アメリカの人気のサプリをロサンゼルスより直送!
サプリメント通販サプー

最短5日でお届け

シトルリンの働きとサプリメント一覧

シトルリンはスイカなどウリ科の植物に多く含まれるアミノ酸の一種。私たちの体内で血管を広げる働きがある一酸化窒素(NO)の生成を促すことから、血流をサポートしてくれるとして研究が進められている成分です。女性は冷えやむくみ対策、男性は勃起の維持サポートへの活躍が期待されています。また腎臓に働きかけることで、尿に含まれる有毒なアンモニアを無毒な尿素に変え、老廃物の排出をサポートすることから、体内デトックスや疲労回復などの働きが注目されています。

詳しく見る

シトルリンとは

シトルリンとは
シトルリンは、スイカなどウリ科の植物に含まれるアミノ酸の一種で、ほとんどがたんぱく質として人間の体内に存在しています。血管を広げて血流をサポートする働きがあり、むくみや冷えの解消に役立てられています。また、シトルリンは肝臓内でアンモニアを解毒する重要な役割があるため、老廃物の排出や体内デトックスにも注目の成分です。
シトルリンの働き
シトルリンは血管を広げて血液の流れをサポートする働きがあり、これによって体内に蓄積された余分な水分が体外に排出されやすくなり、むくみや冷えの解消に期待されています。また、血流改善は新陳代謝を活発にさせ、ターンオーバーという肌の生まれ変わりのサポートにも期待されます。疲労の原因物質であるアンモニアを肝臓内で尿素へ分解し、体外に排出する働きもあるため、体内をデトックスし、疲労回復にも利用されます。
シトルリンに多く含まれる食品
すいか、ゴーヤ、きゅうり、メロンなどに含まれています。
こんな方におすすめ
むくみや冷えでお悩みの方、肌の生まれ変わりで美肌を目指したい方、疲労回復した方、スポーツをよくする方におすすめの成分です。

シトルリンのサプリメントコラム

アルギニンとシトルリンはどちらをとるべき?

アミノ酸のひとつである「アルギニン」と「シトルリン」ですが、体内で協働して作用することが多い栄養素です。それぞれの働の違いや、使用目的の違いをご説明いたします。

2021-07-09

ぬるめのお風呂で改善!「冷えのぼせ」の原因とは

手足は冷えているのに、顔は熱いという状態を「冷えのぼせ」といいます。冷えのぼせは冷え性が悪化した時に起こる症状と言われています。今回は、冷えのぼせの原因と自宅でできる簡単対策法をご紹介します。

2022-04-08

肩こり解消法! 肩こりの原因とおすすめ成分

肩こりは、日本人の多くが訴える身近な症状です。つらい肩こりの解消には、運動やマッサージが一般的ですが、食べ物やサプリでの内側からのケアもおすすめです。そこで今回は、肩こりが起こる原因をはじめ…

2021-06-03

「冷え性」はなぜおこる? 冷えの原因と対策

冷え性とは、血液の流れが悪いため、手足が冷えやすく体が温まりにくい状態のこと。冷え性は万病のもとと言われ、放っておくと様々な不調が出てくると言われています。今回は、冷え性が起こる理由と対策方法…

2021-04-05

男性ホルモン「テストステロン」とは

男性の健康を考えるうえで欠かせない「テストステロン」と呼ばれる男性ホルモンをご存知でしょうか。このテストステロンは、どのような成分で、体にどのような働きがあるのかご紹介いたします。

2020-08-17

体をあたためるメリットとは?巡りを良くする栄養素

『体はあたためた方が良い』とはよく聞くけれど、なぜいいのか詳しくは知らないという方も多いのではないでしょうか。冷え性などのお悩みが増えている今、体を温めることで健康的な体づくりを目指す「温活」…

2020-07-21

サプリメントコラム一覧を見る >

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入ください。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に使用する行為は絶対に行わないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ