アメリカの人気のサプリをロサンゼルスより直送!
サプリメント通販のサプー

最短5日でお届け

  • ホーム
  • シュンカプシュピ 275mg 60ベジカプセル
シュンカプシュピ 275mg 60ベジカプセル
シュンカプシュピ 275mg 60ベジカプセル

シュンカプシュピ 275mg 60ベジカプセル

メーカー NATURE’S FORMULARY
外語名 Shankhpushpi (60vcap) 18883

シュンカプシュピ 275mg 60ベジカプセル

¥1,800¥2,110

お気に入り

お気に入りに保存しました。

お気に入りリストを見る

×

カートに入れる
メーカー NATURE’S FORMULARY
外語名 Shankhpushpi (60vcap) 18883

この商品について質問する

商品説明

不安な気持ちを和らげ明るく前向きな気分に導く、シュンカプシュピサプリ
不安な気持ちを和らげ、憂鬱な気分を明るく前向きに導く「シュンカプシュピ 275mg」。インドの伝統医学である、日本でも話題のアーユルヴェーダに基づいて生まれたシュンカプシュピサプリメントです。

シュンカプシュピは、バタフライピー(蝶豆)とも呼ばれる亜熱帯アジア原産のマメ科の植物です。古くからアーユルヴェーダでは、不安感や鬱、ストレスケアに用いられ精神安定のハーブとして支持されています。近年の研究では、年齢による記憶力低下に働きかける事が報告され脳のアンチエイジングにも期待されています。本品は、シャンクプシュピを1カプセルに275mg配合。特に、インドの伝承医学療法“アーユルヴェーダ”で分類されるベータ体質(痩せ型で乾燥や冷えを感じる)、ピッタ体質(暑がりで喉が渇きやすい)の方へおすすめのストレス対策サプリメントです。

内容量

60ベジカプセル (30日分)

用法

1日2回1カプセルずつを食事と一緒にお飲みください。

※商品パッケージを和訳しています。

注意

妊娠中や授乳中の方は使用しないでください。

お子様の手が届かない場所に保管してください。

本品は、グルテンフリーでビーガンの方に適しています。

遺伝子組み換え食品を使用しておりません。

人工着色料、保存料、添加物は使用していません。

※ページ下部の「ご購入前の注意事項」もご確認ください。

成分

1ベジカプセル中

シャンクプシュピ(全植物エキス)  275mg
【その他の成分】
カプセル(植物由来セルロース)、ヒプロメロース、ステアリン酸マグネシウム、二酸化ケイ素

最近チェックした商品

 閲覧履歴はありません。

すべて見る >

 お気に入りはありません。

すべて見る >

おすすめのサプリメントコラム

冬に起こりやすい寒暖差疲労とは?

冬になるとなんとなく疲れやすく感じたり、体調不良が続いてしまう方もいるのではないでしょうか。寒暖差が激しくなる冬におこる体調不良の原因のひとつとして「寒暖差疲労」が挙げられます。

2020-08-18

さまざまな不調の原因となる自律神経を整えるための食生活

自律神経の乱れはさまざまな体調不良に繋がります。特に思い当たる原因もないのに、頭痛や目まい、イライラ、腸の不調などを感じるのは、自律神経が乱れているのかもしれません。

2020-08-17

自律神経のバランスを整える成分「GABA」とは

自律神経のバランスを整える成分として「GABA」はよく耳にする機会が多いかと思いますが、具体的にどのような働きがあるかご存知でしょうか。今回は、GABAについて詳しくご紹介いたします。

2020-08-17

サプリメントコラム一覧を見る >

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入下さい。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に 使用する行為は絶対に行こなわないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ