アメリカの人気のサプリをロサンゼルスより直送!
サプリメント通販サプー

最短5日でお届け

ベータカロチンの働きとサプリメント一覧

ベータカロチン(別名:ベータカロテン)とは、緑黄色野菜などに多く含まれる色素、カロテノイドの一種。ベータカロチンは体内で必要に応じてビタミンAに変換され、皮膚や粘膜の健康を維持してくれます。また、ビタミンAに変換されなかったベータカロチンには高い抗酸化力があり、肌や体の若々しさサポートに期待されています。

詳しく見る

1~40件 / 63件

ベータカロチンとは

ベータカロチンとは
ベータカロチン(別名:ベータカロテン)とは、緑黄色野菜などに多く含まれる色素、カロテノイドの一種。ベータカロチンは体内で必要に応じてビタミンAに変換され、皮膚や粘膜の健康を維持し、免疫力向上にも期待されます。
ベータカロチンの働き
ベータカロチンは、ビタミンAに変換されて作用することから、皮膚や粘膜の健康を維持に期待されています。また、光刺激反応に重要な役割を持っており、視力やドライアイなど瞳の栄養として欠かせない成分です。さらに、抗酸化パワーで美肌作りや健康サポートにも利用されています。
ベータカロチンが多く含まれる食品
にんじんやブロッコリー、ほうれん草、ピーマン、かぼちゃなどの緑黄色野菜に含まれています。
こんな方におすすめ
瞳の健康サポートや、ドライアイにお悩みの方、免疫力を向上させたい方、普段の食事で野菜が不足しがちな方におすすめの成分です。

ベータカロチンのサプリメントコラム

ビタミンとは?意外と知らないビタミンの基礎知識

からだに良い成分として耳にすることが多いビタミンですが、どうしてビタミンを摂らなければいけないのか、どのような働きがあるのかご存知でしょうか。今回は、人が生きていく上で欠かせないビタミンの意外と知らない…

2021-04-05

年齢肌とは?悩み別の対策とおすすめのスキンケア成分

お肌の悩みは年齢を重ねるごとに増えていくものです。若いときには気にならなかった乾燥やくすみ、たるみなど、目立ち始める肌トラブルにお悩みの方が多いのではないでしょうか。今回は、肌老化の悩みと年齢肌の対策に…

2021-04-05

疲労回復に良い食べ物!疲れを感じた時におすすめの食材と食べ方

最近、疲れやすくなったと思うことはありませんか?多忙やストレス、ハードな運動などで感じる疲労には、ゆっくり休むのはもちろん、身体の内側から元気になれる食べ物を摂り入れるのがおすすめです。

2020-08-18

免疫アップ&美肌に期待!話題の植物栄養素「ファイトケミカル」とは

ファイトケミカル(フィトケミカル)という言葉を聞いたことありますか? 最近、野菜などの植物がもつ優秀な栄養素「ファイトケミカル」が、私たちの健康や美容をサポートしてくれると注目が集まっています。

2020-08-18

体に蓄積される有害ミネラルとは?デトックス方法&おすすめの栄養素

有害ミネラルは、私たち日本人の食生活と密接な関係があると言われています。「風邪を引きやすく免疫力の低下が気になる」「疲れが取れにくい」そんな不調の原因も、体内に溜まった有害ミネラルが原因かも。

2020-08-18

緑黄色野菜に含まれる天然色素「カロテノイド」とは?

野菜や果物の赤や橙、緑などの色素「カロテノイド」。カロテノイドは強い抗酸化力を持ち、眼病や生活習慣病、美肌ケアなど、私たちの身体を様々な方向から支えてくれる成分です。

2020-08-17

青汁と野菜ジュースの違いと選ぶポイント

不足しがちな野菜の栄養素を手軽に補える健康食品の一つ、“青汁”。「スーパーやコンビニで買える野菜ジュースと何が違うの?」と思ったことはありませんか?今回は、青汁と野菜ジュースの特徴と違い、そして選ぶポイ…

2020-08-17

サプリメントコラム一覧を見る >

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入下さい。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に 使用する行為は絶対に行こなわないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ