アメリカの人気のサプリをロサンゼルスより直送!
サプリメント通販のサプー

最短5日でお届け

生理後は痩せやすい!
やせ期を知って賢くダイエット!

最終更新日:2020-10-26

ダイエットをしているのになかなか思うようにダイエットを実感できていない女性は、ホルモンバランスが原因かもしれません。女性は生理周期に合わせて女性ホルモンの分泌が増えたり減ったりします。この女性ホルモンが、ダイエットに大きく影響があることはご存知でしょうか。ダイエットを健康的に成功させるためにも、やせ期を知って効率よくダイエットに挑戦しましょう!

生理後は痩せやすい!やせ期を知って賢くダイエット!生理後は痩せやすい!やせ期を知って賢くダイエット!
生理後は痩せやすい!やせ期を知って賢くダイエット!

動画でもご紹介しています

サプー公式Youtubeでも、女性の「痩せ期」と生理周期ダイエットのコツをご紹介しています!ぜひチェックしてみてください♪

1.やせ期とは?

基礎体温表基礎体温表

痩せようと努力をしてもなかなか結果の出ない人は、効率の悪いダイエットをしているのかもしれません。女性には、やせ期があり、生理周期の特徴を知ることで、効率の良いダイエットが期待できます

女性の体内では、様々なホルモンが正常に、周期的に分泌されることによって「排卵」や「生理」が起こります。個人差はありますが、約25~35日、平均28日で繰り返され、この生理から次の生理までを1周期としたサイクルがあります。

生理期間は「月経期・卵胞期・排卵期・黄体期」と、大きく4つの期に分けることができ、女性ホルモンの分泌と基礎体温には相関関係があるため、基礎体温を知ることで今どの期にいるのかが分かるようになります。

この基礎体温は、「高温期」と「低温期」の2つに分けられ、それぞれの期間で痩せやすい・痩せにくいに分けられます

2.高温期と低温期

基礎体温表基礎体温表

低温期
生理周期が28日の場合、生理開始から排卵までの約14日間が低体温期にあたります。低体温期はさらに「生理開始~生理終了までの約7日間」「生理終了~排卵までの約7日間」の2つに分けられます。

この生理終了~排卵までが、痩せやすいとされている時期です。

高温期
高温期は、排卵~次の生理がはじまるまでの14日間を指します。高温期も「排卵からの約7日間」「次の生理の1週間前にあたる約7日間」の2つに分けられます。

3.基礎体温の測り方

体温の測り方体温の測り方

起床後、横になったまま
基礎体温は、起床後すぐ横になったままで測るようにしましょう。ワキの下よりも舌下のほうが、体温が安定しているため、婦人用の体温計を舌の裏の付け根に入れて測るのが基本です。

5時間以上の睡眠をとる
正確な体温測定のためには、5時間以上の睡眠をとることが大切です。睡眠が不十分な状態だと、本来の体温まで下がりません。また、体を動かすことで体温はすぐに上がってしまうため、寝る前に枕元に体温計を置いておくようにしましょう。

4.「エストロゲン」と「プロゲステロン」がやせ期のポイント

女性ホルモン女性ホルモン

痩せ期に関係ある「エストロゲン」と痩せにくい時期に関係ある「プロゲステロン」について詳しくご紹介します。

生理後1週間は女性ホルモンの「エストロゲン」の分泌が増え、からだが軽くなり、気持ちも前向きになることから「やせ期」と言われています。女性にとって嬉しい働きがあるエストロゲンは、美肌や美髪に導いてくれたり、生理中にため込んでしまった老廃物や水分が排出する働きがあります。体のむくみも解消されていくため、ダイエットをしていくと効果が実感しやすくなるのです。

一方、痩せにくい時期である黄体期には、女性ホルモンの「プロゲステロン」が分泌されるようになります。プロゲステロンは妊娠や出産に関係のあるホルモンで、受精卵を育てる準備のために子宮内の調子を整える働きがあります。そのため、なかなか排便されない、体がむくみやすい、食欲が止まらない、といった痩せにくい時期になるのです。

つまり、エストロゲンが分泌されている生理後1週間が痩せやすく、プロゲステロンが多い生理前は痩せにくいというわけです。

5.生理周期に合わせたダイエットのコツ

【生理中】月経期(1日目~6日目)

生理中は体温が低下し、血行が悪くなるため、体がデリケートな時期です。アクティブな運動は避けて、とにかく体を温めて休ませてあげましょう。

鉄サプリメント鉄サプリメント

を摂取する
経血によって鉄が不足しがちな生理中は、鉄を含むおかずを積極的にとったり、サプリで鉄分を補いましょう。

温かい飲み物で身体を温める
生理中は基礎体温が低くなり、体が冷えやすいので、温かい飲み物や汁物で体を温めるようにしましょう。ショウガなどの体を温めるサプリもおすすめです。

【生理後1週間】卵胞期(7日目~13日目)

生理が終わったら「やせ期」の到来です。

ストレッチストレッチ

ストレッチで基礎代謝アップ
生理後のダイエットの効果をアップさせるためには、ストレッチをしっかりと行うことが大切です。生理前から生理中は血液が滞っているため、生理後にしっかりとストレッチを行うと基礎代謝がアップしやすくなります。

ジョギングや水泳などの有酸素運動
生理後は、集中力が高まり、心も安定しているので、普段より運動量を増やしてみましょう。

和食和食

和食を中心にバランスの良い食生活
ご飯を中心に、良質な油を含む青魚や、ビタミン・ミネラルを含む野菜、海藻類の摂取を心がけましょう。

食べる順番を意識
血糖値のコントロールのために、食べる順番を意識しましょう。食物繊維の多い【野菜やキノコ類、海藻類】などの副菜を先に食べ、次に【魚や肉】などの主菜、最後に【ご飯】などの炭水化物を食べ、血糖値が急激に上がらないように注意しましょう。

糖質は摂りすぎない
生理後の新陳代謝が活発になっている時期は、蓄積された脂肪を除去するチャンスのため、糖質の摂りすぎには注意しましょう。
<糖質が多い食べ物>
白米、芋類、トウモロコシ、かぼちゃ、ビール、洋菓子

たんぱく質を積極的に摂る
体の代謝をアップさせるために、血流を良くすることも大切です。血液中のヘモグロビンを作り上げているたんぱく質を摂取することえ、血流を整えられます。

【排卵後】排卵期(13日目~16日目)

排卵を迎えると、やせ期は落ち着きますが、まだ運動をしても結果が出る時期です。また、やせ期で落とした体重をリバウンドしないように定着させる大事な時期でもあります。

発酵食品発酵食品

バランスの良い食生活に発酵食品を摂り入れる
引き続くバランスの良い食事を心がけましょう。次にやってくる生理前は便などの老廃物を溜め込みやすくなる期間のため、生理前に向けて発酵食品を積極的に摂るようにしましょう。

【生理前】黄体期(17日目~28日目)

生理前は、便秘やむくみなどが起こりやすく、体が脂肪を取り込もうとする時期です。生理前でイライラして食べ過ぎてしまうのは太る原因となります。ただ、無理に食欲を抑えようとするとかえってストレスがたまることもあるので、痩せにくい時期だと理解することが大切です。

野菜野菜

野菜やきのこを摂取する
イライラして食欲が高まった時は、野菜やきのこなど食物繊維が豊富に含まれた食品を摂るようにしましょう。また、ミネラル類も含まれているため、イライラを鎮めてくれる働きにも期待できます。

カリウムを摂取する
むくみが起こりやすい生理前は、むくみを悪化させる味の濃い食事を控え、果物などでカリウムを摂取するようにしましょう。カリウムは体内の余計な水分を排出する働きがあるため、カリウムサプリメントで摂取することもおすすめです。

大豆サプリメント大豆サプリメント

大豆で女性ホルモンのバランスを整える
生理前は、プロゲステロンの影響で気持ちが不安定になりやすい時期です。大豆イソフラボンなど、エストロゲンに似た働きのある成分を摂り入れることで女性ほるっもんのバランスを整えることができます。
<エストロゲンに似た働きのある成分>
イソフラボン
マカ
亜麻仁オイル
レッドクローバー
ブラックコホシュ
ザクロ

6.ダイエットの注意点

注意点注意点

生理周期に合わせたダイエットは効率的に行えますが、注意点があります。女性ホルモンは女性らしい体を作ったり、お腹の中で赤ちゃんを育てたりするのに大切なホルモンです。そのため、過度なダイエットをしていると、逆に女性ホルモンの分泌が乱れてしまい、生理不順を引き起こす可能性も出てきます。

食事も、生理周期に関わらず、3食きちんと摂取することは大切です。過度のカロリー摂取は栄養が偏り、健康問題に発展することがあるため、注意しましょう。

また、生理前や生理中は食欲が高まり、甘い物が欲しくなることがあります。精神的に不安定で食欲の抑制ができなくなり、甘いものでストレスを解消しようとするためです。ストレスをためない意味で、少しだけ甘い物を摂取することは問題ありませんが、過剰に摂ることはやめましょう

甘いものは、急激に血糖値をあげることになり、体の負担に繋がります。食べること以外に、アロマや入浴、音楽鑑賞など、自分なりのストレス解消法を見つけてみるのも良いかもしれません。

7.更年期に太りやすいのもホルモンの関係

若い頃は痩せられたのに、年齢を重ねるにつれて、なかなか体重が落ちないと感じている方もいるのではないでしょうか。実は、それもホルモンバランスが原因かもしれません。

更年期になると、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が少なくなります。エストロゲンの分泌が低下することで、ホルモンバランスが乱れるのが更年期症状です。

エストロゲンの分泌が減ると、脂肪が燃焼しにくい体になっていったり、皮下脂肪だけでなく内臓脂肪もつきやすくなり、なかなか痩せられないのです。

8.まとめ

女性のホルモンバランスの関係は、効率的にダイエットを行う際の鍵となることをご紹介しました。生理後1週間が女性にとっての痩せ期、ダイエットがしやすい時期と言われているため、女性ホルモンの分泌に合わせたダイエットを行うことで、健康的に痩せることができます。女性の体はデリケートなため、体のリズムに合わせて無理のないダイエットを行うようにしましょう。

サプリメントアドバイザー 北山

こちらの記事もおすすめ

脂肪燃焼のメカニズムと最適な運動方法

脂肪をそのまま放置していると脂肪細胞がどんどん肥大化し、肥満や生活習慣病に繋がっていきます。脂肪を燃やす最適なメカニズムを知って、脂肪を効率よく燃焼させて減らしましょう。

2020-07-21

脂肪燃焼を助ける成分と、効率的な摂り方

ダイエットと一口にいってもいろいろなダイエット法がありますが、ほとんどのダイエットの大きなポイントとなるのが「体脂肪」です。体脂肪を燃焼させることがダイエットの重要な要素になります。

2020-10-26

リンゴ体型?洋ナシ体型?「体型」でみる最適なダイエット成分

肥満には「リンゴ体型」「洋ナシ体型」などの体型タイプがあることはご存知の方も多いのではないでしょうか。この体型ごとにダイエットのアプローチが変わるため、ダイエットをする上で自分がどんな体型…

2020-10-21

あなたに合ったダイエットサプリはどれ?目的・体質の選び方

ダイエットサプリと言っても、種類が多くてどれを選べばいいか分からないという方が多いのではないでしょうか。ここでは、ダイエットサプリの種類はどんなものがあるのか、自分のライフスタイルや食生活に…

2020-10-27

サプリメントコラム一覧へ

ご購入前の注意事項

ご購入についての注意事項
・為替変動やセールにより、商品価格は予告なしに変更する場合があります。
・サイト上の商品情報は最新であるよう努めておりますが、メーカー側で予告なく変更される場合がございます。
パッケージ(英文)とHPの日本語表記が違う場合は、パッケージ優先とさせていただきます。
・ご注文後に製造中止や入荷未定、入荷遅れとなる場合があります。
個人輸入についての注意事項
・個人輸入で購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみ許可されています。
第三者への譲渡・転売は法律により禁止されています。
・個人輸入では、一度に購入できるように制限があります。規制の範囲内でご購入下さい。

個人輸入について
サプリメントの使用についての注意事項
・サプリメントは栄養補助食品であり、特定の病気を治療することを目的とした製品ではありません。ご購入から使用まですべて自己責任となりますことをご了承ください。
・医師による治療を受けていたり、処方箋薬を使用している場合は、医薬品との相互作用が生じる可能性がありますので、必ず担当医師の指導を受けてください。
特に自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替に 使用する行為は絶対に行こなわないでください。
・メーカーが定めた用法の範囲内でお飲みください。
・体調や体質によってお体に合わないことがあります。その際はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。
・アメリカでは食品と認められていても、日本では医薬品にあたる成分が含まれる商品があります。成分に不安がある際は、担当医師にご相談ください。

ページの先頭へ