ビタミンDの働きとサプリメント一覧

ビタミンDは、脂溶性ビタミンのひとつ。植物性のビタミンD2(エルゴカルシフェロール)と動物性のビタミンD3(コレカルシフェロール)がありますが、働きかけは同じです。骨や歯をつくるカルシウムやリンの吸収を助ける働きがあり、不足すると血液中のカルシウムやリンのバランスが崩れ、骨の中のカルシウムが血液中に溶けだし骨がもろくなることから、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の原因になるといわれています。特に更年期を迎える女性には、積極的に摂ってほしいビタミンです。詳しく見る

人気順 口コミ順 安い順 高い順

46件中1~40件を表示

ビタミンDとは

ビタミンDとは
ビタミンDは脂溶性ビタミンのひとつで、植物性のビタミンD2(エルゴカルシフェロール)と、動物性のビタミンD3(コレカルシフェロール)があります。ビタミンD2とビタミンD3の働きかけは同じです。ビタミンDは骨の形成や成長に重要なカルシウムの吸収に深く関わっています。
ビタミンDの働き
ビタミンDはカルシウムの吸収に必要なたんぱく質の合成を助け、血液中のカルシウム濃度を高める働きがあります。ビタミンDが不足するとカルシウムをしっかりと摂取していても体内への吸収が不十分となるため、積極的に補うことが大切です。
ビタミンDが多く含まれる食品
イワシ、サケ、すじこ、にしんなどの魚介類、きくらげや干ししいたけなどのキノコ類に多く含まれています。
こんな方におすすめ
骨や歯を丈夫にしたい方や、免疫力を向上させたい方におすすめの成分です。
過剰摂取
ビタミンDを摂取し続けると、骨からカルシウムが溶け出して血液中のカルシウム濃度が上昇する高カルシウム血症となり、倦怠感や食欲不振、嘔吐、下痢などになる場合があります。
不足すると
ビタミンDは特に妊娠中の方や授乳中の方に必要な栄養素です。ビタミンDが不足するとカルシウムの吸収がうまくいかなくなり、精神的にイライラしやすくなってしまいます。

お問い合わせ初めての方へFAQ会社案内特定商取引に基づく表記プライバシーポリシーサイトマップ

COPYRIGHT 2003-2015 SAPOO ALL RIGHTS RESERVED.