• ホーム
  • シトラスバーベナアップリフティングシャワージェル 251ml
シトラスバーベナアップリフティングシャワージェル 251ml
シトラスバーベナアップリフティングシャワージェル 251ml

シトラスバーベナアップリフティングシャワージェル 251ml

メーカー Andalou Naturals
外語名 Shower Gel Uplifting Citrus Verbena 8.5 floz 18733

シトラスバーベナアップリフティングシャワージェル 251ml

¥1,290¥1,510

お気に入り

お気に入りに保存しました。

お気に入りリストを見る

×

カートに入れる
メーカー Andalou Naturals
外語名 Shower Gel Uplifting Citrus Verbena 8.5 floz 18733

この商品について質問する

商品説明

肌の若返りをサポート、フルーツ幹細胞エキス配合の引き締めボディソープ
【こんな方におすすめ】
・細胞から若返りたい
・肌のハリがなくなり、加齢を感じるようになってきた方
・なめらかなスベスベ肌を手に入れたい方

「シトラスバーベナアップリフティングシャワージェル」は、肌本来のもつ力を引き出し、細胞レベルで若返りをサポート、シトラスとバーベナが肌を引き締めてリフトアップしながら洗い上げる。肌の生まれ変わりをうながす働きが臨床的に認められた、最新のフルーツ幹細胞エキスを配合したボディソープです。

幹細胞とは、必要に応じて姿をかえる万能細胞のこと。人の体性幹細胞と似た働きをすることから、新しい表皮の再生をうながす働きが期待されています。中でもリンゴの幹細胞は皮膚の寿命を長くすること、ブドウの幹細胞はダメージを与える活性酸素から肌を守ることが確認されており、注目を集めています。

本品はこれらのフルーツ幹細胞エキスに、肌からうるおいが逃げないよう保湿バリアで守ってくれるアルガンオイル、シアバターがプラスされています。細胞レベルで肌を活性化することで、ハリ、弾力がよみがえると人気のアンチエイジングボディソープです。肌のハリがなくなり、加齢を感じるようになってきた方におすすめです。

内容量

251ml

使用方法

シャワー、入浴時の濡れた肌に取り、泡立てた後によく洗い流してください。

注意

遺伝子組み換え成分は使用していません。

※ページ下部の「ご購入前の注意事項」もご確認ください。

成分

オーガニックアロエベラジュース
ココイルイセチオネートナトリウム
メチルココイルタウレートナトリウム
植物性グリセリン
フルーツ幹細胞(セイヨウリンゴ、ブドウ)
オーガニックバイオアクティブ8ベリーコンプレックス
オーガニックバーベナエキス
オーガニックライムエキス
オーガニックレモンエキス
オーガニックココナッツウォーター
パンテノール(プロビタミンB5)
オーガニックアルガンオイル
オーガニックホワイトティエキス
オーガニックローズヒップオイル
オーガニックグァーガム
アラントイン
安息香酸ナトリウム
クエン酸
ソルビン酸カリウム
エチルヘキシルグリセリン
オーガニックレモンオイル

最近チェックした商品

 閲覧履歴はありません。

すべて見る >

 お気に入りはありません。

すべて見る >

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入ください。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に使用する行為は絶対に行わないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ