アメリカの人気のサプリをロサンゼルスより直送!
サプリメント通販のサプー

最短5日でお届け

ヘナで白髪染め!髪に良い理由と使い方

最終更新日:2020-07-21

ヘナは、インドで古くから髪を健康にすると言われ愛用されてきたハーブです。ヘナは、髪に栄養を与えてくれると言われ、天然のトリートメントや低刺激の白髪染めとして人気を集めています。今回は、ヘナの基礎知識と使い方についてご紹介します。

ヘナで白髪染め!髪に良い理由と使い方ヘナで白髪染め!髪に良い理由と使い方
ヘナで白髪染め!髪に良い理由と使い方

1.ヘナとは?

ヘナは、インドや中近東などの熱帯地方に多く自生するミソハギ科の植物で、和名では指甲花(シコウカ)とも呼ばれています。インドでは古くから髪を健康にするハーブとして愛用されてきました。

ヘナカラーは、ヘナ葉を乾燥させて粉末にして作られる天然のカラーリング剤です。

天然100%のヘナは化学薬品で作られたヘアカラーのように黒髪を明るくすることはできませんので、主に白髪染めに使われることが多いです。また、使い続けることでハリやコシが期待できることから、天然のトリートメントとしても注目されています。

ヘナは、それだけを使うと白髪はオレンジ色になりますが、インディゴを混ぜることで、ライトブラウンやダークブラウン、また赤みのあるバーガンディなどの色をつくることができます。また、ヘナカラーの色合いや明るさの見え方は、白髪の量によって異なります

2.天然ヘナカラーのメリット

肌や髪への負担が少ない
天然ヘナカラーは、発色成分のジアミンなどの化学物質を含まず、ナチュラル成分でできているため、市販のヘアカラーや美容室のカラーリング剤で肌トラブルを起こしてしまう肌が弱い方にも問題なく使えると言われています。

ナチュラルヘナカラーは薬品が配合されていないので、刺激的なニオイがなく、髪や肌を痛めることがほとんどないため、小まめに白髪染めをする方にもおすすめです。

ただ、市販されているヘナカラーには、ジアミンなどを配合した発色の良い「ケミカルヘナ」もあるので、肌が弱い方はヘナカラーを選ぶ際にも注意が必要です。


髪の毛のハリ、コシ、ツヤをサポート
ヘナは、キューティクルがはがれてタンパク質が減った髪の毛を植物由来の成分で補強し、表面をコーティングすることで、ハリツヤとボリュームのある髪の毛に導いてくれます。

ヘナは、主成分の「ローソン」が髪の毛のたんぱく質に絡みつく習性があるため、表面的なトリートメントに比べて特に持ちが良く、繰り返すことでより違いを実感できると言われています。


頭皮ケアにも
ヘナを頭皮全体に塗ることで、毛根についた汚れや余分な脂を洗い流し、潤いを与えてくれると言われています。ただ、使い始めは頭皮にヘナの色がついてしまう場合があります。

3.ヘナの使い方と施術時間

ヘナは他のヘアカラーと使い勝手がちがうの?という方も多いと思います。ここでは、ヘナを使った髪の毛の染め方や、かかる時間について簡単にご紹介します。

手順

[1] パッチテストを使用前に行ないます。

[2] 粉タイプの場合は、50℃くらいのお湯を加えてよく混ぜ、マヨネーズくらいのペーストにします。

[3] 生え際などにヘナがつかないようクリームを塗ります。

[4] 根元から毛先に向かって、白髪が多く目立つ部分から塗布していきます。

[5] 髪がしっかりコーティングされたら、ラップやヘアキャップを頭に装着し、1時間~3時間放置します。(ヘナの種類によって時間は異なります)

[6] 放置後、色がしっかり入ったのを確認して、お湯でヘナをしっかり洗い流してから、シャンプーで2度洗いします。

[7] 濡れた髪のままでは、衣服に色移りする場合があるので、ドライヤーなどでしっかり乾かしましょう。


初めてヘナを使う際、髪のダメージがひどい方は、きしんだり、パサついたりと、トリートメント効果が感じられない場合があります。
ヘナは、天然のハーブ成分のため、繰り返すことでハリやコシを実感できると言われているので、1回だけでなく何度か試してみることがおすすめです。

4.まとめ

ヘナは、身体への安全性が高く、髪や頭皮にやさしい天然のヘアカラー&トリートメントです。髪が傷んでしまうヘアカラー剤とは違い、染める度に髪が元気になるヘナは、続けることでよりメリットを実感できると言われています。ヘナは、染め時間が長い、色のバリエーションが少ないというデメリットもありますが、それ以上に人気の秘密があるヘアカラーです。新しい白髪染めを探している方は一度試してみてはいかがでしょうか。

サプリメントアドバイザー 岩元

こちらの記事もおすすめ

UVケアはいつから始める?今すぐ始めたい紫外線対策とは

「UVケアはいつから始めればいいの?」という方も多いのではないでしょうか。紫外線やUVケアは夏のイメージがありますが、実は最近では年間を通してUVケアを行うことがすすめられています。

2020-07-21

自宅でできるまつ毛ケアの方法!まつ毛を伸ばしたい方におすすめの栄養素

目元は顔の印象を決める大切なパーツ。特に長いまつ毛は、目を大きく見せると言われています。しっかりまつ毛のケアをしていないと、マツエクやまつ毛パーマ、日々のマスカラやアイメイク…

2020-07-21

日本とアメリカの日焼け止めの違いと選び方

アメリカと日本の日焼け止めの違いをご存知ですか?今回は、アメリカ製の日焼け止めを買う時に気をつけることや、日焼け止めの選び方についてご紹介します。

2020-07-21

アメリカのオーラルケア事情

アメリカは、日本に比べて80 歳になっても歯が20 本以上残っている人が、多いと言われています。アメリカでは、歯の健康を保つ「予防」や、歯並びや白さなどの「見た目」を重視したオーラルケアが常識です。

2020-07-21

サプリメントコラム一覧へ

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入下さい。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に 使用する行為は絶対に行こなわないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ