カイエンペッパー(カプサイシン)の働きとサプリメント一覧

カイエンペッパーとは、香辛料としてお馴染みの唐辛子(とうがらし)のこと。カイエンペッパーに多く含まれる辛味成分“カプサイシン”には、余計な脂肪に働きかけることから、ダイエットサポートに期待されています。また、めぐりサポートの働きがあり、冷えや水分バランスサポートとしても人気の成分です。

詳しく見る

カイエンペッパー(カプサイシン)とは

カイエンペッパーとは
カイエンペッパーとはとうがらしのことで、カイエンペッパーに含まれるカプサイシンが代謝サポートに関わっていると言われています。余計な脂肪に働きかけることで、ダイエットサポートに期待されています。
カイエンペッパーの働き
カイエンペッパーには代謝をサポートするカプサイシンが含まれており、燃焼をお手伝いする働きがあります。血流をサポートし、冷えや水分バランスサポートに期待されます。
カイエンペッパーが多く含まれる食品
とうがらしの辛さのもとになっている成分がカプサイシンで、とうがらしを食べた際に起こる様々な現象がカプサイシンの働きにによるものと言われています。
過剰摂取
過剰に摂取すると胃腸が炎症を起こす場合がありますので、摂りすぎには注意してください。

カイエンペッパー(カプサイシン)のサプリメントコラム

リンゴ体型? 洋ナシ体型?「体型」でみる最適なダイエット成分

肥満には「リンゴ体型」「洋ナシ体型」などの体型タイプがあることはご存知の方も多いのではないでしょうか。この体型ごとにダイエットのアプローチが変わるため、ダイエットをする上で自分がどんな体型…

2020-10-21

夏バテ対策におすすめの栄養素と食べ物

暑い夏は、「だるい」「食欲がない」など体調不良を起こしがちな季節です。これらの夏バテは、高温多湿の夏に体が対応できずに起きますが、生活習慣を見直すことで夏バテ対策をすることができます。

2021-06-03

「冷え性」はなぜおこる? 冷えの原因と対策

冷え性とは、血液の流れが悪いため、手足が冷えやすく体が温まりにくい状態のこと。冷え性は万病のもとと言われ、放っておくと様々な不調が出てくると言われています。今回は、冷え性が起こる理由と対策方法…

2021-04-05

あなたに合ったダイエットサプリはどれ?目的・悩み別の選び方

ダイエットサプリと言っても、種類が多くてどれを選べばいいか分からないという方が多いのではないでしょうか。ここでは、ダイエットサプリの種類はどんなものがあるのか、自分のライフスタイルや食生活に…

2020-10-27

美容や健康に食べておいしいスパイスの秘密

カレーの味や香りを決めるスパイス。実は、スパイスには体に嬉しい様々な働きがあることはご存知ですか?今回は、そのスパイスの働きや種類についてご紹介します。

2020-08-18

血液サラサラ!血行改善のための食習慣。血流を良くする食べ物・飲み物

体の隅々まで栄養を行き渡らせたり、血が滞らないように、スムーズな血流を維持するにはサラサラの血液であることが重要です。今回は、血行改善が期待できる食品と、できれば避けたい血流を悪くする食事…

2020-08-18

「ショウガ VS トウガラシ」どっちが冷え性にいいの?

野菜のなかでも「ショウガ」と「トウガラシ」は身体を温めてくれるとして有名で、積極的に食べている人も多いのではないでしょうか?どちらがより体を温める効果が高いのか、それぞれに期待できること…

2020-08-17

頻尿、尿漏れ…相談しづらいトイレの悩み

「おしっこが近い」、「尿もれがつらい」など、意外と多いトイレの悩み。頻尿や尿漏れは、その症状を感じていても、恥ずかしいので我慢している方や、歳のせいと放置している方が多いと言われています。

2020-07-21

サプリメントコラム一覧を見る >

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入ください。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に使用する行為は絶対に行わないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ