アメリカの人気のサプリをロサンゼルスより直送!
サプリメント通販サプー

最短5日でお届け

  • ホーム
  • キドニーブラッダーウェルネス 60べジカプセル
キドニーブラッダーウェルネス 60べジカプセル
キドニーブラッダーウェルネス 60べジカプセル

キドニーブラッダーウェルネス 60べジカプセル

メーカー Bio Nutrition
外語名 Kidney Bladder Wellness (60VCAP) 19202

キドニーブラッダーウェルネス 60べジカプセル

¥2,190¥2,580

お気に入り

お気に入りに保存しました。

お気に入りリストを見る

×

カートに入れる
メーカー Bio Nutrition
外語名 Kidney Bladder Wellness (60VCAP) 19202

この商品について質問する

商品説明

有効成分を1粒に凝縮!腎臓デトックス&尿トラブル対策サプリメント
【こんな方におすすめ】
・トイレ時の痛みにお悩みの方
・尿トラブルの対策に
・足のむくみにお悩みの方

「キドニーブラッダーウェルネス」は、体内の老廃物の排出に欠かせない、泌尿器のヘルスケアを目的に利尿やデトックスに使用されるハーブやビタミンをブレンドしたサプリメントです。

血液をろ過して、体内の塩分や老廃物を排出する役割を持つ腎臓(キドニー)と尿を溜めて外へ排出する膀胱(ブラッダー)は人間の体にとって大切な器官です。本品の主成分である、クランベリーは、アメリカ北部に自生するフルーツのひとつ。近年になり、抗菌や抗酸化、抗ウィルスの働きがあるポリフェノールの一種、プロアントシアニジンと、尿のphバランスと関わりがあるキナ酸が豊富に含まれていることがわかり、膀胱や尿道のトラブルを引き起こす尿路の細菌増殖への働きかけに注目を集めています。

このクランベリーに加え、体内の余分な老廃物の排出を促すハイビスカス、コリンなどの成分を独自のバランスでブレンド。本品は、アメリカで原料の品質に定評のあるBio Nutrition(バイオニュートリション)社が商品化した、腎臓デトックスサプリメントです。残尿感や膀胱トラブルにお悩みの方、足のむくみにお悩みの方におすすめです。

内容量

60べジカプセル (30日分)

用法

毎日の夕食後かお休み前に、1回2べジカプセルをコップ1杯のお水とお飲みください。

短期間で洗浄したい場合は、1日3回、1回につき2べジカプセルをお食事の後にコップ1杯のお水とお飲みください。

※商品パッケージを和訳しています。

注意

グルテン、イースト、コーン、乳製品、砂糖、塩、小麦、大豆、防腐剤は含まれていません。

※ページ下部の「ご購入前の注意事項」もご確認ください。

成分

2べジカプセル中

クランベリーエキス500mg
ハイビスカスエキス300mg
アシドフィルス菌(ラクトバチルス)10億
セロリシードエキス100mg
ビタミンB6(ピリドキシン)10mg
Lメチオニン50mg
コリン50mg
イノシトール50mg
【その他の成分】
シリカ、植物性ステアリン酸、植物性セルロース(カプセル)

最近チェックした商品

 閲覧履歴はありません。

すべて見る >

 お気に入りはありません。

すべて見る >

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入下さい。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に 使用する行為は絶対に行こなわないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ