アップルペクチンの働きとサプリメント一覧

アップルペクチンとは、主にリンゴの皮に多く含まれる水溶性の食物繊維。腸内の善玉菌の餌となり善玉菌を増殖させる働きや、他のペクチンに比べて悪玉菌を抑制する働きに優れていることから、腸内環境サポート成分として期待されています。また、コレステロールや糖分の吸収をブロックする働きを持ち、生活習慣サポート成分としても支持されるアップルペクチン。近年、アップルペクチンが体内の放射性物質の排出を助けるという研究結果が報告され、さらに注目が高まっている成分です。詳しく見る

人気順 口コミ順 安い順 高い順

19件中1~19件を表示

アップルペクチンとは

アップルペクチンとは
アップルペクチンとはリンゴの皮に多く含まれる水溶性の食物繊維です。腸内細菌によって分解され、エネルギーとして体内に取り込まれます。乳酸菌のエサとなり、活性化させることから腸内環境サポートとして支持されています。
アップルペクチンの働き
アップルペクチンは他のペクチンに比べて悪玉菌を抑制し、善玉菌を増やす働きに優れていることから腸内環境サポートに期待されています。また、脂肪の吸収を抑えたり、インスリンの分泌を抑える働きがあるため、ダイエットにもおすすめの成分です。
こんな方におすすめ
自然なお通じのサポートや、体内に溜まった老廃物を追い出したい方、痩せやすい体質作りをしたい方におすすめの成分です。
おすすめの摂取タイミング
食前に食べることで、急激な血糖の上昇を抑える働きがあります。
過剰摂取
アップルペクチンを過剰摂取すると、善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れ、お腹がゴロゴロしたり、ガスが増えたりするため、水分を十分に摂ることが重要です。

お問い合わせ初めての方へFAQ会社案内特定商取引に基づく表記プライバシーポリシーサイトマップ

COPYRIGHT 2003-2015 SAPOO ALL RIGHTS RESERVED.