アメリカの人気のサプリをロサンゼルスより直送!
サプリメント通販サプー

最短5日でお届け

  • ホーム
  • レジュベンザイム 180カプセル
レジュベンザイム 180カプセル
レジュベンザイム 180カプセル

レジュベンザイム 180カプセル

メーカー Source Naturals
外語名 RejuvenZyme (180cap) 22291

レジュベンザイム 180カプセル

¥6,140¥7,480

お気に入り

お気に入りに保存しました。

お気に入りリストを見る

×

カートに入れる
メーカー Source Naturals
外語名 RejuvenZyme (180cap) 22291

この商品について質問する

商品説明

胃腸や関節をサポート!全身をトータルケアする酵素サプリメント
【こんな方におすすめ】
・食後に胃のむかつきを感じる
・日常的に関節が痛むことがある
・免疫力をアップさせたい

「レジュベンザイム」は、健康維持に必要不可欠な酵素をブレンドしたサプリメントです。酵素パワーで、胃もたれや胸やけなどの胃腸の不調や、日常生活で感じる関節痛をサポートし、体の健康維持をお手伝いします。

パンクレリパーゼをはじめとした、消化酵素をバランスよく配合。スムーズな消化吸収を促すことで、胃もたれや胸やけの緩和が期待できます。また、酵素には血液循環をサポートする作用があり、関節、心臓、呼吸器のケアも期待できるといわれています。

本品は、さらに免疫力アップが期待できる植物由来の栄養素やミネラルをプラス。胃腸の調子を整えたい方や、関節痛にお困りの方、いつまでも健康的な生活を送りたい方におすすめの酵素サプリメントです。

内容量

180カプセル (45日分)

用法

必要に応じて1日2回、1回につき2カプセルを空腹時にコップ1杯(約240ml)のお水でお飲みください。

※商品パッケージを和訳しています。

注意

妊娠中・授乳中の方、妊娠している可能性のある方、潰瘍などの胃腸障害を患っている方は使用しないでください。
ビタミンK、ヘパリン、ワルファリン(クマディン)、アスピリンなど、血液凝固に影響を与える処方薬を服用している場合は、使用する前に医師に相談してください。
お子様の手の届かない場所に保管して下さい。
高温多湿を避け、涼しく乾燥した場所に保管してください。
乳製品、酵母、卵、大豆、小麦、防腐剤、人工着色料、人工香料は含まれていません。
USP:米国薬局方、FCCPU:食品用公定化学集(パパインユニット)、SPU:セラペプターゼユニット
※ページ下部の「ご購入前の注意事項」もご確認ください。

成分

2カプセル中

パンクレリパーゼ10X(Sus scrofa)320mg
プロテアーゼ80000USP
アミラーゼ80000USP
リパーゼ6400USP
ブロメライン(アナナスコモサス)5000000FCC PU
ルチン105mg
パパイン(カリカパパイヤ)6072000FCCPU
セラペプターゼ10000SPU
トリプシン4630USP
キモトリプシン770USP
イオントレースミネラルブレンド40mg
アムラフルーツ40mg
【その他の成分】
ヒプロメロース(カプセル)、精製水(カプセル)、ジェランガム(カプセル)、米ぬか、中鎖トリグリセリド

最近チェックした商品

 閲覧履歴はありません。

すべて見る >

 お気に入りはありません。

すべて見る >

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入下さい。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に 使用する行為は絶対に行こなわないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ