アメリカの人気のサプリをロサンゼルスより直送!
サプリメント通販サプー

最短5日でお届け

  • ホーム
  • アロエベラスクラブ(敏感肌用) 170g
アロエベラスクラブ(敏感肌用) 170g
アロエベラスクラブ(敏感肌用) 170g

アロエベラスクラブ(敏感肌用) 170g

メーカー Queen Helene
外語名 Aloe Vera Scrub 6oz 18780

アロエベラスクラブ(敏感肌用) 170g

¥560

お気に入り

お気に入りに保存しました。

お気に入りリストを見る

×

カートに入れる
メーカー Queen Helene
外語名 Aloe Vera Scrub 6oz 18780

この商品について質問する

商品説明

デリケート肌でも安心、天然スクラブが角質を優しくケアする敏感肌用フェイシャルスクラブ
古くなった角質や毛穴詰まりを除去しながら、しっとりなめらかな肌へと導く「アロエベラスクラブ(敏感肌用)」。肌に優しいうるおい成分配合で、洗った後もつっぱりにくいフェイシャルスクラブです。

成分には、植物性のスクラブ成分ウォルナッツ殻を配合。粒子が細かく滑らかという特徴を持ち、肌への負担が少ないスクラブ成分として知られています。水に溶けないので毛穴汚れや古い角質を均一にしっかり絡めとります。このほか、お肌をみずみずしくサポートする保湿成分アロエベラなど、お肌の水分バランスを整える植物成分を配合。余分なものはスッキリ落として、しっとり柔らかな素肌へと導きます。

80年以上に渡り、世代を超えて愛されるコスメブランドQueen Helene(クイーンヘレン)が開発した本品。角質ケアと保湿ケアを同時にかなえてくれると人気を集めています。素肌のことを考えて作られた、敏感肌の方に支持されるフェイシャルスクラブです。

内容量

170g

用法

洗顔後の濡れた肌に、目の周りを避けて優しくマッサージをするようになじませます。

その後、お湯で洗い流して軽く押さえるように水気を切ってください。

※商品パッケージを和訳しています。

注意

外用にのみご使用ください。
お子様の手の届かない場所に保管してください。
お肌に炎症などが生じた場合はご使用を中止してください。

※ページ下部の「ご購入前の注意事項」もご確認ください。

成分

ウォルナッツ殻パウダー
カルボマー
ステアリルアルコール
ステアリン酸
アロエベラ葉ジュース
水素化ホホバオイル
カモミール花エキス
ラベンダーエキス
スウィートアーモンドオイル
スウィートアーモンド種子ミール
アスコルビン酸
コカミドプロピルベタイン
ジメチコン
グリセリン
ステアリン酸グリセリル
ミリスチン酸イソプロピル
カオリン
プロピレングリコール
水酸化カリウム
塩化ナトリウム
ラウリル硫酸ナトリウム
硫酸ナトリウム
酢酸トコフェロール
ジアゾリジニル尿素
DMDMヒダントイン
メチルパラベン
フェノキシエタノール
プロピルパラベン
安息香酸ベンジル
サリチル酸ベンジル
ブチルヘニルメチルプロピオナール
シトラール
ヘキシルシンナムアルデヒド
ヒドロキシイソヘキシル3-シクロヘキセンカルボキサルデヒド
リモネン
フレグランス

最近チェックした商品

 閲覧履歴はありません。

すべて見る >

 お気に入りはありません。

すべて見る >

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入下さい。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に 使用する行為は絶対に行こなわないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ