アメリカの人気のサプリをロサンゼルスより直送!
サプリメント通販サプー

最短5日でお届け

CLAとカルニチンの違いは?

最終更新日:2020-11-17

CLAとカルニチンはどちらも脂肪燃焼に関わる成分で、混合されることも多いのですが、全く別物です。今回は、この二つの違いをご説明します。

CLAとの違いは?カルニチンサプリメントCLAとの違いは?カルニチンサプリメント
CLAとの違いは?カルニチンサプリメント

動画でもご紹介しています

知って得する、CLAとカルニチンの違いと関係とは?

サプー公式YoutubeでもCLAとカルニチンの違いや、何故2つを一緒に飲むと良いのかについてご紹介しています!ぜひチェックしてみてください♪

1.CLAとは

CLAとは、共役リノール酸(Conjugated Linoleic Acid)の略で、不飽和脂肪酸の一種です。牛乳やチーズなどの乳製品に多く含まれています。「体脂肪を減らす脂肪」と呼ばれることもあります。人間の体内ではほとんど作られませんが、牛や羊などの反芻動物の胃では作られます。

働き

脂肪燃焼脂肪燃焼

脂肪燃焼
CLAは、脂肪を分解してエネルギーへ変える酵素である、リパーゼを活性化させる働きがあるため、脂肪を燃えやすくします。また、細胞の中に脂肪を摂りこむ働きを抑え、余分な脂肪の蓄積を防ぐ働きもあり、CLAは脂肪を溜めにくい体作りに欠かせない成分です。

筋肉増強筋肉増強

筋肉増強
CLAは、筋肉細胞に栄養を送り、脂肪を効率よく燃焼させ、筋肉増強や筋肉の成長サポートに期待されます。リパーゼの体脂肪を燃焼させる働きが、同時に筋肉を増加・増強させる作用があるためです。筋肉が増えると、代謝がよくなるため、脂肪燃焼へも繋がります

冷え対策冷え対策

冷え対策
CLAは、優れた抗酸化パワーを持っているため血中のLDLの蓄積を防ぎ、血液の流れをサポートすることで血流促進に期待されています。また、筋肉が増強されることで体温の上昇にも繋がります。

2.CLAの摂取量と摂取タイミング

CLAの摂取量と摂取タイミングCLAの摂取量と摂取タイミング

摂取量
CLAの1日の摂取量の目安は【1000mg~3000mg】と言われています。
これ以上摂取しても働きかけに変化はありませんので、過剰摂取には気を付けましょう。

CLAには余分な体脂肪を集中的にエネルギーに変えていく働きがあり、筋肉量は落とすことなく体を引き締められる点から、スポーツ選手やプロのモデルにも支持されている成分です。

摂取タイミング
CLAは食前か、運動前に摂取するのがおすすめです。また、牛乳と一緒に摂ることで牛乳の中のたんぱく質がCLAと結合し、吸収率を高めると言われています。

3.CLAが不足すると?

CLAは、人間の体ではほとんど作られす、私たちのCLAの補給源は動物性食品が主のため、大幅に不足していると言われています。CLAは、体脂肪の蓄積を減らす役割があるため、不足すると体脂肪がどんどん蓄積していきます。 また、エネルギーにする力も減るため、体力や筋力の低下にも繋がります。

4.カルニチンとは

カルニチンとは、肝臓で合成されるアミノ酸の一種で、羊肉や牛肉などの赤身肉に多く含まれています。年齢を重ねるごとにカルニチンは減っていき、不足しがちな栄養素になります。

働き

脂肪燃焼脂肪燃焼

脂肪燃焼
Lカルニチンは、体内の細胞内のミトコンドリアに脂肪を運び、体に溜まっている脂肪を燃焼させ、エネルギーに変える働きがあります。ミトコンドリアがエネルギーを産生するために脂肪酸を利用することがありますが、この脂肪酸をミトコンドリアに運ぶのがLカルニチンであり、エネルギー産生に大きな役割があります。



心臓に対する働き心臓に対する働き

生活習慣対策
Lカルニチンはダイエット成分として多く知られていますが、実はLカルニチンが注目されたきっかけは「心臓に対する働き」です。心臓の筋肉が動くために必要なエネルギーを作る際にも、Lカルニチンが関わっているのです。



疲労回復疲労回復

疲労感を和らげる
Lカルニチンは、エネルギーを生み出す原動力となるため、疲労感やだるさを軽減することができます。慢性的に疲れを感じている方は、Lカルニチンが不足していることが考えられます。

5.カルニチンの摂取量と摂取タイミング

カルニチンの摂取量と摂取タイミングカルニチンの摂取量と摂取タイミング

摂取量
カルニチンの1日の摂取量の目安は【250mg~1000mg】と言われています。
これ以上摂取しても働きかけに変化はありませんので、過剰摂取には気を付けましょう。

日本人の1日の平均摂取量は75mgとされ、年齢を重ねるにつれてその摂取量は減っていきます。若い頃と比ベると、お肉を食べる機会が減るため、Lカルニチンが不足していくのです。

このような人は、積極的にLカルニチンを摂ることがおすすめです。また、脂肪燃焼で余分な脂肪を付けずにダイエットしたい方にもおすすめの成分です。

摂取タイミング
カルニチンを飲むタイミングとしては、運動前がおすすめです。

6.カルニチンが不足すると?

Lカルニチンは脂肪を燃焼するミトコンドリアへと運び、エネルギーをつくる上で欠かせない成分のため、不足するとエネルギーを効率良く作ることができません。

エネルギーが効率よく作られないと、体がだるくなったり、疲労感の症状が現れます。

7.カルニチンとCLAの違い

カルニチンとCLAの違いカルニチンとCLAの違い

簡単にいうと、脂肪酸をミトコンドリアへ直接運んでくれるのが「カルニチン」。
脂肪酸を運ぶペースを調整し、その成分量を適量に保ってくれるのが「CLA」です。

カルニチンとCLAはどちらも脂肪の代謝に関わる栄養素ですが働きは異なります。二つを組み合わせることで、相乗効果に期待できます。

8.カルニチンとCLAを食品から摂るには?

LカルニチンとCLAが含まれている食品をご紹介します。

カルニチン
羊肉、牛肉

CLA
羊肉、牛肉、鶏肉、ベーコン、牛乳、チーズ、オリーブオイル、大豆油

食品で補いきれない分はサプリメントで手軽に補うのがおすすめです。

9.まとめ

カルニチンとCLAはどちらも脂肪燃焼に期待されている成分ですが、それぞれの働きが異なります。2つを組み合わせて摂取することで、相乗効果に期待できるため、一緒に摂るのがおすすめです。より効率のよい脂肪燃焼をしましょう!

サプリメントアドバイザー 北山

こちらの記事もおすすめ

スプーン1杯分でダイエット! 体にいい油「亜麻仁油」

ダイエットとしても美容としても人気の「亜麻仁油」をご存知でしょうか。毎日スプーン1杯分の亜麻仁油を摂取するだけで、脂肪の蓄積を防いだり、肌荒れをケアしてくれます。そんな亜麻仁油の秘密をご紹介します。

カルニチンとアルファリポ酸の違いは?

ダイエット成分といえば「カルニチン 」や「アルファリポ酸」が有名な成分ですが、それぞれの働きやおすすめの体質の方は異なります。今回は、2つの成分の違いや働きをご紹介いたします。

2020-07-21

脂肪燃焼のメカニズムと最適な運動方法

脂肪をそのまま放置していると脂肪細胞がどんどん肥大化し、肥満や生活習慣病に繋がっていきます。脂肪を燃やす最適なメカニズムを知って、脂肪を効率よく燃焼させて減らしましょう。

2020-07-21

脂肪燃焼を助ける成分と、効率的な摂り方

ダイエットと一口にいってもいろいろなダイエット法がありますが、ほとんどのダイエットの大きなポイントとなるのが「体脂肪」です。体脂肪を燃焼させることがダイエットの重要な要素になります。

2020-10-26

サプリメントコラム一覧へ

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入下さい。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に 使用する行為は絶対に行こなわないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ