アメリカの人気のサプリをロサンゼルスより直送!
サプリメント通販のサプー

最短5日でお届け

  • ホーム
  • ビオチン10000mcg 60べジカプセル
ビオチン10000mcg 60べジカプセル
ビオチン10000mcg 60べジカプセル

ビオチン10000mcg 60べジカプセル

メーカー Healthy Origins
外語名 Biotin 10000mcg (60vcap) 21372

ビオチン10000mcg 60べジカプセル

¥1,370¥1,610

お気に入り

お気に入りに保存しました。

お気に入りリストを見る

×

ただいま欠品中です。入荷までしばらくお待ちください。

※この商品が入荷したらメールで通知を希望

メーカー Healthy Origins
外語名 Biotin 10000mcg (60vcap) 21372

この商品について質問する

商品説明

肌トラブルや髪質改善サポートに、高濃度ビオチンサプリメント
皮膚や髪の再生をサポートする、ニキビやアトピー、吹き出物対策におすすめのビオチンサプリメント「ビオチン10000mcg」。美肌ビタミンと言われているビオチン10000mcgをギュッと閉じこめた、肌トラブルにお悩みの方におすすめのビオチンサプリメントです。

ビオチンはレバーやピーナッツ等に含まれ、医療用として皮膚のトラブルに用いられてきた水溶性ビタミンB群のひとつ。肌や爪、毛髪などが生まれ変わる際にアミノ酸に働きかけることから、白髪や抜け毛対策にも注目を集めています。

本品は、USP(米国薬局方)グレードでハラール等の様々な認証を受けた成分にこだわりがある方にも人気のベジタブルカプセルを使用。ベジタリアンの方にも安心して摂り入れていただける高濃度ビオチンサプリメントです。

内容量

60べジカプセル (60日分)

用法

1日1回、1カプセルを食事と一緒にお飲みいただくか、かかりつけの医師の指示に従ってください。

※商品パッケージを和訳しています。

注意

本品は、砂糖、イースト、小麦、グルテン、大豆、魚、甲殻類、ピーナッツ、卵、牛乳は含まれていません。
合成着色料、合成香料、防腐剤は使用していません。

※ページ下部の「ご購入前の注意事項」もご確認ください。

成分

1ベジカプセル中

ビオチン(USPグレード)10000mcg
【その他の成分】
米粉、植物性カプセル(セルロース、水)

おすすめのサプリメントコラム

毛穴の開きの原因とケア方法

毛穴があるとないとでは、肌や顔の印象を大きく左右することがあります。というのは、毛穴が目立つ肌だと実年齢よりも老けて見えてしまうからです。ですが、正しい毛穴のケアを行わないと逆効果に…

2020-09-17

乳酸菌の基礎知識

「乳酸菌」といえば、腸に良いというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。乳酸菌は腸内環境を整えることはもちろんですが、お腹の調子を良くすることで免疫力アップに繋がったり…

2020-09-16

髪に悩んでいる人必見!内側からのヘアケア、うるツヤ髪に必要な「栄養素」

髪の毛に必要な栄養が不足すると、抜け毛やパサパサ感、うねりなどのヘアトラブルの原因に。ツヤ髪にはヘアオイルやトリートメントも効果的ですが、今回は「内側からのヘアケア」に注目して、サラサラの…

2020-09-14

サプリメントコラム一覧を見る >

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入下さい。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に 使用する行為は絶対に行こなわないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ