クロロフィルの働きとサプリメント一覧

クロロフィル(別名:葉緑素)は植物の葉に含まれる緑色の色素です。食品では、青菜や緑黄色野菜、海藻に含まれています。クロロフィルは、便のニオイや体のニオイ、口のニオイサポートに期待できる成分です。さらに、食物繊維の5000分の1の大きさで、体内にある不要な物質を体外に排出することが注目されています。

詳しく見る

クロロフィルとは

クロロフィルとは
クロロフィルは植物や藻に含まれる緑色の天然色素です。体に溜まった不要物を排出する働きにも期待されている成分です。
クロロフィルの働き
クロロフィルは体内の不要物を吸着して体外に排出する働きがあります。また体内の循環をサポートすることからニオイケアに期待されており、口や体のニオイサポートに支持されている成分です。
クロロフィルが多く含まれる食品
小松菜やほうれん草、クロレラなどに含まれています。
こんな方におすすめ
体のニオイが気になる方や、便のニオイが気になる方におすすめの成分です。

クロロフィルのサプリメントコラム

年代別!30代、40代、50代の男性が飲むべきサプリ

年齢を重ねるとともに、美容や健康のお悩みが変化したり、増えていくかと思います。今回は年代別のお悩みと、それを改善する女性におすすめのサプリメントをご紹介いたします。

2022-07-13

青汁と野菜ジュースの違いと選ぶポイント

不足しがちな野菜の栄養素を手軽に補える健康食品の一つ、“青汁”。「スーパーやコンビニで買える野菜ジュースと何が違うの?」と思ったことはありませんか?今回は、青汁と野菜ジュースの特徴と違い、そして選ぶポイ…

2022-03-07

緑黄色野菜に含まれる天然色素「カロテノイド」とは?

野菜や果物の赤や橙、緑などの色素「カロテノイド」。カロテノイドは強い抗酸化力を持ち、眼病や生活習慣病、美肌ケアなど、私たちの身体を様々な方向から支えてくれる成分です。

2022-02-04

年代別!30代、40代、50代の女性におすすめのサプリメント

年齢を重ねるとともに、美容や健康のお悩みが変化したり、増えていくかと思います。今回は年代別のお悩みと、それを改善する女性におすすめのサプリメントをご紹介いたします。

2022-02-04

加齢臭とミドル臭の違いは?体臭の種類と原因、ニオイ対策を徹底解説

汗のにおいだけでなく、加齢臭やストレス臭など、清潔に保っているだけではなかなか解消されない体臭の悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。今回は、そんな気になるニオイの原因と対策について…

2021-03-04

臭いやベトベトが気になる!汗っかきの原因と対策

暑い時、すこし走ったとき時、他にもいきなり汗が…等、たくさん汗をかく人を「汗っかき」といいます。汗をかくのは自然なことですが、汗の量やニオイが気になるという場合は、生活習慣が原因かも?

2020-08-18

免疫アップ&美肌に期待!話題の植物栄養素「ファイトケミカル」とは

ファイトケミカル(フィトケミカル)という言葉を聞いたことありますか? 最近、野菜などの植物がもつ優秀な栄養素「ファイトケミカル」が、私たちの健康や美容をサポートしてくれると注目が集まっています。

2020-08-18

気になる!口臭の原因と自分でできる対策

自分では気づくのが難しい口臭。原因はさまざまですが、時には他の病気のサインになっていることも。今回は、口臭の原因と自分でできる口臭対策をご紹介します。

2020-07-21

サプリメントコラム一覧を見る >

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入ください。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に使用する行為は絶対に行わないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ