チロシンの働きとサプリメント一覧

チロシンはチーズから発見されたアミノ酸のひとつ。乳製品や卵黄、大豆などに含まれ、私たちの体内では神経伝達物質の材料としての重要な役割を果たしています。主にモチベーションや集中力を高める働きがあるノルアドレナリンや、快感と意欲を司るドーパミンの材料になり、脳の活性化をして記憶力や集中力をサポートする働きがあります。また、メラニン色素とも関係があり、黒髪の形成にも関わっています。

詳しく見る

チロシンとは

チロシンとは
チロシンは乳製品や卵黄、大豆などに含まれる非必須アミノ酸の一種で、神経伝達物質の材料となり、集中力や記憶力をサポートします。また、代謝や自律神経の調整を行う甲状腺ホルモンや髪の毛の材料になります。甲状腺ホルモンは、細胞の生まれ変わりをサポートするため、子供の成長に欠かせない成分でもあります。
チロシンの働き
チロシンは脳を興奮状態にしてやる気を起こさせるアドレナリンや、脳を緊張状態にして集中力を高めるノルアドレナリンの材料となります。脳を活性化させることで、集中力や記憶力サポートに期待されている成分です。また、ストレス状態にあると消費されてしまうアドレナリンをチロシンが活発に働きかけます。
チロシンが多く含まれる食品
大豆や乳製品、落花生、アーモンド、たらこ、たけのこなどに多く含まれています。
こんな方におすすめ
忙しい毎日でストレスを抱えている方、ネガティブ思考の方、集中力や記憶力をサポートしたい方、頭をシャキッとさせたい方におすすめの成分です。

チロシンのサプリメントコラム

脳にいい食材、ブレインフードとは?

脳や気分に良い影響を及ぼす食べ物「ブレインフード」をご存知でしょうか。具体的にどんなものを指すのか、どんな働きがあるのか、ブレインフードについて詳しくご紹介いたします。

2022-06-07

どうして白髪になるの?白髪の原因と対策

年齢を重ねていくと、「白髪」に悩む方は多くいますが、若い方でも白髪に悩んでいる方がいます。白髪が増えていくと、実年齢よりも老けて見られてしまい、女性にとっては悩ましい問題です。

2022-05-09

太る原因?その症状、たんぱく質不足かも

ダイエットで運動や食事制限をしているのになかなか痩せられない…髪の毛にコシがなくなってきた…肌にハリやツヤがなくなってきた…そんなお悩みはたんぱく質不足が原因かもしれません。今回は、たんぱく質の働きや…

勉強・仕事の集中力が続かない方必見!今すぐできる、集中力を高める方法

「なかなか集中できない」「集中しても続かない」といった経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。今回は、そんな時に試せる集中力を高める方法と、集中力アップに人気の栄養素ついてご紹介します。

2020-08-18

アメリカで注目されている脳ケア成分

現代人は脳トラブルを抱えている人が多くいますが、そのまま放置していると生活習慣トラブルや病気へと繋がってしまいます。今回は、アメリカで注目されている脳ケア成分についてご紹介いたします。

2020-08-17

必須アミノ酸と非必須アミノ酸

私たちが生きていくうえで欠かせない栄養素のひとつでもあるアミノ酸ですが、どのような働きで私たちの身体をサポートしてくれているのでしょうか。「必須アミノ酸」と「非必須アミノ酸」の違い…

2020-08-17

サプリメントコラム一覧を見る >

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入ください。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に使用する行為は絶対に行わないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ