アメリカの人気のサプリをロサンゼルスより直送!
サプリメント通販サプー

最短5日でお届け

ビタミンKの働きとサプリメント一覧

ビタミンKは脂溶性ビタミンの一つで、フィトナジオンとも呼ばれます。もともとは、外科手術の傷を回復させるために使用されていましたが、肌細胞に働きかけて代謝をサポートする働きに優れていることから、美容成分としても人気を集めました。また、血行を良くしてキズの治りを早める効果があるので、青アザにも効果を発揮します。

詳しく見る

ビタミンKとは

ビタミンKとは
ビタミンKは脂溶性ビタミンのひとつで、納豆をはじめとする発酵食品に多く含まれています。体内で血液の凝固に働くため、もともとは外科手術の傷を回復させるために使われてきました。また、腸から吸収されたカルシウムを骨に取り込むのをサポートし、骨の健康にも期待されている成分でう。
ビタミンKの働き
ビタミンKは血液凝固を助ける働きがあり、ケガや出血をした際に血を止めることに期待されています。また、カルシウムの合成に必要なたんぱく質を生成し、腸でのカルシウムの吸収を助ける働きに期待されており、骨の健康を保ちます。
ビタミンKが多く含まれる食品
納豆、ほうれん草、明日葉などに含まれています。
こんな方におすすめ
骨や歯を丈夫にしたい方、あざができやすい方、鼻血が出やすい方におすすめの成分です。
不足すると
ビタミンKが不足すると、ケガや内出血をした際に治りが遅くなったり、鼻血が出やすくなります。
合わせて飲むといい成分
脂溶性のビタミンのため、脂を含んだ食べ物と一緒に摂取するのがおすすめです。

ビタミンKのサプリメントコラム

水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンの違い

ビタミンは人間にとって欠かせない栄養素。様々な体内機能の維持や働きに関わっているビタミンですが、大きく2つの種類に分けられることはご存知でしょうか。ここでは、脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンの違い…

2021-05-07

ビタミンとは?意外と知らないビタミンの基礎知識

からだに良い成分として耳にすることが多いビタミンですが、どうしてビタミンを摂らなければいけないのか、どのような働きがあるのかご存知でしょうか。今回は、人が生きていく上で欠かせないビタミンの意外と知らない…

2021-04-05

アツアツご飯はNG!効果的な納豆の食べ方(ナットウキナーゼ)

炊きたてのアツアツご飯と納豆は、王道の組み合わせですが、実は納豆のメリットを十分に活かしていない食べ方と言われています。今回は、血液サラサラ、血栓予防に人気の納豆成分を効率よく摂取できる…

2020-08-18

女性には特にカルシウムが大切!意識して摂取しましょう

20~30代の方は骨粗鬆症と聞くと、お年寄りのイメージだから自分には関係ないと思っている方も多いのではないでしょうか。女性は女性ホルモンとの関係により、男性よりも骨粗鬆症のリスクが大きくなります。

2020-08-17

丈夫な「骨」をつくる食生活

健やかな日々を起こるためには、健康的な骨が欠かせませんが、現代人はカルシウムの摂取量が不足している傾向にあります。骨作りを怠れば、将来的に関節痛や骨粗しょう症になってしまう可能性があります。

2020-08-17

子どものサプリメントの選び方とポイント

好き嫌い、偏食、小食など、子供にバランスよく栄養を取ってほしいと思ってもなかなか難しいもの。最近では、子供の栄養補助の為にサプリメントを利用している人が増えています。

2020-07-21

サプリメントコラム一覧を見る >

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入ください。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に使用する行為は絶対に行わないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ