アメリカの人気のサプリをロサンゼルスより直送!
サプリメント通販サプー

最短5日でお届け

アップルサイダービネガーの働きとサプリメント一覧

アップルサイダービネガーとは、リンゴから作られたお酢、リンゴ酢のこと。クエン酸を多く含んでいることから、昔から疲労回復サポートに用いられてきました。近年、アップルサイダービネガーに多く含まれるクエン酸や酢酸など天然の酸には、脂肪と混ざり合って脂肪を中和し、体内に付きにくいように働きかけることがわかり、ダイエット成分として期待されています。また、体内の水分バランスを整える働きがあるカリウムを豊富に含むことから、むくみケアにも期待が寄せられているアップルサイダービネガー。海外セレブ達がこぞって取り入れ始めたことから、今注目を集めている成分です。

詳しく見る

アップルサイダービネガーとは

アップルサイダービネガーとは
アップルサイダービネガーとは、リンゴから作られたお酢、リンゴ酢のことです。リンゴに含まれる果糖を自然発酵させることで出来るだめ、糖分のほとんどが発行段階で消費され、酸味が強い成分です。
アップルサイダービネガーの働き
アップルサイダーに含まれるクエン酸が脂肪と混ざり合って脂肪を中和し、体内に付きにくいように働きかけます。また、カリウムが体内の水分バランスを整えることでむくみや冷えにも働きかけます。
アップルサイダービネガーの成分
アップルサイダーにはクエン酸をはじめ、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄分などの成分が含まれています。
こんな方におすすめ
脂肪がつきにくい体作りでダイエットしたい方や、疲労回復におすすめの成分です。むくみや冷え対策にも支持されています。

アップルサイダービネガーのサプリメントコラム

リンゴ体型? 洋ナシ体型?「体型」でみる最適なダイエット成分

肥満には「リンゴ体型」「洋ナシ体型」などの体型タイプがあることはご存知の方も多いのではないでしょうか。この体型ごとにダイエットのアプローチが変わるため、ダイエットをする上で自分がどんな体型…

2020-10-21

脂肪燃焼を助ける成分と、効率的な摂り方

ダイエットと一口にいってもいろいろなダイエット法がありますが、ほとんどのダイエットの大きなポイントとなるのが「体脂肪」です。体脂肪を燃焼させることがダイエットの重要な要素になります。

2020-10-26

夏バテ対策におすすめの栄養素と食べ物

暑い夏は、「だるい」「食欲がない」など体調不良を起こしがちな季節です。これらの夏バテは、高温多湿の夏に体が対応できずに起きますが、生活習慣を見直すことで夏バテ対策をすることができます。

2021-06-03

あなたに合ったダイエットサプリはどれ?目的・悩み別の選び方

ダイエットサプリと言っても、種類が多くてどれを選べばいいか分からないという方が多いのではないでしょうか。ここでは、ダイエットサプリの種類はどんなものがあるのか、自分のライフスタイルや食生活に…

2020-10-27

ぬるめのお風呂で改善!「冷えのぼせ」の原因とは

手足は冷えているのに、顔は熱いという状態を「冷えのぼせ」といいます。冷えのぼせは冷え性が悪化した時に起こる症状と言われています。今回は、冷えのぼせの原因と自宅でできる簡単対策法をご紹介します。

2020-08-18

サプリメントコラム一覧を見る >

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入下さい。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に 使用する行為は絶対に行こなわないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ