アメリカの人気のサプリをロサンゼルスより直送!
サプリメント通販サプー

最短5日でお届け

アスタキサンチンの働きとサプリメント一覧

アスタキサンチンは、サケやイクラなどに含まれる赤い色素で、カロテノイドの一種。体のサビつきのもとと言われる活性酸素への働きがあることから、若々しい肌や体作りに期待されている抗酸化成分です。また、他の抗酸化成分が入り込むことができない目や脳にまで行き届く数少ない成分として知られており、目や脳のアンチエイジングにも期待が寄せられています。

詳しく見る

アスタキサンチンとは

アスタキサンチンとは
アスタキサンチンは赤色の天然色素で、カロテノイドの一種です。600種類以上あるカロテノイドの中でも、特に抗酸化パワーが強い成分として知られています。
アスタキサンチンの働き
アスタキサンチンは栄養が行き届きにくい細部まで入り込むことができるため、目や脳のアンチエイジングに期待されています。さらに、強力な抗酸化パワーで、美白や美肌、視力サポートにも働きます。
アスタキサンチンが含まれる食品
アスタキサンチンを多く含む食物はサケやいくら、カニ、エビなどの魚類や甲殻類です。
こんな方におすすめ
強い抗酸化パワーが細部まで届くアスタキサンチンは、美肌サポートだけでなく、眼精疲労や脳のアンチエイジングケアにおすすめです。また、疲労回復やいつまでも若々しくいたい方にも支持されています。

アスタキサンチンのサプリメントコラム

年齢肌とは?悩み別の対策とおすすめのスキンケア成分

お肌の悩みは年齢を重ねるごとに増えていくものです。若いときには気にならなかった乾燥やくすみ、たるみなど、目立ち始める肌トラブルにお悩みの方が多いのではないでしょうか。今回は、肌老化の悩みと年齢肌の対策に…

2021-04-05

疲れ目のセルフチェックと対処法!眼精疲労と疲れ目の違いとは?

目の疲れやかすみ、充血、頭痛などの症状は、目を酷使する方によく見られます。このような瞳のトラブルの1つと言われるのが眼精疲労。今回は、眼精疲労の原因となる疲れ目のセルフチェックの方法や…

2021-03-04

免疫アップ&美肌に期待!話題の植物栄養素「ファイトケミカル」とは

ファイトケミカル(フィトケミカル)という言葉を聞いたことありますか? 最近、野菜などの植物がもつ優秀な栄養素「ファイトケミカル」が、私たちの健康や美容をサポートしてくれると注目が集まっています。

2020-08-18

うっかり日焼けの対策法!日焼け後のアフターケアについて

紫外線が強烈になるこれからの季節。UVカットに気を使っていても、うっかり日焼けをしてしまう事はありませんか?美しい肌を維持するためには、UVカットだけでなく日焼け後のアフターケアも大切です。今回は、効果…

2020-08-18

緑黄色野菜に含まれる天然色素「カロテノイド」とは?

野菜や果物の赤や橙、緑などの色素「カロテノイド」。カロテノイドは強い抗酸化力を持ち、眼病や生活習慣病、美肌ケアなど、私たちの身体を様々な方向から支えてくれる成分です。

2020-08-17

脳にいい食材、ブレインフードとは?

脳や気分に良い影響を及ぼす食べ物「ブレインフード」をご存知でしょうか。具体的にどんなものを指すのか、どんな働きがあるのか、ブレインフードについて詳しくご紹介いたします。

2020-08-17

デイクリームとナイトクリームの違い、使い方

朝・日中用のデイクリームと、夜用のナイトクリーム、ちゃんと使い分けていますか? 実はデイクリームとナイトクリームは、それぞれの役割が異なり、適切に使うことでより生活サイクルにあったスキンケアが…

2020-07-21

サプリメントコラム一覧を見る >

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入下さい。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に 使用する行為は絶対に行こなわないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ