アメリカの人気のサプリをロサンゼルスより直送!
サプリメント通販サプー

最短5日でお届け

シリカ(ケイ素)の働きとサプリメント一覧

シリカ(別名:ケイ素)は、岩石や土壌を構成する元素で、私たちの体や動物、植物、食品では海藻や大豆などにも含まれるミネラルのひとつ。体内では皮膚や髪、骨に存在して、コラーゲンやエラスチンの合成を助けることで肌の保湿や弾力を保つ成分として注目されています。また骨密度と密接な関係があるという研究データもあり、骨粗鬆症の予防にも期待されています。シリカは体内で生成することができず加齢とともに減少し、必要な量を食事から摂取することもなかなか難しいため、効率よく補えるサプリメントが人気を集めています。

詳しく見る

シリカ(ケイ素)とは

シリカとは
シリカとは体を形成するうえで必要不可欠な成分で、皮膚や毛髪、骨、爪、歯、関節などさまざまな部位に存在しています。コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、コンドロイチンなどの合成を助けることで、美肌作りや毛髪トラブルケアに期待でされている成分です。
シリカの働き
シリカは体内で合成することができず、加齢とともに延焼します。シリカの主な働きは組織同士を結び付けることで、コラーゲンの再生をサポートしており、弾力やハリのある肌作りに期待されています。また、ケラチンの生成を促進する働きがあるため、ツヤのある美しい髪の毛へ導きます。
シリカが多く含まれる食品
キビ、大麦、小麦、じゃがいも、トウモロコシ、アスパラガス、魚介類、ひじきなどに多く含まれています。
こんな方におすすめ
ツヤとコシのある美しい髪の毛に導きたい方、毛髪トラブルケアにおすすめの成分です。

シリカ(ケイ素)のサプリメントコラム

髪に悩んでいる人必見!内側からのヘアケア、うるツヤ髪に必要な「栄養素」

髪の毛に必要な栄養が不足すると、抜け毛やパサパサ感、うねりなどのヘアトラブルの原因に。ツヤ髪にはヘアオイルやトリートメントも効果的ですが、今回は「内側からのヘアケア」に注目して、サラサラの…

2020-11-26

男女で違う?育毛に必要な栄養素と摂取方法

育毛・発毛を促していくには、もちろん育毛剤も効果的なものがありますが、毎日の生活習慣や栄養バランスを整えるのが大切です。ここでは、薄毛にお悩みの方におすすめの育毛に必要な栄養素をご紹介します。

2021-09-02

自宅でできるまつ毛ケアの方法!まつ毛を伸ばしたい方におすすめの栄養素

目元は顔の印象を決める大切なパーツ。特に長いまつ毛は、目を大きく見せると言われています。しっかりまつ毛のケアをしていないと、マツエクやまつ毛パーマ、日々のマスカラやアイメイク…

2020-07-21

年代別!30代、40代、50代の女性におすすめのサプリメント

年齢を重ねるとともに、美容や健康のお悩みが変化したり、増えていくかと思います。今回は年代別のお悩みと、それを改善する女性におすすめのサプリメントをご紹介いたします。

2020-07-21

割れにくいすっぴん美爪に!自爪を強くするケア方法

『自爪が薄く、割れやすい』など爪に関するお悩みをお持ちの方は、意外と多いのではないでしょうか?爪は健康のバロメーターとも言われており、偏った食生活や爪ケアの方法次第で、爪トラブルを招いてしまう…

2020-07-21

サプリメントコラム一覧を見る >

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入下さい。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に 使用する行為は絶対に行こなわないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ