも期待がされています。


■ 消化促進

ブロメラインは、胃液の分泌を活発してスムーズな消化を助けたり、体に取り込まれたタンパク質の分解を助ける働きがあります。
年々、タンパク質を摂ると胃が持たれるようになったという方にも人気の成分です。


■ 胃腸機能の改善

ブロメライン酵素は、胃腸の炎症を鎮め、腸内の有害物質を分解する作用などもあると言われています。


■ 壊死組織の除去

ブロメラインは軟膏などの医薬品にも使用され、熱傷で壊死した皮膚の除去等に用いられます。


■ 脱毛抑毛効果

ブロメラインは、パイナップル酵素という名前でスキンケア商品、特に脱毛クリームや抑毛ローションなどに配合されています。
タンパク質分解酵素であるブロメラインが毛根の毛母タンパク質を分解して、ムダ毛の育成を抑制すると言われています。


5.パパインとブロメラインの違い

パパインとブロメラインの違いパパインとブロメラインの違い

パパイン

特徴
・青パパイヤ由来のタンパク質分解酵素
・脂肪燃焼をサポート
・悪玉コレステロールを分解


こんな人におすすめ
・動脈硬化や糖尿病、脂肪肝などの生活習慣病が気になる
・脂肪が燃焼しやすい体づくりをしたい



ブロメライン

特徴
・パイナップル由来のタンパク質分解酵素
・胃腸の調子を整えてくれる働き
・抗炎症作用がある


こんな人におすすめ
・おなかの調子を整えたい
・花粉症や鼻炎の悩みを緩和したい


6.パパインとブロメラインの摂り方

ここでは、パパイン酵素とブロメライン酵素の摂り方についてご紹介します。
手軽にパパイン酵素やブロメライン酵素を補いたい場合は、サプリメントの活用もおすすめです。


■ パパイン酵素(パパイヤ酵素)

パパイン酵素(パパイヤ酵素)の摂り方パパイン酵素(パパイヤ酵素)の摂り方

1日の摂取目安量
パパイヤ酵素の1日の摂取目安は45mg~135mgと言われています。


食後の摂取がおすすめ
食後の胃もたれなどを感じやすい方は、食後に舌下で溶かすチュアブルタイプのパパイン酵素サプリを取り入れることがおすすめです。


熱に強い
食物酵素は様々な食べ物に含まれていますが、その多くは加熱に弱いです。
しかし、青パパイヤに含まれるパパイン酵素は、100度の温度加熱や胃酸の中でも酵素活性は失われないと言われています。 パパイン酵素を食事から補いたい場合は、青パパイヤを調理して摂り入れることがおすすめです。


■ ブロメライン酵素(パイナップル酵素)

ブロメライン酵素(パイナップル酵素)の摂り方ブロメライン酵素(パイナップル酵素)の摂り方

一日の摂取目安量
ブロメライン酵素を経口摂取する場合の1日の摂取目安は1g~1.5gと言われています。


食後の摂取がおすすめ
タンパク質の消化吸収サポートには、食後すぐに摂り入れていただく事がおすすめです。
アレルギーや花粉症の緩和には、1日数回に分けて食間に摂り入れることが勧められています。(※サプリメントの種類によって用法は異なります)


熱に弱い
ブロメライン酵素は熱に弱いため、パイナップルの缶詰や缶ジュースで補うのは難しいと言われています。
パイナップルからブロメライン酵素を補う場合は、加熱せずに食べましょう。冷凍したパイナップルを利用する場合も、電子レンジ等での加熱は避けましょう。


■ パパインやブロメラインの安全性

パパインやブロメラインの安全性パパインやブロメラインの安全性

パパイン酵素やブロメライン酵素は、天然酵素のため安全性の高い成分と言われています。

ただ、パパイン酵素やブロメライン酵素のような分解酵素を多量摂取した場合は、喉のイガイガや胃腸の不具合などを引き起こす場合がありますので摂取量を守って活用してください。

また、パパイヤやパイナップルにそれぞれアレルギーを持つ方は注意が必要です。


7.まとめ

パパイヤ由来のパパインと、パイナップル由来のブロメラインは、同じタンパク質分解酵素でもそれぞれ体内での働きが異なります。どちらも食品から十分に補うことが難しいため、サプリメントの利用もおすすめです。それぞれの役割を理解して有効活用しましょう。

サプリメントアドバイザー 上田

こちらの記事もおすすめ

アツアツご飯はNG!効果的な納豆の食べ方(ナットウキナーゼ)

炊きたてのアツアツご飯と納豆は、王道の組み合わせですが、実は納豆のメリットを十分に活かしていない食べ方と言われています。今回は、血液サラサラ、血栓予防に人気の納豆成分を効率よく摂取できる…

2020-08-18

コラーゲンの基礎知識。その種類と働きとは?

若々しい肌に欠かせない「コラーゲン」。サプリメントやコラーゲンドリンクを、なんとなくお肌の為に飲んでいるという方は意外と多いのではないでしょうか?今回は、そのコラーゲンの基礎知識と効率の良い…

2020-08-18

免疫ミルク「コロストラム」と「ラクトフェリン」の違い

免疫アップに良い食品を…と探したときによく目にする「コロストラム」と「ラクトフェリン」。どちらも母乳にかかわる成分ですが、その違いをご存知ですか?今回は、免疫アップに人気の「コロストラム」と…

2021-07-14

緑黄色野菜に含まれる天然色素「カロテノイド」とは?

野菜や果物の赤や橙、緑などの色素「カロテノイド」。カロテノイドは強い抗酸化力を持ち、眼病や生活習慣病、美肌ケアなど、私たちの身体を様々な方向から支えてくれる成分です。

2020-08-17

サプリメントコラム一覧へ

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入下さい。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に 使用する行為は絶対に行こなわないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ