アメリカの人気のサプリをロサンゼルスより直送!
サプリメント通販サプー

最短5日でお届け

  • ホーム
  • ウーマンズ・バイタリティ・プロバイオティック 60ベジカプセル
ウーマンズ・バイタリティ・プロバイオティック 60ベジカプセル
ウーマンズ・バイタリティ・プロバイオティック 60ベジカプセル

ウーマンズ・バイタリティ・プロバイオティック 60ベジカプセル

メーカー Probiogen
外語名 Women's Vitality Probiotic (60vcap) 22558

ウーマンズ・バイタリティ・プロバイオティック 60ベジカプセル

¥2,860¥3,360

お気に入り

お気に入りに保存しました。

お気に入りリストを見る

×

ただいま欠品中です。入荷までしばらくお待ちください。

※この商品が入荷したらメールで通知を希望

メーカー Probiogen
外語名 Women's Vitality Probiotic (60vcap) 22558

この商品について質問する

商品説明

尿トラブル対策に期待!女性のためのクランベリー+善玉菌サプリ
【こんな方におすすめ】
・残尿感や痛みなどのトラブルにお悩みの方
・トイレに行ってもあまりスッキリしない方
・腸内環境の健康維持に

「ウーマンズ・バイタリティ・プロバイオティック」は、尿トラブル対策に注目を集めているクランベリーと善玉菌を組み合わせたサプリ。尿道が短く、尿のトラブルが起こりやすいと言われる女性の健康サポートを目的として開発された、泌尿器ケアサプリです。

成分には抗酸化作用や抗菌作用を持ち、数多くの研究で尿トラブルへの働きかけが認められているクランベリーや、悪玉菌の増殖を抑えるアシドフィルス菌を配合。大腸菌などの細菌の侵入によって引き起こされる尿のトラブル対策に期待が寄せられています。

本品はクランベリーを1粒に300mg凝縮。さらに腸内の健康を支える4種類の善玉菌とカプリル酸を独自にブレンドし、体の内側から強力にサポートします。残尿感やトイレ時の痛みにお悩みの方や、健やかな腸内環境の維持におすすめのサプリです。

内容量

60ベジカプセル (30日分)

用法

1日2カプセルを食後に、または医師の指示に従ってお飲みください。
冷蔵する必要はありません。

※商品パッケージを和訳しています。

注意

妊娠中や授乳中の方は、ご使用前に医師にご相談ください。
お子様の手の届かない、涼しく乾燥した場所に保管してください。

遺伝子組み換え物、乳製品、小麦、グルテン、大豆、合成着色料、合成甘味料、合成バインダー、合成フィラーは含まれていません。

※ページ下部の「ご購入前の注意事項」もご確認ください。

成分

2ベジカプセル中

クランベリー600mg
・全果実濃縮物(果実)
ウーマンズ・バイタリティ・プロバイオティック・ブレンド90億cfu
・バチルス・クラウジイ
・バチルス・サブティリス(枯草菌) HU58
・ラクトバチルス・アシドフィルス(アシドフィルス菌) DDS-1
・バチルス・コアギュランス HC
カプリル酸100mg
【その他の成分】
ヒドロキシプロピルメチルセルロース、セルロース植物繊維

最近チェックした商品

 閲覧履歴はありません。

すべて見る >

 お気に入りはありません。

すべて見る >

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入下さい。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に 使用する行為は絶対に行こなわないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ