アメリカの人気のサプリをロサンゼルスより直送!
サプリメント通販サプー

最短5日でお届け

ビタミンB12 5000mcg 100錠
ビタミンB12 5000mcg 100錠

ビタミンB12 5000mcg 100錠

メーカー NATROL
外語名 VitaminB12 5000mcg (100tab) 22331

ビタミンB12 5000mcg 100錠

¥1,240¥1,460

お気に入り

お気に入りに保存しました。

お気に入りリストを見る

×

カートに入れる
メーカー NATROL
外語名 VitaminB12 5000mcg (100tab) 22331

この商品について質問する

商品説明

貧血や肩こり・腰痛ケアに、舌上で溶けて素早く吸収されるビタミンB12サプリ
【こんな方におすすめ】
・貧血でお悩みの方
・倦怠感やめまいを感じることがある
・デスクワークによる肩こり、腰痛に悩んでいる

ビタミンB12は、レバーやチーズなどに含まれる水溶性ビタミンの一種。神経や血液細胞を健康に保つ働きをもっており、貧血や疲労回復に期待が寄せられています。イチゴ味のタブレットが舌上で素早く溶け、体へのより速い吸収が期待できるビタミンB12サプリです。

赤血球をつくる働きをもつことから、葉酸とともに“造血ビタミン”とも呼ばれ、不足するとだるさや目眩、貧血を引き起こすといわれています。また、肩こりや腰痛の原因となる末梢神経のダメージを修復する作用があり、筋肉疲労のケアにも注目が集まっています。

本品は、ビタミンB12を1粒にたっぷり5000mcg閉じこめました。水なしでいつでもどこでも手軽に補給できます。貧血を起こしやすい方、デスクワークによる肩こり・腰痛にお悩みの方などにおすすめのビタミンB12サプリメントです。

内容量

100錠 (100日分) 丸型タブレットM

用法

1日1錠を舌の上で溶かしてお召し上がりください。
水は必要ありません。

※商品パッケージを和訳しています。

注意

小麦が含まれています。
なんらかの病気を患っている方や病気の疑いがある方、処方薬を服用されている方、妊娠中・授乳中の方、妊娠している可能性がある方は使用前に医師にご相談ください。
作用には個人差があります。
牛乳、卵、魚、甲殻類、木の実、ピーナッツ、大豆、酵母、人工着色料、人工甘味料、防腐剤は含まれていません。
キシリトールは人間には無害ですが、動物には有害になることがありますので、ペットには与えないでください。
特に、犬、フェレット、ウサギは命に関わる恐れがあります。
万が一、ペットが口にした場合は、すぐに獣医の診察を受けてください。

※ページ下部の「ご購入前の注意事項」もご確認ください。

成分

1錠中

ビタミンB12(シアノコバラミン)5000mcg
【その他の成分】
キシリトール、セルロースガム、マルトデキストリン、クロスポビドン、コーンスターチ、リンゴ酸、二酸化ケイ素、ステアリン酸、天然甘味料、ビート根エキス、マグネシウムステアレート、クエン酸

最近チェックした商品

 閲覧履歴はありません。

すべて見る >

 お気に入りはありません。

すべて見る >

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入下さい。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に 使用する行為は絶対に行こなわないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ