アメリカの人気のサプリをロサンゼルスより直送!
サプリメント通販サプー

最短5日でお届け

  • ホーム
  • アナルジシック サーブ 30g
アナルジシック サーブ 30g
アナルジシック サーブ 30g

アナルジシック サーブ 30g

メーカー OLBAS
外語名 ANALGESIC SALVE 1OZ 19226

アナルジシック サーブ 30g

¥1,160

お気に入り

お気に入りに保存しました。

お気に入りリストを見る

×

カートに入れる
メーカー OLBAS
外語名 ANALGESIC SALVE 1OZ 19226

この商品について質問する

商品説明

筋肉や関節の痛み、止まらない咳に、メントール配合の鎮痛クリーム
【こんな方におすすめ】
・膝や腰などの関節の痛みケアに
・日焼けによる痛みケアに
・風邪やアレルギーによる咳にお悩みの方

「アナルジシック サーブ」は、筋肉や関節の痛みを和らげたり、咳に働きかけて呼吸を楽にするサポートをしてくれるクリーム。6種類のエッセンシャルオイルをブレンドした、身体にやさしく働きかけるメントール配合の鎮痛クリームです。

成分のメントールは、炎症の軽減や鎮痛作用に期待されていて、清涼感のある香りが特徴的です。このメントールに、抗菌作用や抗ウイルス作用のあるペパーミントやカユプテ、鎮痛作用のあるユーカリをブレンド。関節痛や腰痛、日焼けによる痛みに働きかけて不快感を和らげてくれるほか、胸や喉に塗ることで風邪やアレルギーによる咳を落ち着かせるようお手伝いしてくれます。

スイスの大自然から採取される天然のハーブオイルをブレンドして作られた本品。世界中の薬草学者から高く支持されており、関節の痛みが和らいだ、呼吸が楽になった、と愛用者から嬉しい声が多数寄せられている鎮痛クリームです。膝や腰などの関節の痛みケアに、風邪やアレルギーによる咳にお悩みの方におすすめです。

内容量

30g

用法

【筋肉や関節が痛い時、日焼けをした時】
10歳以上の方:痛みのある部分に、やさしくマッサージしながら塗り込んでください。
必要に応じて、1日に3~4回使用してください。

10歳未満のお子様:使用前に医師に相談してください。


【咳がとまらない時】
2歳以上の方:喉と胸に塗ってください。
鼻や口に香りが届くよう、首元や胸元に服が被らないよう気をつけてください。
使用は1日3回、または医師に相談してください。

2歳未満のお子様:使用前に医師に相談してください。

※商品パッケージを和訳しています。

注意

体の外部のみ使用できます。
傷口には使用しないでください。
使用後に赤みや炎症が発生した場合、使用から1週間経っても症状が継続する場合は医師に相談してください。
目や口に入らないよう注意してください。

※ページ下部の「ご購入前の注意事項」もご確認ください。

成分

メントール
【その他の成分】
水、水素化ピーナッツオイル、ステアリン酸グリセリル(SE)、ホワイトソフトパラフィン、ペパーミントオイル、ユーカリオイル、セテアリルアルコール、セテアリルサルフェート、プロピレングリコール、セチルアルコール、カユプテオイル、ウィンターグリーンオイル、ジュニパーオイル、クローブオイル

最近チェックした商品

 閲覧履歴はありません。

すべて見る >

 お気に入りはありません。

すべて見る >

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入ください。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に使用する行為は絶対に行わないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ