冬虫夏草の働きとサプリメント一覧

冬虫夏草(トウチュウカソウ)は、冬の間には虫に寄生し、夏になるとキノコに形を変えて姿を現すことからその名が付いたキノコの一種。中国では不老不死の生薬として歴代の朝廷が求めたと言われています。冬虫夏草には、十数種類のアミノ酸、ビタミンE、カルシウム、鉄、亜鉛などの栄養素が豊富に含まれており、免疫力サポートや疲労回復などの生活習慣トラブルケアに利用されています。詳しく見る

人気順 口コミ順 安い順 高い順

14件中1~14件を表示

冬虫夏草とは

冬虫夏草とは
冬虫夏草はキノコの一種で、キノコの中でも傘のない子嚢菌類の活物寄生菌です。冬は虫の姿で過ごし、夏になると草になることから名づけられました。滋養強壮の作用をもつコルディセピンや免疫細胞を活性化させるベータDグルカンが豊富に含まれていることから、生活習慣トラブルに利用されてきた成分です。
冬虫夏草の働き
冬虫夏草は、体内に侵入してきたウイルスなどの異物に働きかけて、免疫力の向上に期待されています。また、酵素の産生に必要なアミノ酸が豊富に含まれています。老化を促進するひとつの原因ともなる酵素不足を補うことで老化を防ぐ働きがあるとも言われております。さらに、血圧バランスを調節する働きがあるため、生活習慣トラブルのケアにも期待されています。
こんな方におすすめ
免疫力をアップさせたい方や、いつまでも若々しくいたい方、生活習慣対策をしたい方におすすめの成分です。
冬虫夏草の歴史
冬虫夏草は中国では古くから滋養強壮、不老長寿のための食材として親しまれてきました。秦の始皇帝は、不老長寿の薬を求めた歴史的人物として知られていますし、美女の場貴妃が若返りの薬として飲んでいた話が伝えられています。

お問い合わせ初めての方へFAQ会社案内特定商取引に基づく表記プライバシーポリシーサイトマップ

COPYRIGHT 2003-2015 SAPOO ALL RIGHTS RESERVED.