アメリカの人気のサプリをロサンゼルスより直送!
サプリメント通販のサプー

最短5日でお届け

アメリカのオーラルケア事情

最終更新日:2020-07-21

アメリカは、日本に比べて80 歳になっても歯が20 本以上残っている人が、多いと言われています。アメリカでは、歯の健康を保つ「予防」や、歯並びや白さなどの「見た目」を重視したオーラルケアが常識です。では、アメリカと日本の歯に対する意識は何故、またどのように違うのでしょうか。今回は、アメリカのオーラルケア事情をご紹介します。

アメリカのオーラルケア事情・パワースマイル歯磨き粉アメリカのオーラルケア事情・パワースマイル歯磨き粉
アメリカのオーラルケア事情・パワースマイル歯磨き粉

1.オーラルケアとは

オーラルケアは、歯ブラシやマウスウォッシュ、デンタルフロスや歯間ブラシ、舌磨きなど、口内を清潔に保つために行うセルフケアのことを指します。

日本では、自宅でのオーラルケアは歯磨きだけという人が多いと言われています。

しかし、歯磨きだけでは口腔内を清潔にすることは難しいため、毎日しっかりと歯磨きをしていても日本人の多くは適切なオーラルケアができていないことになります。

そのため、細かい隙間の歯垢や汚れ、歯の黄ばみ、口臭がきつい、口内のネバネバなどの状態が見られる場合は、家で行うオーラルケアの見直しが必要と言われています。

2.デンタルフロスの使用は当たり前!

アメリカでは、「磨きにくい部分の汚れを先に落としてから、普通の歯ブラシで全体をきれいにする」という習慣が浸透しています。

その為、デンタルフロスや歯間ブラシ、マウスウォッシュなどは当たり前の様に使用され、むし歯や歯周病になりやすいような細かい汚れを先に落としてから、歯ブラシで全体を磨くという歯磨き方法がアメリカでは主流となっています。

それぞれの場所に適したブラシを使用することで、短時間で効率よく、そして効果的に口内の汚れを落とすことができるのです。

一方、日本では、「歯ブラシ1本で全体をブラッシングする」という認識が浸透しており、日本人はアメリカ人より歯を磨く時間も長いと言われています。

ただ、長時間かけて磨いても、歯ブラシだけでは届かない、歯間などの汚れが取り切れない場合があり、むし歯や歯周病の原因になると言われています。

3.「歯」が人の評価につながるアメリカ

アメリカ人は、世界でも「歯への意識が高い人が多い」と言われています。 そのため、アメリカでは、歯が黄ばんでいたり、日本ではチャームポイントとされる八重歯などの歯並びの悪さが目立つ人は、少ないそうです。

アメリカ人は、日本では当たり前とされる、顔を洗って髪の毛を整える、Yシャツのシワのばしをしてから出かけるなどの「身だしなみ」と同じように、歯のお手入れをしています。

その為、アメリカでは歯並びや歯の色は、清潔感や生活水準などを表す指標となり、自分自身の評価にかかわることとなります。

アメリカでは、「歯並びや歯の色の悪さ」や「口臭」をケアできていないと、「身だしなみが整っていない」と思われ、いくら他の身なりをきれいに整えていても、ビジネスの機会を逃してしまったり、自分の魅了をうまくアピールできない原因になると言われています。

その為、アメリカでは、一定の生活水準であれば、ホワイトニングや歯科矯正はあたり前とされ、多くの人は生活費を削ってでも、子供のころから定期的に歯医者に通うと言われています。

4.一般人のホワイトニングも人気

最近のアメリカでは特に、歯の白さや美しさを保つために、セラミック歯の導入や、ホワイトニングに熱心な人が多いようです。

専門歯科で行うホワイトニングの他に、ホワイトニングペーストやジェル、ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使って自宅で行うホワイトニングも、最近では主流となってきています。

アメリカのホワイトニンググッズは、日本の商品より成分が強いものが多いため、日本でも個人輸入して使用する人も多いと言われています。

5.歯やオーラルケアに対する意識が高い理由

保険制度の違い
アメリカでは、日本とは保険制度が異なり、歯の治療に何万円といった高額な治療費が必要になる場合があります。その為、「高額な歯の治療を極力受けなくて済むように、予防ケアをしっかりする」という考え方が根付いたと言われています。
また、多くのアメリカ人が行っている歯科矯正も、歯並びが良くなることで歯が磨きやすくなるため、結果的に口腔トラブルの予防につながります。


文化の違い
アメリカでは、「歯並びは育ちを表す」と言われ、子供の歯並びが悪いまま放置されていると、虐待や育児放棄を疑われることもあるようです。
また、アメリカでは、ハグなどのスキンシップで他人と顔を近づける習慣があるため、歯並びの他に「口臭のケア」も大切な身だしなみのひとつとされています。

6.まとめ

アメリカでは、文化や保険制度の違いから、オーラルケアや歯に対する意識が高いと言われています。その為、アメリカでは、立ち振る舞いや身だしなみより、歯や口内環境の方が「人間を評価する基準」として重要視されている傾向にあります。健康的な歯を維持することは、自分の魅力だけでなく、「食事をおいしく食べること」にも関わってきます。オーラルケアに関する正しい知識を身につけて、積極的に取り入れていくことが大切かもしれません。

サプリメントアドバイザー 岩元

こちらの記事もおすすめ

ヘナで白髪染め!髪に良い理由と使い方

ヘナは、インドで古くから髪を健康にすると言われ愛用されてきたハーブです。ヘナは、髪に栄養を与えてくれると言われ、天然のトリートメントや低刺激の白髪染めとして人気を集めています。

2020-07-21

日本とアメリカの日焼け止めの違いと選び方

アメリカと日本の日焼け止めの違いをご存知ですか?今回は、アメリカ製の日焼け止めを買う時に気をつけることや、日焼け止めの選び方についてご紹介します。

2020-07-21

デイクリームとナイトクリームの違い、使い方

朝・日中用のデイクリームと、夜用のナイトクリーム、ちゃんと使い分けていますか? 実はデイクリームとナイトクリームは、それぞれの役割が異なり、適切に使うことでより生活サイクルにあったスキンケアが…

2020-07-21

アメリカで注目されるスキンケア成分

美容先進国と言われるアメリカのスキンケア化粧品は、日本で販売されているものより、成分が高濃度で配合されていたり、まだ日本ではあまり知られていない最新の成分が使われていたりと、美容マニアには…

2020-07-21

サプリメントコラム一覧へ

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入下さい。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に 使用する行為は絶対に行こなわないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ