EPAの働きとサプリメント一覧

EPA(エイコサペンタエン酸)は、青魚に多く含まれているオメガ3系の必須脂肪酸のひとつ。同じく必須脂肪酸であるDHAと一緒に、サラサラサポートする役割を持ちます。DHAと並んで注目されている成分ですが、特にEPAは中性脂肪に関わり、めぐりのいい毎日を目指している方や生活習慣が気になる方から支持されています。

詳しく見る

EPAとは

EPAとは
EPAは、青魚に豊富に含まれているオメガ3系の必須脂肪酸のひとつで、体内で合成することができない成分です。DHAとEPAは分子構造がよく似ており、互いに補いながら、2つの働きにより血流サポートをしてくれます。特にEPAは、中性脂肪に大きく関わりがあると言われています。
EPAの働き
EPAには、流れをスムーズにする働きがあります。また、近年の研究でアレルギーケアにも働くと報告されています。
EPAが多く含まれる食品
いわし、さば、あじ、さんま、まぐろ、かつおなどの青魚に多く含まれています。
こんな方におすすめ
生活習慣が気になっている方や、コレステロールが気になる方、魚を食べる機会の少ない方、血流サポートをしたい方におすすめの成分です。

EPAのサプリメントコラム

DHAとEPAの違いと効果を分かりやすく解説!

DHAとEPAは、名前に馴染みのある方も多い成分だとおもいますが、その違いは知っていますか?DHAとEPAはどちらも魚に含まれるオメガ3系脂肪酸の一種ですが、それぞれ違うパワーを秘めています。

2021-03-04

脳にいい食材、ブレインフードとは?

脳や気分に良い影響を及ぼす食べ物「ブレインフード」をご存知でしょうか。具体的にどんなものを指すのか、どんな働きがあるのか、ブレインフードについて詳しくご紹介いたします。

2022-06-07

ぬるめのお風呂で改善!「冷えのぼせ」の原因とは

手足は冷えているのに、顔は熱いという状態を「冷えのぼせ」といいます。冷えのぼせは冷え性が悪化した時に起こる症状と言われています。今回は、冷えのぼせの原因と自宅でできる簡単対策法をご紹介します。

2022-04-08

ベースサプリメントとは?上手な活用方法

ベースサプリメントは、サプリメントの基本となる、私たちの体に必要な栄養素を含むサプリメントを指します。今回は、ベースサプリメントの基礎知識や上手な使い方をご紹介します。

2022-03-07

コレステロールとは?善玉と悪玉コレステロールの違い

『コレステロール』と聞くと、なんとなく体に悪いイメージを持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか。実は、コレステロールは、私たちの体に一定量必要不可欠なもので、細胞レベルの基礎から私たちの体を…

2021-04-05

血液サラサラ!血行改善のための食習慣。血流を良くする食べ物・飲み物

体の隅々まで栄養を行き渡らせたり、血が滞らないように、スムーズな血流を維持するにはサラサラの血液であることが重要です。今回は、血行改善が期待できる食品と、できれば避けたい血流を悪くする食事…

2020-08-18

アメリカで注目されている脳ケア成分

現代人は脳トラブルを抱えている人が多くいますが、そのまま放置していると生活習慣トラブルや病気へと繋がってしまいます。今回は、アメリカで注目されている脳ケア成分についてご紹介いたします。

2020-08-17

サプリメントコラム一覧を見る >

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入ください。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に使用する行為は絶対に行わないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ