アメリカの人気のサプリをロサンゼルスより直送!
サプリメント通販サプー

最短5日でお届け

人気!アメリカで注目される、
おすすめスキンケア成分

最終更新日:2021-04-05

美容先進国と言われるアメリカのスキンケア化粧品は、日本で販売されているものより、成分が高濃度で配合されていたり、まだ日本ではあまり知られていない最新の成分が使われていたりと、美容マニアには見逃せないもの。今回は、アメリカで注目のスキンケア成分をご紹介します。

アメリカで注目のスキンケアサプリメントアメリカで注目のスキンケアサプリメント
アメリカで注目されるスキンケア成分・DMAEサプリメント

動画でもご紹介しています

サプー公式Youtubeでも、美容先進国と言われるアメリカで注目のスキンケア成分についてご紹介しています!ぜひチェックしてみてください♪

1.アメリカのスキンケア化粧品は優秀

アメリカのスキンケア化粧品アメリカのスキンケア化粧品

アメリカでは、溜まった古い肌は剥がして肌の生まれ変わりに期待という考え方が主流で、肌の新陳代謝 (ターンオーバー) の活性化が重視されている傾向にあります。

そのため、化粧品に対する成分量の規制も日本とは異なり、美白やシミ対策などに期待ができる成分が高濃度で配合されているスキンケア化粧品も多く存在します。


サプーでも高い効果が期待でき、高濃度で成分が配合されているのに比較的安価で手に入るアメリカのスキンケア化粧品は人気があります。

また、アメリカはオーガニック大国でもあるため、アメリカのオーガニック化粧品は日本のオーガニックブランドよりも安いものが多く、そして種類も豊富です。


今回は、注目されているスキンケア成分をご紹介します。


2.アメリカで話題沸騰中のスキンケア成分「CBDオイル」

CBDオイルCBDオイル

近年アメリカでもっとも注目されているスキンケア成分と言えば、「CBDオイル」。


CBD(カンナビジオール)とは、大麻草から抽出される物質の一種。

同じ大麻草由来の物質でも、THC(テトラヒドロカンナビノール)という依存性や陶酔作用がある成分が含まれていないため、薬物の大麻とは異なるものと言われています。

CBD オイルは、2018年に抗酸化や抗炎症の効果があると発表されたことで、ニキビやエイジングケアに良いと瞬く間にアメリカで注目されるようになりました。

CBDオイル製品の他にも、元々人気のあったヘンプシード(麻の実)オイルにCBDを配合したものも人気です。CBD製品はスキンケア以外にも、バスボムなども発売されています。


大麻が合法であるアメリカに比べて、制限のある日本ではまだまだ安価に購入することが難しい製品です。

CBDオイルは、スキンケア以外にもリラックス効果などにも注目を集めているなので、人工でCBDを再現した成分も開発されています。

「使ってみたいけど、大麻由来の成分に少し不安がある」という方は、人工的に再現されたCBDオイルを探してみるのもおすすめです。


3.肌ストレスを和らげるハーブ成分「アダプトゲン」

アダプトゲンアダプトゲン

アダプトゲンとは、ストレスを緩和する働きがあると認められている天然ハーブの総称

アダプトゲンは、スキンケア製品の他にも、ハーブティーやサプリメントなど、アメリカでは様々な製品に取り入れられ、注目を集めています。

アダプトゲンの中でも、刺激やストレスでダメージを受けた肌の治癒と抗炎症力に期待アシュワガンダスカルキャップ血行促進作用とヒアルロン酸の10倍の保湿力を持つホーリーバジルなどがスキンケア成分として人気です。


4.最新治療にも使われている「DMAE」

DMAEDMAE

DMAE(ジメチルアミノエタノール)は、たるみの原因となる「衰えた筋肉」を引き締める働きがあることから、リフトアップや小顔効果に期待の成分です。

DMAEは、アメリカの皮膚科医や大手化粧品メーカーにも評価され注目を集めています。


DMAEは、神経伝達物質であるアセリルコリンをサポートする働きがある成分です。筋肉の神経伝達にもかかわりがあるため、リフトアップや小顔効果に期待がされています。

スキンケア化粧品で使用するほか、サプリメントで摂ることでより早くリフトアップ効果を実感できると口コミでも人気の成分です。


その他にも、DMAEはニキビや肌荒れをケアする強力な抗炎症力、むくみやくすみの改善につながる血行促進作用、アンチエイジングには欠かせない抗酸化作用もあると言われています。


5.くすみ・ニキビ・シワに効果的な「グリコール酸」

グリコール酸グリコール酸

グリコール酸は、分子が小さいため肌に素早く吸収され、他のAHAよりも短時間で効果を感じられるとアメリカで注目のピーリング成分です。

グリコール酸はフルーツ酸(AHA)の一種で、もともと毛穴の汚れを取り除くニキビ薬として使われていました。

最近では、毛穴の黒ずみや皮脂の原因となる古い角質を除去する働きや、コラーゲンの生成を助ける働きがわかり、肌のくすみや色むら、小じわの改善にも期待が寄せられています。

高濃度のグリコール酸は、皮膚科でのケミカルピーリングにも使用されています。


グリコール酸は、もともと毛穴の汚れを取り除きニキビを治すための成分です。
定期的にグリコール酸を使用することで、肌の表面が整えられて皮脂の分泌が正常化するため、古い角質が溜まって毛穴をふさぐ等のニキビの原因を防いでくれる働きがあります。

また、ピーリングを継続することで新陳代謝が高まるため、ニキビ跡の色素沈着が薄くなったり、肌のデコボコが目立たなくなるなどの効果も期待できます。

この他にも、古い角質を除去してくれることから毛穴の黒ずみや皮脂過剰のケア、コラーゲンの生成を助けることから、肌のくすみや色むら、さらには小じわの改善にも期待が寄せられています。


アメリカの濃度の高いグリコール酸を使用する際は、肌質によっては少しピリピリと痛かゆい感じがする場合もあります。

さらに、ターンオーバーを促してくれるため、肌がデリケートな状態になり乾燥やかさつきを感じる場合もあります。

グリコール酸を使用する場合は、十分な保湿と紫外線対策を必ず行うようにしてください。


6.エイジングケアの代表成分「レチノール」

レチノールレチノール

レチノールとは、ビタミンAの一種で、肌のターンオーバーを活性化させてくれることから、アメリカで注目を集めている成分です。

その他にも、レチノールはコラーゲンヒアルロン酸などの生成を助けたり、肌の水分保持力を高めてくれることから、アンチエイジング成分としてシワやたるみケアにも期待されています。


レチノールは、肌のターンオーバーを高める働きから、シミやくすみの除去に人気の成分ですが、その働きはかなり強いものになります。敏感肌の方はパッチテストを行ってから使用することがおすすめです。

また、レチノールを使い始めた時は、古い角質が皮のようにめくれることから、ヒリヒリ感や肌が粉を拭いたように乾燥するなどの好転反応が起こる場合があります。

レチノールを使用している間は、肌がいつもより敏感になりやすいので、保湿と日焼け対策を必ず行うようにしてください。

7.アメリカで注目のその他のスキンケア成分

アメリカで注目のその他のスキンケア成分アメリカで注目のその他のスキンケア成分

その他、アメリカでは下記のような成分も注目を集めています。


しつこい肌荒れに人気の「ビタミンE」
ビタミンEは、細胞を酸化させて老化を引き起こす活性酸素から守る、抗酸化パワーを持つことから“若返りのビタミン”とも呼ばれるビタミン。

強い抗酸化作用の他、細胞の材料となって肌のバリア機能を高める働きや、血行促進をサポートしてくれることから、身近な美容成分として注目を集めている成分です。



ハリウッドセレブも愛用の「チアシードオイル」
チアシードスーパーフードとしても有名な植物。
この栄養の豊富なチアシードから抽出される「チアシードオイル」は、ミランダ・カーなどアメリカのハリウッドセレブも注目している美容オイルです。

チアシードオイルは、高い保湿力と抗炎症作用、そして豊富なオメガ3脂肪酸による肌にキメや弾力を与えるエイジング効果に期待されています。

また、チアシードオイルはアルガンオイルなどの話題の美容オイルと比べて、浸透するスピードが非常に早く、使用感が軽いという点も人気の秘密です。



アジア発のエイジングケア成分「フルボ酸」
フルボ酸は、もともと森林や土壌の中に存在する有機酸の一つで、植物にミネラルを補給する役目を担っています。

フルボ酸には、ミネラル、ビタミン、アミノ酸など私たちの体を構成している天然成分を豊富に含まれており、その働きはスキンケア成分としても注目を集めています。

フルボ酸は、肌の老化を防止する強い抗酸化作用を持つほか、紫外線による肌細胞ダメージの回復したり、皮膚の炎症を抑える働きにより肌のターンオーバーを正常化することから、アトピー肌やニキビ肌の改善にも期待されています。

その他にも、肌の保水力を高めたり細胞を活性化させる働きがあることから、最近ではエイジングケアや美白ケアにも注目を集めています。



8.日本で人気のアメリカのスキンケア化粧品

日本で人気のアメリカのスキンケア化粧品、エドガーケイシーのローズウォーター日本で人気のアメリカのスキンケア化粧品、エドガーケイシーのローズウォーター

ここでは、日本で人気のアメリカスキンケア化粧品の傾向についてご紹介します。

まず、多くの人がアメリカの化粧品に期待をするのは効果の高さ。そのほかにも、低刺激やオーガニックといった特徴が挙げられます。


今回ご紹介した注目成分が配合されているものの他、シミやくすみ対策用のビタミンCクリームや、シワやたるみに働きかける配合されたアンチエイジング化粧品が人気です。

肌になじみやすくすることに成功した特許取得のビタミン「エスターC」を配合したクリームもロングセラー商品になっています。


その他、アップリコットカーネルオイルやローズウォーターなども、ナチュラル系化粧品としてスキンケアだけでなく様々な用途に使用できると人気があります。


9.アメリカの化粧品を使用する際の注意点


アメリカには日本人が想像する「化粧水」が少ない

アメリカの化粧品では、「トナー」と記載があるものが化粧水に当たりますが、そのほとんどが拭き取り化粧水です。

そして、化粧水を連想する「ローション」と記載があるものは日本でいう乳液のようなテクスチャーをしているものが多いため、商品を選ぶ際には注意が必要です。


その理由は、アメリカでは、化粧水の使用目的も日本人の重視する「保湿」とは異なり、肌のターンオーバーを促進させることが目的のため、「拭き取り化粧水(トナー)」でのケアが主流のためです。



欧米人は日本人より肌が強い場合が多い

欧米人は、日本人(黄色人種)に比べて角質層が厚い為、ピーリング剤やアルコール量の多い拭き取り化粧水(トナー)など、より効果を実感できる刺激の強い化粧品を使用しても問題ないことが多いと言われています。

その為、成分配合量が多くより高い効果を期待できる化粧品も、日本人にとっては、使用方法を誤ったり、肌に合わない場合は肌トラブルのもとになる可能性があります。

そのため、スキンケア化粧品の使用方法や、同じような肌質を持つ日本人の口コミなどを参考に選んでいただくことがおすすめです。


*アメリカで人気のスキンケア商品一覧 - サプリメント通販サプー

10.まとめ

今回は、アメリカで注目のスキンケア成分をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

アメリカでは、次々に新しい成分が開発・発見され、医薬品に近い効果が期待できる化粧品や、よりパワフルに角質を除去できる化粧品など様々な商品が販売され、注目を集めています。

より良い効果や成分を求めてアメリカの化粧品を使用する場合は、成分の特徴や自分の肌に合うかどうかをじっくり確認して、ワンランク上の美肌を目指しましょう。

サプリメントアドバイザー 上田

こちらの記事もおすすめ

アメリカのオーラルケア事情

アメリカは、日本に比べて80 歳になっても歯が20 本以上残っている人が、多いと言われています。アメリカでは、歯の健康を保つ「予防」や、歯並びや白さなどの「見た目」を重視したオーラルケアが常識です。

2020-07-21

デイクリームとナイトクリームの違い、使い方

朝・日中用のデイクリームと、夜用のナイトクリーム、ちゃんと使い分けていますか? 実はデイクリームとナイトクリームは、それぞれの役割が異なり、適切に使うことでより生活サイクルにあったスキンケアが…

2020-07-21

日本とアメリカのスキンケアの違い

成分が気に入ったなどの理由で、アメリカの化粧水・美容液・クリームのラインをそろえようとしたら、上手くいかなかった…そんな経験はありませんか?アメリカと日本ではスキンケアの方法や考え方に違いが…

2020-07-21

スキンケアの順番を知って美肌を目指そう

毎日行うクレンジングや洗顔、化粧水、乳液など、正しい順番を知らずにスキンケアをしている方も多いと言われています。今回は、朝と夜それぞれの目的に合わせたスキンケアの順番や方法をご紹介します。

2020-07-21

サプリメントコラム一覧へ

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入下さい。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に 使用する行為は絶対に行こなわないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ