アメリカの人気のサプリをロサンゼルスより直送!
サプリメント通販のサプー

最短5日でお届け

  • ホーム
  • グラビオーラ 1500mg 60べジカプセル
グラビオーラ 1500mg 60べジカプセル
グラビオーラ 1500mg 60べジカプセル

グラビオーラ 1500mg 60べジカプセル

メーカー Bio Nutrition
外語名 Graviola 1500mg (60VCAP) 19197

グラビオーラ 1500mg 60べジカプセル

¥1,820¥2,140

お気に入り

お気に入りに保存しました。

お気に入りリストを見る

×

カートに入れる
メーカー Bio Nutrition
外語名 Graviola 1500mg (60VCAP) 19197

この商品について質問する

商品説明

ウィルスや疲れに負けない体づくりに!アメリカで話題の果実、グラビオーラサプリ
疲れやウィルスなどによる感染トラブルに負けない体づくりに人気の「グラビオーラ 1500mg」。免疫を強化するのに必要なビタミンCを豊富に含むアマゾンフルーツグラビオーラ(サワーソップ)のサプリメントです。

グラビオーラ(サワーソップ)は日本ではトゲバンレイシと呼ばれる南米アマゾン全域に生息している果物。南米各地では古くから病気の予防や治療に葉から種まで全部使われていました。近年の研究で、グラビオーラの樹皮、葉、種子には、免疫機能に役立つことがわかり、注目されています。

本品は、アメリカで原料の品質に定評のあるBio Nutrition(バイオニュートリション)社が商品化した、グラビオーラサプリ。季節の変わり目など、体調を崩しやすい時期の健康対策に人気のサプリメントです。

内容量

60べジカプセル (15~30日分)

用法

1日1~2回、1回2べジカプセルをお食事と一緒にお飲みください。

※商品パッケージを和訳しています。

注意

グルテン、イースト、コーン、乳製品、塩、砂糖、小麦、大豆、防腐剤は含まれていません。

※ページ下部の「ご購入前の注意事項」もご確認ください。

成分

2べジカプセル中

グラビオーラ葉(サワーソップ)1500mg
【その他の成分】
シリカ、植物性ステアリン酸、植物性セルロース(カプセル)

おすすめのサプリメントコラム

よく耳にする腸内フローラとは一体何!?

腸活を行う人が増え、最近耳にすることが増えた「腸内フローラ」。この腸内フローラは一体何を指していて、どんな働きがあるかご存知でしょうか。今回は腸内フローラを正しく理解して、腸活を行えるよう…

2020-08-18

菌活とは?ヨーグルトや納豆、キノコ

体調を整えたり、健康や美容にも期待されている「菌活」。内側からキレイになれるとして注目を集めています。今回は、菌活の実際のやり方や、菌活で得られる効果についてご紹介します。

2020-08-18

ダイエット&免疫アップに期待。基礎代謝を上げて健康生活を送る方法!

30代、40代になってから「ダイエットをしても痩せにくくなった」「食べる量は変わらないのに、最近太ってきた」と感じたことはありませんか?もしかするとそれは、基礎代謝が原因原因かも。基礎代謝を…

2020-08-18

サプリメントコラム一覧を見る >

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入下さい。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に 使用する行為は絶対に行こなわないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ