アメリカの人気のサプリをロサンゼルスより直送!
サプリメント通販サプー

最短5日でお届け

グリーンコーヒーの効果!
ダイエットコーヒーの飲み方とサプリ

最終更新日:2021-09-02

アメリカで食べるだけで痩せると話題の「グリーンコーヒー」をご存知でしょうか。通常のコーヒーとは違い、ダイエットや美容に効果的な成分が豊富に含まれており、セレブにも人気のコーヒーです。今回は、このグリーンコーヒーの効果についてご紹介します。

痩せる飲み方のポイント!グリーンコーヒーサプリメント痩せる飲み方のポイント!グリーンコーヒーサプリメント
痩せる飲み方知ってますか?グリーンコーヒーサプリメント

動画でもご紹介しています

体重-8kg、体脂肪率-16%が研究報告され、ダイエットと美容効果の高さがアメリカで話題のダイエットコーヒーをご存知ですか?

サプー公式Youtubeでも、その「グリーンコーヒー」の効果についてお話ししています!

1.グリーンコーヒーとは

グリーンコーヒーとはグリーンコーヒーとは

グリーンコーヒーは、未焙煎の生コーヒー豆のこと。
焙煎前のコーヒー豆はあわい緑色をしているため、この名前が付けられました。

普通のコーヒー豆は、製造加工される段階で「焙煎」という工程があり、これはコーヒー豆に熱を加えて炒る作業です。この焙煎を行わずに生豆の状態のままのコーヒーを「グリーンコーヒー」と呼びます。

収穫したコーヒーの実から果肉や皮を取り除くと、コーヒーの種が出てきます。これがグリーンコーヒー(生のコーヒー豆)です。この生コーヒー豆を焙煎すると、よく見る茶色のコーヒー豆の色になります。


■話題のダイエットコーヒー

話題のダイエットコーヒー話題のダイエットコーヒー

グリーンコーヒーは、「コーヒーを焙煎せずに生豆の成分を抽出された飲み物がダイエットや生活習慣予防に効果的」という研究結果が発表されてから、アメリカのテレビ番組で紹介されたり、ハリウッドセレブが愛飲していたりと人気のダイエットコーヒーです。

グリーンコーヒーは、通常のコーヒーに比べカフェインが10%以下と少なめです。カフェインが気になるという方でも、安心して飲むことができます

味も通常のコーヒーとは異なり、ほのかに甘く、あまり強い苦味はないと言われています。


2.グリーンコーヒーの効果

グリーンコーヒーの効果グリーンコーヒーの効果

そもそも焙煎されたコーヒーにも脂肪燃焼や生活習慣予防の効果が期待できるカテキンやカフェインなどが含まれています。

グリーンコーヒーが注目されるその特徴というのは、血糖値を下げて痩せやすくする「クロロゲン酸」。 グリーンコーヒーは、このクロロゲン酸を豊富に含んでいることがわかっています。


クロロゲン酸はコーヒーの苦み・香りをつくりだすポリフェノールの一種。
血糖値を下げたり、血圧改善や動脈硬化予防、抗がん、抗酸化力などの様々な健康やダイエットに関わる働きがあると研究報告されている成分です。

実際に行われた臨床研究では、実際にグリーンコーヒーを22週間継続摂取したグループは、プラセボ群グループに比べて、平均8kgのダイエットに成功。さらに、体脂肪率が平均で約16%と大幅に減少、同時に悪玉コレステロールの減少や血糖値の改善も確認されています。


クロロゲン酸は熱に弱く、焙煎してしまうと、クロロゲン酸が5分の1に減ってしまうと言われ、血糖値を下げるクロロゲン酸の成分を効果的に摂取することが従来のコーヒーでは難しいと言われています。


3.クロロゲン酸の働き

グリーンコーヒーに含まれる有用成分、クロロゲン酸の働きについてご紹介します。


■ 脂肪燃焼

クロロゲン酸の脂肪燃焼効果クロロゲン酸の脂肪燃焼効果

クロロゲン酸のダイエット効果は脂肪燃焼によるものと言われています。
つまり、クロロゲン酸を継続摂取することで、体内の脂肪が脂肪燃焼工場であるミトコンドリアに効率的に運ばれ、脂肪がエネルギーとして消費されやすくなることが報告されています。

またクロロゲン酸は、食事として取り込まれた脂肪に対しても、すでに体についている脂肪に対しても働きかけるので、ダイエットの強い味方と言われています。


■ 血糖値上昇を抑制

日本人の多くが悩んでいるといわれる血糖値トラブル。成人男性の4人に1人が糖尿病、またはその予備軍だと言われています。

クロロゲン酸は、血糖値を下げるインスリンを活性化する働きがあり、血糖値に働きかける成分として注目を集めています。


■ 脂肪吸収の抑制

クロロゲン酸の脂肪吸収抑制クロロゲン酸の脂肪吸収抑制

クロロゲン酸は、すい臓から分泌される消化酵素である「リパーゼ」を阻害する働きもあります。
リパーゼは、血液中の中性脂肪を脂肪酸とグリセロールに細かく分解し、脂肪細胞内に取り込みやすくしてくれる私たちに必要な消化酵素です。

代謝が落ちている場合は、細胞内に取り込まれた脂肪が上手く燃焼されず内臓脂肪としてたまってしまう場合があります。

クロロゲン酸はこのリパーゼを阻害することで、脂肪分解・吸収を抑制し体内に余分な脂肪を取り込まないよう手伝ってくれます。


■ 高血圧や動脈硬化を抑制

クロロゲン酸類は継続摂取することで、 高めの血圧を下げる働きがあると報告されています。

クロロゲン酸は強い抗酸化作用を持ち、血管の収縮や拡張のバランスを乱す「活性酸素」を抑制する働きがあります。しなやかで健康的な血管を維持することで、血管トラブルの起きにくい体作りをサポートしてくれます。


■ 抗ガンや抗老化

クロロゲン酸の抗ガン抗老化作用クロロゲン酸の抗ガン抗老化作用

クロロゲン酸はダイエットだけでなく、抗ガンや美容にも期待される成分です。
クロロゲン酸は、抗酸化作用があるため、体の老化や発がんの元となる活性酸素から体を守り、いつまでも若々しい体へ導いてくれます。



4.グリーンコーヒーの飲み方

グリーンコーヒーの飲み方グリーンコーヒーの飲み方

グリーンコーヒーは生のコーヒー豆。かなり硬く、石のような食感と言われています。その為、コーヒーミルでひいて細かくし、食べたり飲んだりしている方も多いようです。

ダイエット目的でグリーンコーヒーを飲む際は、グリーンコーヒーを効果的に摂れるように下記の点に気を付けて飲みましょう。


■ 食前に飲む

グリーンコーヒーには食後の血糖値を抑える働きや、食事で摂り入れた脂肪の吸収を抑制する働きがあるため、食前に飲むことがおすすめです。


■ 軟水で飲む

グリーンコーヒーを淹れる際には、軟水を使用するようにしましょう。硬水で飲むと、硬水に含まれるミネラルはクロロゲン酸と結びつき、化学変化を起こしてしまうことがあります。


■ ぬるいお湯で淹れる

ポリフェノールであるクロロゲン酸は熱に弱い性質があります。沸かしたてのお湯でグリーンコーヒーを淹れてしまうと、熱によってクロロゲン酸が分解されてしまうことがあります。

クロロゲン酸の働きを最大限に発揮させるためにも、ぬるめのお湯でコーヒーを淹れるようにしましょう。


■ ペーパードリップで淹れる

インスタントコーヒーとドリップコーヒーを比べると、ドリップコーヒーの方がクロロゲン酸が多く含まれているため、ペーパードリップでコーヒーを淹れるのがおすすめです。


■ 砂糖やはちみつを使わない

砂糖やはちみつを淹れて摂取すると、せっかくグリーンコーヒーのダイエットがカロリーを摂取してしまうことになります。毎日、同じ味に飽きてしまった方は、シナモンやレモンで味を変えるのがおすすめです。



5.グリーンコーヒーはどこで買える?


■ コーヒー専門店

グリーンコーヒーはコーヒー専門店で買えるかもグリーンコーヒーはコーヒー専門店で買えるかも

グリーンコーヒーは、スーパーなどではなかなか見かけることはありませんが、コーヒー専門店などで売っている場合もあります。

また、パウダータイプのグリーンコーヒーも販売されています。スムージーやヨーグルトに混ぜて食べることもできるので便利ですね。


■ 効果実感にはサプリがおすすめ

グリーンコーヒー効果実感にはサプリグリーンコーヒー効果実感にはサプリ

健康維持やダイエットのためにグリーンコーヒーを積極的に摂り入れたいという方はサプリメントの活用がおすすめです。

様々な効果の期待できるクロロゲン酸は熱に弱いので、コーヒーとして飲むのはなかなか難しいと言われています。
グリーンコーヒーエキスを抽出したサプリメントを活用することでグリーンコーヒーを効率的に補えることができます。


6.まとめ

グリーンコーヒーは、活性酸素に立ち向かうポリフェノールの一種“クロロゲン酸”を豊富に含んでいることから、ダイエットや若返りに人気の成分です。クロロゲン酸も、他の栄養素とおなじく継続して摂取することが大切です。通常のコーヒーとはちょっと違ったものなので、習慣化しにくいと感じる場合は、サプリメントを上手に活用してみてくださいね。

サプリメントアドバイザー 上田

こちらの記事もおすすめ

水太り?むくみの原因はカリウム不足かも

夕方頃になると足がパンパンにむくんでしまうという方は女性に多いのではないでしょうか。むくみ体質だから仕方ないと思っていませんか?むくんでしまう原因はカリウム不足かもしれません。ここでは…

むくみやセルライトのできる仕組みとその原因は?

むくみやセルライトは多くの女性の大敵ですよね。そんなむくみとセルライトのできる仕組みや原因は、普段の食生活にも関わっています。食生活や生活習慣を見直して、むくみ対策を始めましょう。

2020-10-26

スプーン1杯分でダイエット! 体にいい油「亜麻仁油」

ダイエットとしても美容としても人気の「亜麻仁油」をご存知でしょうか。毎日スプーン1杯分の亜麻仁油を摂取するだけで、脂肪の蓄積を防いだり、肌荒れをケアしてくれます。そんな亜麻仁油の秘密をご紹介します。

カルニチンとアルファリポ酸の違いは?

代謝アップにおすすめのダイエット成分といえば「カルニチン 」や「アルファリポ酸」が有名な成分ですが、それぞれの働きやおすすめの体質の方は異なります。今回は、2つの成分の違いや働きをご紹介いたします。

2021-07-09

サプリメントコラム一覧へ

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入ください。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に使用する行為は絶対に行わないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ