アメリカの人気のサプリをロサンゼルスより直送!
サプリメント通販サプー

最短5日でお届け

  • ホーム
  • ウィラードウォータークリアコンセントレート 473ml
ウィラードウォータークリアコンセントレート 473ml
ウィラードウォータークリアコンセントレート 473ml

ウィラードウォータークリアコンセントレート 473ml

メーカー WILLARD WATER
外語名 WILLARDS WATER CLEAR CONCENTRATE (16oz) 19228

ウィラードウォータークリアコンセントレート 473ml

¥3,450¥3,590

お気に入り

お気に入りに保存しました。

お気に入りリストを見る

×

カートに入れる
メーカー WILLARD WATER
外語名 WILLARDS WATER CLEAR CONCENTRATE (16oz) 19228

この商品について質問する

商品説明

敏感肌でも浸透・吸収をサポートし美肌へと導く、万能水ウィラードウォーター
肌の自然治癒力を高めて、健康的な素肌に導く「ウィラードウォータークリアコンセントレート」。肌の浸透・吸収をサポートすることから、潤いや栄養を吸収しづらい敏感肌の方を中心に愛用者を増やしてきた万能水ウィラードウォーターの原液です。

Dr.ウィラード氏が発見したウィラードウォーターは、細胞の浄化をサポートし細胞自らの働きを高め、新しい細胞を生み出すサポートする天然の美容成分亜炭(リグナイト)を含み、また成分の運搬をサポートするミセルと呼ばれる、電気を帯びた分子の集合体で構成される水のこと。ミセルは、美容成分を自らの内側に抱え込み、細胞の隙間をすり抜け浸透することができるため、傷ついた細胞間をケアし、自然治癒力を高めることによって、健やかな肌に導きます。

ダークの2倍のミセルを含むことから、より敏感な肌でも奥深くまで、美容成分が浸透しやすい本品。年齢や性別問わず使え、やけどや日焼け、にきび、アトピー、炎症など様々な肌トラブルをケアしてくれると、人気の万能水ウィラードウォーターの原液です。

内容量

473ml

用法

ご使用前に、よく振ってください。
ティースプーン1/4〜1/2杯を、8オンス(約240ml)の蒸留水、ろ過水、または水道水に加えて稀釈し、ご使用ください。
最初の2週間はティースプーン4/1杯を使用し、その後量を増やしてください。
飲む場合は、稀釈したウィラードウォーターを毎日3~4杯お飲みください。

※商品パッケージを和訳しています。

注意

適切な希釈に従わずに使用することはしないでください。
長期保存には、プラスチック容器を使用してください。
飽和脂肪、トランス脂肪、食物繊維、糖、ビタミンA、ビタミンC、カルシウム、鉄由来ではありません。

※ページ下部の「ご購入前の注意事項」もご確認ください。

成分

CAWミセル(メタケイ酸ナトリウム、塩化カルシウム、キャスターオイル、硫酸マグネシウム)
精製された亜炭(リグナイト)からの化石化有機物
【その他の成分】
カロリー0kcal、脂肪由来カロリー0kcal、総脂質0g、コレステロール0g、ナトリウム10g、総炭水化物0g、食物繊維0g、砂糖0g、タンパク質0g

最近チェックした商品

 閲覧履歴はありません。

すべて見る >

 お気に入りはありません。

すべて見る >

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入下さい。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に 使用する行為は絶対に行こなわないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ