アメリカの人気のサプリをロサンゼルスより直送!
サプリメント通販サプー

最短5日でお届け

  • ホーム
  • ダイジェスティブアドバンテージ ラクトースディフェンスフォーミュラ 30カプセル
ダイジェスティブアドバンテージ ラクトースディフェンスフォーミュラ 30カプセル
ダイジェスティブアドバンテージ ラクトースディフェンスフォーミュラ 30カプセル

ダイジェスティブアドバンテージ ラクトースディフェンスフォーミュラ 30カプセル

メーカー Schiff
外語名 Digestive Advantage Lactose Defense Formula 20713

ダイジェスティブアドバンテージ ラクトースディフェンスフォーミュラ 30カプセル

¥1,400¥1,640

お気に入り

お気に入りに保存しました。

お気に入りリストを見る

×

ただいま欠品中です。入荷までしばらくお待ちください。

※この商品が入荷したらメールで通知を希望

メーカー Schiff
外語名 Digestive Advantage Lactose Defense Formula 20713

この商品について質問する

替りにこちらの商品はいかがでしょうか?

商品説明

乳製品でのお腹ゴロゴロをやわらげる、ラクターゼ配合の乳酸菌サプリメント
乳製品でお腹を壊しやすい方の、健やかな腸内環境サポートに愛用者を増やしている「ダイジェスティブアドバンテージ ラクトースディフェンスフォーミュラ」。ヨーグルトの100倍の生存性を持つ乳酸菌が、乳糖(ラクトース)の分解に働きかけるサプリメントです。

牛乳などに含まれる乳糖が腸内で分解されないと、腸の水分吸収を妨げてしまうことから下痢を引き起こしやすくなると言われています。そこで本品は、乳糖を分解してくれる消化酵素ラクターゼを配合。さらにヨーグルト菌や一般的な乳酸菌よりも100倍優れた生存力を持つプロバイオティクスBC30をプラスしました。ラクターゼの働きを強力バックアップし、お腹の不快感をやわらげてくれます。

小粒タイプで飲みやすいと好評の本品。乳製品を摂るとお腹が下りやすくなる、デリケートなお腹の健康サポートにお役立ていただきたいサプリメントです。

内容量

30カプセル (30日分)

用法

乳製品を含む食事と一緒に1日1カプセルをお飲み下さい。

乳製品の摂取量に応じて、1日3カプセルまでお飲みいただけます(3カプセル以上はお飲みにならないで下さい)。

8歳以上のお子様:1カプセルの中身を出し、食事や飲み物に混ぜてお飲みいただくことをお勧めします。

※商品パッケージを和訳しています。

注意

小麦と大豆成分が含まれています。

妊娠中、授乳中、何らかの投薬を受けている場合、使用前に医師にご相談下さい。

お子様の手の届かない場所に保管して下さい。
パッケージが破損している、ブリスターパックのシールが破れている、または紛失している場合は使用しないで下さい。
高温を避け、涼しく乾燥した場所に保管して下さい。

※ページ下部の「ご購入前の注意事項」もご確認ください。

成分

1カプセル中

BC 30バチルス・コアギュランスGBI-30,6086500万CFU
ラクターゼ3,000 ALU
【その他の成分】
ヒプロメロース、微結晶性セルロース、リン酸二カルシウム、ステアリン酸、二酸化チタン、塩化ナトリウム、二酸化ケイ素

最近チェックした商品

 閲覧履歴はありません。

すべて見る >

 お気に入りはありません。

すべて見る >

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入下さい。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に 使用する行為は絶対に行こなわないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ