ナイアシンの働きとサプリメント一覧

ナイアシンとは、ニコチン酸とニコチンアミドの総称であり、ビタミンB群のひとつ。レバーや魚、肉などに多く含まれています。ナイアシンは私たちの体内で、消化や代謝で働く酵素を助ける補酵素として必要不可欠な成分であり、体がエネルギーを生み出す働きの60~70%に関わっていると言われています。皮膚や粘膜の健康維持、アルコール分解をお手伝いしてくれます。詳しく見る

人気順 口コミ順 安い順 高い順

18件中1~18件を表示

ナイアシンとは

ナイアシンとは
ナイアシンは、レバーや魚などに多く含まれているビタミンB群のひとつです。人間の体内で、消化や代謝で働く酵素を助ける補酵素として必要不可欠な成分で、体がエネルギーを生み出す働きの60~70%にナイアシンが関わっています。また、ナイアシンが不足すると皮膚や粘膜に影響が出てしまうため、積極的に摂ることが勧められています。
ナイアシンの働き
ナイアシンは体のエネルギーを生みだす働きの60~70%に関わっていることから、エネルギーサイクルに欠かせない働きがあります。お酒をたくさん飲むとナイアシンが消費され、二日酔いや頭痛の原因となるため、二日酔い対策としても注目を集めている成分です。また、皮膚や粘膜の健康維持にも期待されています。
ナイアシンが含まれる食品
かつお、さば、たらこ、まぐろ、レバー、鶏肉、キノコ類、豆類などに多く含まれています。
こんな方におすすめ
疲れやすい方や肌荒れが気になる方、口内炎が近位なる方、お酒をよく飲む方の二日酔い対策におすすめの成分です。
ナイアシンが不足すると
ナイアシンが欠乏すると口角炎や食欲不振など、皮膚や粘膜、任継系に影響が出ると言われております。日本の普段の食生活からナイアシンが不足する心配はほとんどありませんが、アルコールをよく飲む方は欠乏する恐れがあります。

お問い合わせ初めての方へFAQ会社案内特定商取引に基づく表記プライバシーポリシーサイトマップ

COPYRIGHT 2003-2015 SAPOO ALL RIGHTS RESERVED.