ビオチンの働きとサプリメント一覧

ビオチンとは、レバーや乳製品などに含まれているビタミンB群の一種。ビオチンは人間の腸内細菌によっても合成され、糖質や脂質、タンパク質の代謝を助ける補酵素として働きます。皮膚の炎症やかゆみの原因に働きかけたり、アミノ酸の代謝に関わることから毛髪や爪の健康維持に人気の成分です。サプリメントやヘアケア商品に多く用いられます。

詳しく見る

ビオチンとは

ビオチンとは
ビオチンはビタミンB群の一種で、水に溶けやすい水溶性ビタミンです。人間の量内細菌医よって合成され、糖質や脂質、たんぱく質の代謝を助ける働きがあります。また、皮膚や髪の毛を健康に保ち、筋肉痛を和らげる働きも期待されています。
ビオチンの働き
ビオチンは補酵素としてアミノ酸の代謝に関わり、たんぱく質と合成することで、皮膚や髪の毛が作られています。そのため、肌や髪の毛の健康維持に働きます。また、皮膚の炎症やかゆみの原因となるヒスタミンという物質に働きかけることから、肌トラブルの改善に注目が集まっています。
ビオチンが多く含まれる食品
レバーや魚介類、乳製品、大豆、卵、野菜類に多く含まれています。
こんな方におすすめ
白髪や脱毛が気になっている方、肌荒れやアトピーに悩みの方、アレルギーを和らげたい方におすすめの成分です。

ビオチンのサプリメントコラム

髪に悩んでいる人必見!内側からのヘアケア、うるツヤ髪に必要な「栄養素」

髪の毛に必要な栄養が不足すると、抜け毛やパサパサ感、うねりなどのヘアトラブルの原因に。ツヤ髪にはヘアオイルやトリートメントも効果的ですが、今回は「内側からのヘアケア」に注目して、サラサラの…

2020-11-26

太もも、お尻、二の腕のセルライト撃退!部分痩せマッサージ方法

成人女性の多くが太ももやお尻、二の腕などのセルライトに悩まされています。セルライトの気になるところを正しいマッサージ法で、部分痩せしてみませんか?今回は、多くの女性が悩まされているセルライト…

2022-07-13

どうして白髪になるの?白髪の原因と対策

年齢を重ねていくと、「白髪」に悩む方は多くいますが、若い方でも白髪に悩んでいる方がいます。白髪が増えていくと、実年齢よりも老けて見られてしまい、女性にとっては悩ましい問題です。

2022-05-09

縦線や割れやすい爪、自爪を強くするおすすめ栄養素とケア方法

『自爪が薄く、割れやすい』など爪に関するお悩みをお持ちの方は、意外と多いのではないでしょうか?爪は健康のバロメーターとも言われており、偏った食生活や爪ケアの方法次第で、爪トラブルを招いてしまう…

2022-05-09

第一印象は目が大事!目元のたるみとクマ

人の第一印象は「顔」が大きな割合を占めていますが、その中でも「目」が印象を大きく左右すると言われています。しかし、目元の皮膚は他に比べて薄くできており、スキンケアを怠ると老化が進みやすい場所です。

2022-05-09

自宅でできるまつ毛ケアの方法!まつ毛を伸ばしたい方におすすめの栄養素

目元は顔の印象を決める大切なパーツ。特に長いまつ毛は、目を大きく見せると言われています。しっかりまつ毛のケアをしていないと、マツエクやまつ毛パーマ、日々のマスカラやアイメイク…

2022-02-04

毎日のきれいをつくる「ビタミンC」!その効果的な摂り方とは

毎日のきれいのためには「ビタミンC」はとても重要な栄養素です。でも、ビタミンCが具体的にどんな役割をしてくれているのか、どんなビタミンCが良いのかとなると、よくわからないというかたも多いのではないでしょうか…

2022-01-13

男女で違う?育毛に必要な栄養素と摂取方法

育毛・発毛を促していくには、もちろん育毛剤も効果的なものがありますが、毎日の生活習慣や栄養バランスを整えるのが大切です。ここでは、薄毛にお悩みの方におすすめの育毛に必要な栄養素をご紹介します。

2021-09-02

水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンの違い

ビタミンは人間にとって欠かせない栄養素。様々な体内機能の維持や働きに関わっているビタミンですが、大きく2つの種類に分けられることはご存知でしょうか。ここでは、脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンの違い…

2021-05-07

ビタミンとは?意外と知らないビタミンの基礎知識

からだに良い成分として耳にすることが多いビタミンですが、どうしてビタミンを摂らなければいけないのか、どのような働きがあるのかご存知でしょうか。今回は、人が生きていく上で欠かせないビタミンの意外と知らない…

2021-04-05

サプリメントコラム一覧を見る >

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入ください。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に使用する行為は絶対に行わないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ