レッドクローバーの働きとサプリメント一覧

レッドクローバー(和名:アカツメクサ)とは、ヨーロッパや西アジアなどが原産のハーブの一種。花の部分は女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似た働きをするイソフラボンを豊富に含んでいることから、バストサプリの主要成分として用いられるようになりました。またPMSや生理不順など女性特有のトラブルを緩和する働きもあるため、女性に人気を集めています。

詳しく見る

レッドクローバーとは

レッドクローバーとは
レッドクローバーとは、ヨーロッパや西アジアを原産とするハーブの一種です。花の部分に女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似た働きのある、イソフラボンが含まれていることから、女性ホルモンサポートに期待されています。レッドクローバーに含まれるイソフラボンは、不足しているエストロゲンを補うだけでなく、エストロゲンが過剰になった時に、分泌を抑える働きもあります。
レッドクローバーの働き
レッドクローバーに含まれているイソフラボンに女性ホルモンに似た働きがあることから、生理前のイライラやPMS、ほてりや疲れなど女性特有のトラブルケアに期待されています。また、バストアップにも働きが期待されており、女性らしいふっくらとした体へ導いてくれます。
こんな方におすすめ
更年期対策をしたい方、イライラやPMS、月経周期など、生理トラブルにお悩みの方、バストアップを目指いしている方におすすめの成分です。
注意点
レッドクローバーは女性ホルモンと似た働きを持っているため、女性ホルモンのバランスが崩れやすい妊娠・授乳中は使用前に、お医者様にご相談されることをおすすめしています。

レッドクローバーのサプリメントコラム

ハーブはなぜ体にいいの?悩み別ハーブの効果とメリット!

ハーブは、たくさんの種類が存在し、そのメリットや効能も様々です。今回は、古くから民間療法などにも用いられてきた、私たちの生活と健康を支える“ハーブ”の基礎知識とその主な働きや使い方についてご紹介します。

2022-05-09

タイプ別、バストケアの方法

理想のバストを目指すとき、サイズとカタチが気になってくると思います。バストの仕組みを知ることは、理想のバストへの近道です。今回は、タイプ別のバストケアの方法をご紹介いたします。

2020-12-16

生理後は痩せやすい!やせ期を知って賢くダイエット!

ダイエットをしているのになかなか思うようにダイエットを実感できていない女性は、ホルモンバランスが原因かもしれません。女性は生理周期に合わせて女性ホルモンの分泌が増えたり減ったりします。

2020-10-26

免疫アップ&美肌に期待!話題の植物栄養素「ファイトケミカル」とは

ファイトケミカル(フィトケミカル)という言葉を聞いたことありますか? 最近、野菜などの植物がもつ優秀な栄養素「ファイトケミカル」が、私たちの健康や美容をサポートしてくれると注目が集まっています。

2020-08-18

ハーブティーとは?ハーブティーの美味しい入れ方

リラックスできると人気のハーブティー。ハーブティーは、使われているハーブそれぞれが様々な効能を持っていると言われています。今回はハーブティーのいれ方や、代表的なハーブの種類などの基礎知識を…

2020-07-21

サプリメントコラム一覧を見る >

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入ください。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に使用する行為は絶対に行わないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ