アメリカの人気のサプリをロサンゼルスより直送!
サプリメント通販サプー

最短5日でお届け

グルタミンの働きとサプリメント一覧

グルタミンは筋肉の中にあるアミノ酸のうち60~80%を占める、体内に最も多く存在するアミノ酸です。食品では小麦粉や海藻、卵に含まれています。グルタミンは激しい運動や筋トレを行った際に摂取することで、筋肉中のアミノ酸不足による筋肉の分解を防ぎ、発達を助ける働きがあります。さらに、乳酸による疲労蓄積や成長ホルモンのレベル向上、脂肪燃焼量アップなどの作用があるため、筋トレやスポーツをする方に愛用されている成分です。

詳しく見る

グルタミンとは

グルタミンとは
グルタミンは非必須アミノ酸の一種で体内に最も多く含まれてます。筋肉を強化したり、筋肉疲労を回復させる働きがあります。また、胃腸の働きをサポートし、アルコール代謝をサポートします。
グルタミンの働き
激しい運動をすると筋肉中のたんぱく質の分解が活発になり、筋肉中からグルタミンが放出されてしまいます。グルタミンを摂ることでたんぱく質の分解を防ぎ、筋肉が失われないようサポートするため、アスリートに支持されています。また、肝臓に脂肪をつきにくくすることから、肝機能を高める働きにも期待されています。さらに、ウイルスや細菌などの異物から体を守る免疫機能を高める働きがあることから、感染トラブルやアレルギー対策にも支持されています。
グルタミンが多く含まれる食品
小麦粉や海藻、大豆、肉、魚に含まれています。
こんな方におすすめ
免疫力を向上させたい方、スポーツをする方や筋肉をアップさせたい方、お酒をよく飲む方の肝臓サポートにおすすめです。
過剰摂取
グルタミンは過剰に摂取すると肝臓にダメージを与えてしまうため、1日40g以上の摂取はおすすめできません。また、妊娠中や授乳中の方にもおすすめできません。

グルタミンのサプリメントコラム

加齢臭とミドル臭の違いは?体臭の種類と原因、ニオイ対策を徹底解説

汗のにおいだけでなく、加齢臭やストレス臭など、清潔に保っているだけではなかなか解消されない体臭の悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。今回は、そんな気になるニオイの原因と対策について…

2021-03-04

あなたに合ったダイエットサプリはどれ?目的・悩み別の選び方

ダイエットサプリと言っても、種類が多くてどれを選べばいいか分からないという方が多いのではないでしょうか。ここでは、ダイエットサプリの種類はどんなものがあるのか、自分のライフスタイルや食生活に…

2020-10-27

疲労回復に良い食べ物!疲れを感じた時におすすめの食材と食べ方

最近、疲れやすくなったと思うことはありませんか?多忙やストレス、ハードな運動などで感じる疲労には、ゆっくり休むのはもちろん、身体の内側から元気になれる食べ物を摂り入れるのがおすすめです。

2020-08-18

必須アミノ酸と非必須アミノ酸

私たちが生きていくうえで欠かせない栄養素のひとつでもあるアミノ酸ですが、どのような働きで私たちの身体をサポートしてくれているのでしょうか。「必須アミノ酸」と「非必須アミノ酸」の違い…

2020-08-17

スポーツサプリメントの種類と選び方

運動を毎日行っている方は、より効果を高めるためにサプリメントを試したくなる方も多いかと思います。ただスポーツサプリメントにはさまざまな種類があり、どれを選べばいいか悩んでしまいますよね。

2020-07-21

サプリメントコラム一覧を見る >

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入下さい。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に 使用する行為は絶対に行こなわないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ