アメリカの人気のサプリをロサンゼルスより直送!
サプリメント通販のサプー

最短5日でお届け

睡眠サポートサプリメント

睡眠の質や翌朝のスッキリサポートに、アメリカで人気の睡眠サポートサプリをご紹介。睡眠トラブルにお悩みの方に支持されています。

1~40件 / 104件

睡眠サポートサプリメント注目の口コミ

安眠のためのおまじないサプリとして服用しています。
寝る直前までスマホをいじらない、暗くなったらコーヒーは飲まない・・・など、一般的な睡眠対策も併せた上で服用すると、子どもの頃から寝つきが悪かった私でもかなりぐっすり眠れるようになります。

子どもがもうすぐ3歳を迎え、夜自分の時間ができたことをいいことに、最近また不夜ふかしの習慣ができてしまい、悩んでいました・・・。ひたすら自力で眠ろうと頑張るより、こういったサプリがあると「飲んでいるから眠れる」と安心感があります。
できれば2人目の子どもも妊娠したいので、睡眠導入剤などを頼りたくない、とサプリメントのトリプトファンにたどりつきました。
安眠系のサプリも色々ありますが、幸せホルモンのセロトニンをたくさん分泌する効果もあると知ったのがトリプトファンを選ぶ決定打になりました。子どものイヤイヤ期はどうしても自分がイライラしがちで、表情も険しくなってしまいます。
飲んでいると熟睡しやすくなるのとセロトニン効果で、日中、気持ちにも余裕が出てきたのを感じます。

good5投稿日:2018.09.05

投票ありがとうございます!

投票はひとつの口コミにつき一回までです。

睡眠サポートサプリメントの口コミをすべて見る >

一押し商品

  • GABA(ギャバ) 500mg 100カプセルGABA(ギャバ) 500mg 100カプセル
  • カームザイム 100カプセルカームザイム 100カプセル
  • セントジョーンズ・ポジティブソース 90錠セントジョーンズ・ポジティブソース 90錠
  • グリシン 500mg 200カプセルグリシン 500mg 200カプセル
  • ローズマリー 350mg 100ベジカプセルローズマリー 350mg 100ベジカプセル
  • ビタミンB12 2000mcg(フルーツ味) 100トローチビタミンB12 2000mcg(フルーツ味) 100トローチ

睡眠・ストレスケアお役立ちコラム

ひどい「寝汗」の原因と対策

朝目覚めた時にパジャマがぐっしょり…という経験をお持ちの方はいらっしゃると思います。寝ている間は誰でも汗をかきますが、ひどい寝汗は睡眠の質を低下させてしまいます。今回は、ひどい寝汗の…

2020-08-18

夜型生活から脱却し、朝型生活への切り替え方

数年前から注目が集まっている「朝活」。過去に比べるとだんだんと早寝早起きの割合が増え、世間的に朝型生活への関心が高まっています。しかし、朝型生活に切り替えたくても途中で挫折してしまった…

2020-08-18

寝つきが悪くなる原因は?スムーズに寝るための対策

人はなぜ寝つきが悪くなってしまうのでしょうか?寝つきが悪くなる原因や、スムーズに寝つくための対策をご紹介します。

2020-08-17

サプリメントコラム一覧を見る >

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入下さい。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に 使用する行為は絶対に行こなわないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ