アメリカの人気のサプリをロサンゼルスより直送!
サプリメント通販サプー

最短5日でお届け

ナットウキナーゼの働きとサプリメント一覧

ナットウキナーゼとは、納豆菌が発酵過程で作り出すタンパク質分解酵素。納豆の健康効果について研究が進められる中で、ナットウキナーゼに血栓を溶かす作用があることが分かり、日本の国民病である脳梗塞や心筋梗塞など血栓症予防に役立つのではとメディアで話題になりました。現在多くにメーカーからナットウキナーゼのサプリメントが発売され、毎日の健康維持に納豆を食べる習慣のない欧米でも注目を集めています。

詳しく見る

ナットウキナーゼとは

ナットウキナーゼとは
ナットウキナーゼとは、納豆菌が発酵過程で作り出すタンパク質分解酵素。納豆の健康効果について研究が進められる中で、ナットウキナーゼに血栓を溶かす作用があることが分かり、日本の国民病である脳梗塞や心筋梗塞など血栓症予防に役立つのではとメディアで話題になった成分です。
ナットウキナーゼの働き
ナットウキナーゼは、血栓の主成分であるフィブリンに働きかけて分解し、血の流れをサポートしてくれます。血流が改善されることで、生活習慣対策や健康サポートに期待されています。
ナットウキナーゼが多く含まれる食品
納豆のネバネバ成分に含まれています。
こんな方におすすめ
血の巡りを良くしたい方や、生活習慣対策におすすめの成分です。

ナットウキナーゼのサプリメントコラム

健康や美容だけじゃない!発酵食品のパワーとは

味噌、納豆、ヨーグルト、ぬか漬けなど、毎日の食生活に欠かせない発酵食品。「発酵」という過程を経た食品は、原料には無かったパワーが秘められています。今回は、発酵食品とはなんなのか、どのような…

2020-08-18

菌活とは?ヨーグルトや納豆、キノコ

体調を整えたり、健康や美容にも期待されている「菌活」。内側からキレイになれるとして注目を集めています。今回は、菌活の実際のやり方や、菌活で得られる効果についてご紹介します。

2020-08-18

ぬるめのお風呂で改善!「冷えのぼせ」の原因とは

手足は冷えているのに、顔は熱いという状態を「冷えのぼせ」といいます。冷えのぼせは冷え性が悪化した時に起こる症状と言われています。今回は、冷えのぼせの原因と自宅でできる簡単対策法をご紹介します。

2020-08-18

生活習慣病・認知症の予防に!血管を若く健康に保つ方法

血管年齢という言葉があるように、若々しく健康な血管を保つことは、老化促進や病気のリスクを下げ、体全体の健康につながります。今回は、うまく取り組んで血管年齢を若返らせる、血管を健康に…

2020-08-18

血液サラサラ!血行改善のための食習慣。血流を良くする食べ物・飲み物

体の隅々まで栄養を行き渡らせたり、血が滞らないように、スムーズな血流を維持するにはサラサラの血液であることが重要です。今回は、血行改善が期待できる食品と、できれば避けたい血流を悪くする食事…

2020-08-18

アツアツご飯はNG!効果的な納豆の食べ方(ナットウキナーゼ)

炊きたてのアツアツご飯と納豆は、王道の組み合わせですが、実は納豆のメリットを十分に活かしていない食べ方と言われています。今回は、血液サラサラ、血栓予防に人気の納豆成分を効率よく摂取できる…

2020-08-18

サプリメントコラム一覧を見る >

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入下さい。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に 使用する行為は絶対に行こなわないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ